スイセン:野生化、ひっそり春告げ-釜石

スイセン:野生化、ひっそり春告げ-釜石

 釜石市鈴子町の甲子川右岸河川敷で、野生化したスイセンがひっそりと花を咲かせ、川面に春の訪れを告げている=写真。
 釜石製鉄所の専用橋・三の橋と三陸鉄道南リアス線の鉄橋が交差する岸辺。枯れた葦(よし)の群落に分け入ると、数株が見て取れる。青々とした葉の間から黄色い花を付け、ぬくもり始めた日差しをいっぱいに吸い取っている。
 戦時中の艦砲射撃で焼土化した後、河川敷で雨露をしのいだ人たちの園芸種の名残らしい。水の流れに羽を休めていたハクチョウの親子も北へ飛び立ったのか、姿が消えた。花の盛りは過ぎたが、せめてもの装いで移ろいを見続ける。【鬼山親芳】
4月8日13時0分配信 毎日新聞



綺麗でしょうね☆

スポンサーサイト



  • Edit
  • 19:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

善長寺:スイセン、シダレザクラ

善長寺スイセンシダレザクラ

 館林市当郷町の善長寺(前山秀樹住職)境内で、スイセンが3分咲きとなり、11本のシダレザクラやソメイヨシノ、ハクレンなどの花々と競演しており=写真、散策する市民を楽しませている。スイセンは97年に、前山住職らが、築山や小川のせせらぎに見立てて設計。約60種類、6000株を植栽した。
 今では約75種類、1万株に増え、甘い香りを漂わせ、白や黄色、オレンジの花を咲かせている。同寺は城沼をはさんだ県立つつじが岡公園の対岸にある。初代館林城主、榊原康政の側室で、つつじが岡公園にゆかりが深い「お辻の方」や第九代城主、松平(榊原)忠次の母「祥室院」らが眠る古刹(こさつ)。「スイセン寺」としても人気がある。【中野秀喜】
4月3日15時0分配信 毎日新聞



綺麗でしょうね♪

  • Edit
  • 19:50
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top