シロウオ漁:始まる 春の珍味、楽しみ--萩市 /山口

シロウオ漁:始まる 春の珍味、楽しみ--萩市 /山口

 春の訪れを告げるシロウオ漁が、萩市の松本川下流で始まった。船から約4メートル四方の四ツ手網を底に沈め、産卵のため川を遡上(そじょう)するシロウオを引き揚げる伝統漁法で、漁期は3月下旬ごろまで。
 シロウオはハゼ科で体長約5センチ。体は透き通り、生きたまま酢じょうゆで食べる「おどり食い」が珍味とされる。
 22日は、萩白魚組合(19人)の6隻が出漁。ある組合員は「1回の網で50匹入るが、型は小さい。漁はこれから」と期待を込めた。水揚げされたシロウオは市内の旅館や飲食店で提供される。3月7日には、「萩・しろ魚まつり」が萩市椿東の県漁協萩卸売市場で開かれ、シロウオおどり食いや即売もある。問い合わせは市観光協会(0838・25・1750)。【川上敏文】
山口版〕
2月23日14時22分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000194-mailo-l35



おいしそう!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 22:36
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

シロウオ輝き 福岡に春運ぶ 室見川下流

シロウオ輝き 福岡に春運ぶ 室見川下流

 福岡に春の訪れを告げるシロウオ漁が18日午前、福岡市西区と早良区の間を流れる室見川下流で始まった。室見川シロウオ組合の組合員たちが川に入り、仕掛けの「やな」のかごを引き上げると、体長4-5センチの透き通ったシロウオが次々と跳びはねた。

 初漁時の水温は7・5度と肌寒い天気の中、組合員は腰まで水に漬かり、八つあるかごのうち一つを水揚げ。初漁で取れたシロウオは約60匹で、同組合の斉藤一男組合長(72)は「まずまずの量。今年は昨年を上回る250キロの漁獲量が目標」と話した。漁は3月中旬に最盛期を迎え、4月上旬まで続く。

 福岡管区気象台によると、福岡県内の18日朝の最低気温は福岡市が4・0度、北九州市3・5度で、冷え込みは平年並み。冬型の気圧配置が強まり、夜から雪が降る地域もある。寒さは19日も続き、20日には緩むという。
2月18日15時7分配信 西日本新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000021-nnp-l40



寒い中、大変ですよね☆
  • Edit
  • 20:12
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

イサザ漁:仕掛け網で跳ねる魚 福井・小浜で春の風物詩、最盛期

イサザ漁:仕掛け網で跳ねる魚 福井・小浜で春の風物詩、最盛期

 ◇おどり食いや卵とじで楽しむ
 若狭地方の春の風物詩、イサザ(シロウオ)漁が福井県小浜市で最盛期を迎えた。市中心部を流れる南川の河口付近に足場が設けられ、地元の採捕組合の組合員が仕掛けた網を引き上げるたびに、透き通った魚が勢いよく跳びはねていた。



 イサザは体長5センチほどのハゼ科の魚。産卵のための遡上(そじょう)は南の地方から始まり、地元では桜前線より少し早く北上する「イサザ前線」とも呼ばれている。漁は今月1日に解禁され、桜の花がほころび始めるころまで続く。
 組合員たちは流れに逆らって泳ぐイサザの習性を利用し、下流に向かって袋状の網を仕掛け、数時間おきに引き上げる。小網修二組合長(68)は「今年は昨年より1週間早い9日ごろからまとまった数が捕れ始めた」と話す。
 ここ数日の釣果は1日で1升マス1杯分ほど。市民らは捕れたイサザを生きたまま酢じょうゆで食べる「おどり食い」や卵とじなどにして楽しむ。【高橋隆輔】
3月20日17時5分配信 毎日新聞




踊り食い、いいですね。

  • Edit
  • 18:58
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

紀州湯浅のシロウオまつり:すくい捕りやおどり食い…家族連れでにぎわう

紀州湯浅シロウオまつりすくい捕りおどり食い…家族連れでにぎわう

 「紀州湯浅シロウオまつり」が15日、湯浅町湯浅の島之内商店街で開かれた。シロウオすくいやおどり食いの体験コーナー、特産品販売などの出店が立ち並び、家族連れでにぎわった。
 シロウオは2月から3月にかけ、産卵のため同町内の川をさかのぼり、春を告げる魚として知られる。半透明で体長3~5センチ。主催の同商店街振興会の塚田昌秀会長(55)は「町民の手による川の清掃で、一時激減したシロウオが戻ってきた。祭りを通じ、湯浅の風物詩として残したい」と語った。一昨年、京都府から同町に引っ越してきた西原由加理さん(23)は、長男悠人(はると)君(1)と訪れ、試食してシロウオすくいにも挑戦。「つるんとした食感がおいしかった。すくったシロウオはお土産にする」と笑った。【加藤明子】
3月16日13時3分配信 毎日新聞




いいですね☆
つるんとした食感が魅力です。

  • Edit
  • 17:19
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top