醒井養鱒場:イワナやニジマス2000匹 渓流魚釣り場、オープン--米原 /滋賀

醒井養鱒場:イワナやニジマス2000匹 渓流魚釣り場、オープン--米原 /滋賀

 県立醒井(さめがい)養鱒場(米原市上丹生(かみにゅう))で、ルアー(疑似餌)やフライ(毛針)専用の釣り場がオープンした。大きな池にイワナやニジマスが放流され、連休を楽しむ行楽客らが大きな渓流魚を釣り上げている。



 県漁協組合連合会が先月下旬、大池(約2000平方メートル)にイワナ約500匹、ニジマス約1500匹を放流。魚形のプラグなどのルアー付きか、フライ付きのさおで、渓流魚釣りが疑似体験できる。さおは各自持参で、釣った魚は池に返すのが条件。1日券3000円、午後券2500円(同場入場料、大人450円や駐車料400円は別)。6月までは午前8時半~午後5時開場。定員50人。問い合わせは同連合会(0749・54・0301)【桑田潔】
毎日新聞 5月5日(木)14時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110505-00000122-mailo-l25



持ち帰って食べられないのが残念ですw
スポンサーサイト



  • Edit
  • 16:57
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

朽木の安曇川流域でアマゴ・イワナ解禁

朽木の安曇川流域でアマゴ・イワナ解禁

 滋賀県高島市朽木の安曇川流域で、アマゴやイワナの渓流釣りが26日、解禁された。雪が舞う中、多くの釣りファンが早朝から訪れた。

ホテル・旅館ランキング(近畿/滋賀)

 朽木ではこの日、早朝の気温が1度前後まで冷え込み、断続的に雪が降った。春の訪れを告げる渓流釣り。「雪の解禁日は極めて異例」(藤井長康・朽木漁協組合長)という。
 県内や京阪神から訪れた釣り人たちは、降り積もる雪と寒さに耐えながら釣りざおを差しのべていた。中には午前中に50匹近くを釣り上げた人もいた。
 朽木漁協は昨年11月に稚魚2万5千匹を放流、解禁日直前にも追加放流した。入川料は日券2200円、年券8500円。朽木漁協TEL0740(38)2541。
京都新聞 3月27日(日)11時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000015-kyt-l25



楽しそう♪
  • Edit
  • 12:33
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

渓流釣り:秩父の荒川水系で解禁 成魚1.85トン放流 /埼玉

渓流釣り秩父荒川水系解禁 成魚1.85トン放流 /埼玉

 秩父地方の荒川本流と同水系14河川で1日、イワナヤマメなどの渓流釣り解禁になった。秩父市大滝の中津川や小鹿野町を流れる小森川などには、早朝から太公望が訪れさおを振った。
 秩父市の浦山ダム上流の浦山川には日の出前から釣り人が現れ、狙いをつけたポイントで初釣りを楽しんだ。朝の最低気温が3度と平年より5・4度も高い4月上旬の暖かさの中、朝のうちに18センチ前後のヤマメを30匹以上釣った人も。小川町から来た会社員、長谷部良司さん(51)は「午前3時過ぎに着いた。午前6時にさおを入れ、1時間半ほどで約20匹釣った」と笑顔。
 秩父漁業協同組合は、ヤマメニジマス成魚約1・85トンを、浦山川の220キロを最高に各河川に分散放流した。入漁料は年間券8400円。日釣り券は1600円(現場購入3000円)。問い合わせは同組合(電話0494・22・0460)。【岡崎博】
3月2日11時49分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100302-00000030-mailo-l11



いいですね☆
  • Edit
  • 20:35
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「魚と人と自然のおもしろ教室」・・・小川で魚つかみ取り-いなべ・屋根のない学校 /三重

魚と人と自然のおもしろ教室」・・・小川で魚つかみ取り-いなべ屋根のない学校 /三重

 いなべ市藤原町の市営交流施設「屋根のない学校」で5日、小学生がいる家族を対象にした講座「魚と人と自然のおもしろ教室」があった。市内や近隣の桑名、四日市市などから約60人が参加し、近くの小川で魚のつかみ取りなどを楽しんだ。
 講座は、心豊かでたくましい子供を育てることを目的に、市教委が開いており、近くでマスの養殖場を経営する鹿島清孝さんが講師を務めている。
 全10回コースで今回が3回目。参加者たちは鹿島さんから魚の名前などを学んでから、流れをせき止めてニジマスアマゴイワナコイを放した水たまりで、逃げ回る魚を元気に追い回した。捕まえた魚は早速、塩焼きにしてほおばり、藤原岳のふもとの豊かな自然を満喫していた。ニジマスの大物を捕まえた、いなべ市立丹生川小3年、日下陽央里(ひおり)さんは「初めは少し怖かったけど、大きいのが捕れ面白かった」と喜んでいた。【井上章】
三重版〕
7月6日12時2分配信 毎日新聞


味は格別だったでしょうね!
  • Edit
  • 19:39
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ヤマメうどん・そば:特産新商品の試食会 富士吉田市、西桂町、忍野村で

ヤマメうどん・そば:特産新商品の試食会 富士吉田市西桂町忍野村

 富士吉田市西桂町忍野村は桂川特産のヤマメ、イワナと「吉田のうどん」、「忍野そば」を結びつけた新商品「ヤマメ(イワナ)うどん・そば」を開発し、17日、同市で試食会を開いた。
 ヤマメやイワナの甘露煮と地場産野菜をトッピングしたうどん・そばで、つゆはしょうゆ、みそ、しょうゆ・みそ、かつお・昆布・みりんをそれぞれベースにした4種類。試食会には行政関係者、観光業者、富士山の山小屋経営者ら約30人が参加した。
 3市町村では夏の観光シーズンまでに、道の駅や旅館、飲食店などで提供を始める。【田上昇】
4月18日13時1分配信 毎日新聞


掛け値なしにうまいのかな?


  • Edit
  • 18:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top