ウライ漁:採卵後のサケの活用法呼びかけ--魚沼漁協 /新潟

ウライ漁:採卵後のサケの活用法呼びかけ--魚沼漁協 /新潟

 魚沼市伊勢島の魚野川で、魚沼漁協によるサケを一括採捕する「ウライ漁」が最盛期を迎えている。この漁はサケの増殖事業で、捕獲したサケは、採卵、受精させて育成。来春に育った稚魚を放流する。しかし、捕獲したサケの利用法がないため焼却処分しているのが実情で、同漁協はサケの有効活用を呼びかけている。
 ウライ漁とは、川幅146メートル、水深約1メートルをコンクリートの魂と板のスノコで全面的に仕切り、遡上(そじょう)してきたサケを2カ所に設置した鉄のカゴに誘導して捕まえる。
 漁は9月29日から始まり、毎日180~200匹の形のよいサケが揚がっている。今年も3000匹を捕獲し300万粒を採卵、受精させている。
 ウライ漁は、例年になく順調だが、漁協にとっての最大の悩みは、捕獲したサケの後始末。オスの場合は1匹(5キロ)約2000円。採卵後のメスは3匹1000円で販売している。しかし、メスは購入者が少なく、大半は焼却処分に回されている。
 山本紘己同漁協理事は「若者の食文化が変わり、魚を食べなくなったのが要因」と話し「放流したサケが戻ってくる割合は、1000匹のうち、わずか2匹。焼却処分したんじゃサケに申し訳ない」と嘆く。
 サケを購入したい人はサケ一括採捕場(025・792・7194)へ。【神田順二】
毎日新聞 10月19日(水)13時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111019-00000169-mailo-l15



もったいない!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 21:27
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

大きく育ってサケ回帰 ふるさと忘れず由良川に

大きく育ってサケ回帰 ふるさと忘れず由良川に

 由良川でサケの遡上が始まった。支流の牧川に設けられた採捕網に、確認初回の1日午後までに11匹がかかり、採卵と人工授精のために引き揚げられた。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 採捕網は「サケのふるさと由良川を守る採捕者の会」が10月29日、福知山市牧に設置していた。
 
 初回分で捕獲されたのはオス8匹、メス3匹。いずれも大きく、70センチ以上のサイズもいた。
 
 採捕者の会の桐村美智男会長と牧川養殖漁業生産組合の衣川務組合長が、1匹ずつたも網ですくい上げ、トラックに積んだ生け簀に移し、組合施設へ運んだ。
 
 採捕期間は今月末まで。
 
■6日に牧川で採捕・採卵見学会■

 サケのふるさと由良川を守る会(衣川務会長)は6日午前10時から、福知山市牧の牧川右岸、向嶋橋下流側でサケ採捕・採卵見学会を開く。無料で参加希望者は直接現地へ。温かいサケ汁がある。
 
 生まれ育った川に帰ってくるサケについての話を聞いたあとで、採捕と採卵の実演を見る。小雨決行だが河川増水時などは中止する。
両丹日日新聞 11月2日(火)15時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000301-rtn-l26



大切にしていきたいですね☆
  • Edit
  • 23:44
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

由良川水系にサケの採捕網設置 市民団体の増やす取り組みで

由良川水系にサケの採捕網設置 市民団体の増やす取り組みで

 ふるさとの川へ帰ってきたサケを捕獲するための網が29日午前9時、福知山市牧の由良川水系牧川に設置された。捕獲したサケから採卵、人工授精をして来春、稚魚を由良川に放す。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 自然の産卵に任せていたのでは由良川に帰ってくるサケがいなくなってしまうため、市民団体が、美しい由良川のシンボルとしてサケの増殖事業に取り組み、府知事の特別許可を受けて採捕している。
 
 網の設置は「サケのふるさと由良川を守る会採捕者の会」(桐村美智男代表)が行い、川の中に鉄の棒をVの字型に並べて立てて網を張り、中央部分にサケが入るオリをこしらえた。
 
 雨で水位が上がり、流れも強く、桐村さんは川底の感触を確かめて慎重に足を運びながら作業を進め、「今年は回帰が遅れているけど、たくさん帰ってきてほしいねえ」と話していた。
 
 採捕期間は11月末まで。捕獲されたサケは牧川養殖漁業生産組合で人工授精し、サケのふるさと由良川を守る会が市民と一緒に稚魚を育てていく。
両丹日日新聞 10月29日(金)18時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000303-rtn-l26



地道な取り組みが大切ですね☆
  • Edit
  • 18:24
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

サケ:村上・三面川、伝統の漁 /新潟

サケ:村上・三面川、伝統の漁 /新潟

 村上市の三面川にサケが戻ってきた。川面に銀鱗(ぎんりん)が躍り、県北地方に晩秋の訪れを告げている。
 江戸時代から続くという伝統の「居繰(いぐり)網漁」も、三面川鮭産漁協によって始まった。2隻の川舟が1組になって、上流から下流へと舟を操りながら網にサケが入ると、素早くすくい上げる。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 この日は午前中、約50匹が揚がった。組合員らは「型は大きく、数も期待できそうだ」と話した。サケはふ化場で採卵され、身は1キロ300~500円で売られるという。
毎日新聞 10月28日(木)12時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101028-00000073-mailo-l15



釣り応えがありそう☆
  • Edit
  • 18:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アシリチェップノミ:遡上のサケ迎え、アイヌ伝統儀式--千歳 /北海道

アシリチェップノミ:遡上のサケ迎え、アイヌ伝統儀式--千歳 /北海道

 川を遡上(そじょう)してきたサケを迎えて豊漁祈願するアイヌの伝統儀式「アシリチェップノミ」が5日、千歳市の千歳川沿いで開かれた。

【民宿・ペンション特集】リーズナブルでアットホームな雰囲気。家族旅行はもちろん、カップルやグループでのご利用もおすすめです!

 北海道アイヌ協会千歳支部主催で、今年で19回目。川に浮かべたチプ(丸木舟)に乗り、マレク(もり)でサケを突く伝統漁法に市内の高校2年生、佐々木翔太さん(16)が初めて挑戦。わずか5分ほどでサケを仕留めると、歓声が上がった。
 カムイノミ(祈りの儀式)では、取ったばかりのサケをアペフチカムイ(火の神)に供え、伝統衣装に身を包んだ参加者が自然の恵みに感謝した。【円谷美晶】
毎日新聞 9月6日(月)10時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100906-00000013-mailo-hok



伝統も自然も守っていきたいですね☆
  • Edit
  • 07:44
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top