アマゴ漁解禁 紀南の河川

アマゴ漁解禁 紀南河川

 紀南地方の各河川で1日、アマゴ漁解禁となり、この日を待ちわびていた愛好者らが釣り糸を垂らした。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 和歌山県田辺市中辺路町近露の日置川本流では、前日から引き続いた雨で川の水量が多く、釣り人の姿はあまり見られなかった。

 日置川上流の東ノ川で釣っていた同市上三栖の自営業那須靖典さん(42)は「毎年解禁日に来ているが、本流は水が多くて危険なため、初めてここまで上ってきた。3時間で15センチ前後のものを30尾ほど釣った。毎年150尾ほど釣っているが、今日は夕方まで粘り、50~60尾を目指したい」と話した。

 アマゴはサケ科で、体には朱色の点やパーマークという黒い斑紋がある。美味で、塩焼きなどで食べる。

紀伊民報 3月1日(火)16時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000001-agara-l30



塩焼きおいしそう!

スポンサーサイト



  • Edit
  • 17:05
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

美山川に春 アマゴ漁解禁 さっそく太公望ずらり

美山川に春 アマゴ漁解禁 さっそく太公望ずらり

 京都府南丹市美山町の美山川(由良川上流域)で15日、アマゴ漁解禁された。好天に恵まれて早朝から太公望が多く訪れ、清流にアマゴ、釣場の土手にはツクシの、春の訪れを楽しんだ。
 同川を漁場にしている美山漁協(事務局・同町安掛)は解禁前日の14日、支流の棚野川を含めて5カ所に計約1万6000匹のアマゴ成魚を放流した。
 美山川本流は、前日の雨でやや増水していたが、棚野川流域に釣り人がずらり。独特の赤い斑点のあるアマゴを次々に釣り上げていた。
 同漁協は4月にアマゴ稚魚10万匹ほどを放流する。河川情報は同漁協テレホンサービスTEL0771(75)1188。
3月16日10時49分配信 京都新聞




ずいぶんと暖かくなってきて、釣りも楽しい季節になりました!

  • Edit
  • 17:12
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top