【茨城つりだより】メバル安定した食い

茨城つりだより】メバル安定した食い

 ◆日立沖クロメバル 出れば航程30分、久慈沖の水深30~35メートルを移動しながらの釣りとなった14日はメバル狙い。クロメバル中心に20~30センチが8~42匹。餌に生きエビ、胴突き5本針。平均20~30匹と安定。マコガレイ狙いは12日で、すいしん30メートル前後を探り27~45センチが釣って3~5匹。餌にアオイソメ。カレイは“マコ”専門のポイントをさぐり、水温が上がる今後に期待できる。料金は餌と氷付きで1万円。

 日立港周辺の釣りは不調続き。久慈漁港の赤灯台周りの投げ釣りで25~35センチのカレイ、アイナメが型を見せるか程度。久慈川に遡上する稚アユが姿を見せはじめ、専用サビキで5、6センチが30匹前後。(日立市、日正丸、やまがた釣具店(電)0294・52・3745)

 ◆大洗沖マコガレイ 12日の出船。沖合の航程20分、水深26メートル前後のポイントを移動しながらの釣り。沖合の水温は13・2度まで上がり、28~48センチのマコ・。イシガレイ交じりで3~22匹。マコの最大47センチ。

 大洗漁港周辺の釣りは岩場でのクロダイ釣りが本格化。干潮時に磯に乗っての釣りで30~48センチが0から3匹。周辺では32~52センチのアイナメも食いだした。港内堤防でもカイズと投げて25~38センチのアイナメ。25~30センチのイシモチもポツポツ釣れだした。(大洗町、大洗丸、大洗釣具店(電)029・266・0371)

 ◆大洗沖イシガレイ 14日の出船。沖合の23~26メートルをさぐり27~47センチのイシガレイ5~15匹。4割は33~47センチのマコだった。片テンビン2、3本針に、餌はアオイソメ。餌と氷付きで1万円。午前5時10分の出港。(大洗町、山正丸(電)029・267・2341)

 ◆那珂湊沖メバル 13日の釣りは航程30分の沖合い30~45メートルがポイント。22~33センチのアカメバル中心に6~24匹。餌に生きエビで、週末はマコガレイ釣りも予定。交じりにソイ、カサゴ、ホウボウ。胴付き5本針が基本仕掛け。午前5時30分の出港、エビ餌と氷付きで料金は1万円。(ひたちなか市、岡重丸(電)029・265・7313)
4月15日7時56分配信 産経新聞



楽しみですね♪
  • Edit
  • 20:41
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top