広島ボートパークで「釣り大会」-対象はメバルとカレイ、大きさ競う /広島

広島ボートパークで「釣り大会」-対象はメバルとカレイ、大きさ競う /広島

 マリンレジャーやボートフィッシングの拠点として多くのボートが係留する広島ボートパーク(広島市中区南吉島、TEL 082-249-2855)で3月20日、釣り大会が開催される。(広島経済新聞)

最安値比較!民宿・ペンション予約

 広島湾周辺を対象に行う釣り大会は、同所にボートを係留する客向けに始めた企画。春と秋の年2回開催しており、今回で6回目。時間内に釣った魚の大きさを競い順位を決める。

 対象となる魚はメバルとカレイ。「魚は大きなもので、メバル=20~25センチ、カレイ=30センチあるかどうかでは」とボートパークの竹本さん。魚の種類は季節に応じて異なり、シロギスやイカなどで競ったこともあるという。

 参加者には日頃から釣りを楽しむ男性が多く、年齢層は50~60代と高め。友人同士や個人での参加が目立つ。大会は朝5時からのフリースタートで、「土日には釣りをしている人が多い」という同所近くの旧中工場からの投げ釣りのほか、因島や宮島へ海釣りに出掛けるボートの所有者もいるという。初めての参加者にはスタッフが釣り場のポイント説明も行う。

 ボートを係留している人の中には釣りを目的とする人も多く、大会後には参加者同士での交流も盛ん。大会への参加資格は「釣りが好きな人」だけで、「情報交換の場として活用してもらえれば」と話す。

 ボートパーク広島は2007年10月に開業。吉島地区の貯木場の水面などを利用して「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」に基づき、県が係留施設の設備運営を行っている。

 開催時間は5時~15時。参加費は2,000円。申し込みは今月17日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク 3月10日(木)20時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000073-minkei-l34



楽しそう!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 18:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

釣り情報【由良川河口付近】栗田で良型カレイ 神崎ではチヌの大物

釣り情報【由良川河口付近】栗田で良型カレイ 神崎ではチヌの大物

 雪が降り続いた悪天候から一転し、春を思わせる陽気が続き、釣行出来る日が増えてきた。シーズンを迎えているカレイや良型チヌも上がっている。

最安値比較!民宿・ペンション予約
 
 カレイが釣れているのは、宮津市の栗田漁港。冬場でもキスが釣れるポイントとして以前に紹介したが、ここは底が砂地のためカレイも狙える。
 
 数はそう望めないが、型は良く、体長37センチの良型を釣り上げた人も。餌はアオイソメがよい。キスも良型が上がり、楽しむ釣り人がいる。
 
 一方、チヌは神崎の地磯で50センチ近い大物が釣れている。先週は48センチと49センチが上がった。近くの奈具海岸でも、例年同じクラスが見られ、釣り人が訪れている。

週末の舞鶴湾の潮位
 【26日】干潮=3時50分(マイナス9センチ)▽満潮=20時19分(14センチ)
 【27日】干潮=5時20分(マイナス10センチ)▽満潮=21時41分(13センチ)
両丹日日新聞 2月25日(金)12時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000301-rtn-l26



だいぶ暖かくなってきましたね☆
  • Edit
  • 15:32
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

釣り情報:【天橋立】海にようやく春の訪れ カレイとセイゴ上がる

釣り情報:【天橋立】海にようやく春の訪れ カレイセイゴ上がる

 宮津市の天橋立カレイセイゴが上がっている。福知山市下荒河の丹後釣具店、谷口正明さんは、仲間と2人でセイゴ10匹、カレイ3匹を釣り上げた。
 
 2人は、3日昼過ぎから夕方にかけ、アオイソメでカレイを狙ったところ、20センチから35センチの良型が上がった。さらに25センチから40センチ近いセイゴが釣れた。
 
 カレイは、産卵のため冬場は浅場に寄ってくるが、これから夏場に向かって深場へと移動する。一方、成長すればスズキと呼び名が変わるセイゴは、今ごろになると内湾の藻場などに移り、小さい甲殻類や小魚を捕食して成長する。由良川の汽水域にもそ上し、上流の大江町内でもこれからよく釣れるようになる。
 
 海の中は、陸地よりも季節の移り変わりが遅く、ようやく春が訪れ、釣果にも表れ出したよう。これから暖かくなり、初夏に近づくと本格的な海釣りシーズンを迎える。
 
週末の舞鶴湾の潮位
 【17日】満潮=4時45分(11センチ)14時57分(18センチ)▽干潮=9時19分(6センチ)22時50分(マイナス12センチ)
 【18日】満潮=5時40分(11センチ)15時30分(19センチ)▽干潮=9時20分(8センチ)23時38分(マイナス11センチ)
4月16日17時43分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000302-rtn-l26



楽しみですね☆
  • Edit
  • 21:05
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

【茨城つりだより】久慈沖でメバル

【茨城つりだより】久慈沖メバル

 ◆日立沖メバル 久慈沖の航程30分、水深40~55メートルでポイント移動しながらの釣りとなった10日のメバル狙い。生きエビ餌で、胴突き5本針でさぐり22~33センチが1~19匹だった。カサゴソイホウボウが交じった。今週末はマコガレイ船も出す予定で、ともに料金は餌と氷付きで1万円。出船は午前6時。

 日立港周辺の釣りは相変わらずの不調続きで、赤灯台周辺でクロダイカイズが型を見せるぐらい。周辺の投げ釣りで25~35センチのカレイ、アイナメが型。久慈川に遡上する5、6センチの稚アユがなぎさ公園などで釣れていたが、群れも離れ、終盤。(日立市、日正丸、やまがた釣具店(電)0294・52・3745)

 ◆大洗沖のマコガレイ 10日の出船。沖合の航程25分、水深25メートル前後のポイントを移動しながらの釣り。沖合の水温は16度まで上がり、良型マコ中心に28~52センチ1~28匹。40センチ中心に0・7~2キロのマダコも計3匹。

 大洗漁港周辺の岩場で乗っ込みのクロダイが最盛期。干潮時に磯に乗っての釣りで30~48センチが0~2匹に、周辺で28~48センチのアイナメ。港内堤防でも浮き釣りでカイズと投げて20~38センチのカレイ。サビキ釣りでイワシ、ボラ、小型のメジナなどが食う。(大洗町、大洗丸、大洗釣具店(電)029・266・0371)

 ◆大洗沖のイシガレイ 10日の出船は沖合いの23メートル前後をさぐり28~46センチのマコガレイを2~19匹。半数はマコで、交じりにフグとハナダイ。片テンビン2、3本針に、餌はアオイソメ。餌と氷付きで1万円。午前5時10分の出港。(大洗町、山正丸(電)029・267・2341)

 ◆那珂湊沖のマコガレイ 10日の釣りは航程15分の沖合い25~30メートルがポイントでマコガレイ釣り。24~50センチが2~14匹にアイナメ。今週末はヤリイカ、半夜でのスルメイカの幼魚、“ムギ”の様子もみる。ヤリはこれまで36~53センチが20匹前後。午前5時30分の出港。(ひたちなか市、岡重丸(電)029・265・7313)
5月13日7時57分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000051-san-l08



ワクワクしますね☆
  • Edit
  • 19:32
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

茨城つりだより】那珂湊沖でヤリイカ釣りスタート

茨城つりだより】那珂湊沖ヤリイカ釣りスタート

 ◆日立沖マコガレイ 久慈沖の航程30分、水深25~30メートルでポイント移動しながらの釣りとなった3日はカレイ狙いと別船でメバルマコガレイ専門の釣りは水深25~30メートルで25~40センチが1~7匹の良型中心の食い。エビ餌でのメバル釣りは胴突き5本針でさぐり22~33センチが2~12匹だった。カサゴハナダイアジが交じる。ともに料金は餌と氷付きで1万円。出船は午前6時。

 日立港周辺の釣りは全体的に不調。赤灯台周辺でクロダイ・カイズが型を見せるぐらい。周辺の投げ釣りで25~35センチのカレイ、アイナメ。久慈川に遡上する5、6センチの稚アユがなぎさ公園などに姿を見せ、専用サビキで5、6センチが30匹前後。(日立市、日正丸、やまがた釣具店(電)0294・52・3745)

 ◆大洗沖のマコガレイ 4日の出船。沖合の航程20分、水深25メートル前後のポイントを移動しながらの釣り。沖合の水温は15・8度まで上がり、28~48センチのマコ、イシガレイが5~28匹。浅場のポイントが潮澄みのため、底の“石場”をさぐったが58、60センチの大型イシガレイとアイナメ交じり。

 大洗漁港周辺の岩場では乗っ込みがはじまったクロダイが最盛期。干潮時に磯に乗っての釣りで30~45センチが0~2匹に、周辺で32~52センチのアイナメ。港内堤防でも浮き釣りでカイズと投げて20~38センチのカレイ。サビキ釣りでイワシ、ボラなどが食う。(大洗町、大洗丸、大洗釣具店(電)029・266・0371)

 ◆大洗沖のマコガレイ 3日の出船は沖合いの23~27メートルをさぐり25~44センチのマコガレイを0~18匹。2番手で16匹で、乗船25人中、釣果ゼロは1人で、マダコとアイナメが交じった。片テンビン2、3本針に、餌はアオイソメ。餌と氷付きで1万円。午前5時10分の出港。(大洗町、山正丸(電)029・267・2341)

 ◆那珂湊沖マコガレイ、ヤリイカ 3日の釣りは航程20分の沖合い25~30メートルがポイントのマコガレイは25~40センチが1~7匹にアイナメ、マダコ。別船のヤリイカは40~45メートルの別ポイントを探って36~53センチが2~22匹だった。ヤリイカはプラヅノ5本針が基本仕掛け。午前5時30分の出港。(ひたちなか市、岡重丸(電)029・265・7313)
5月6日7時56分配信 産経新聞



GWも残りわずかですが、しっかり堪能したいですね☆
  • Edit
  • 09:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top