釣り情報【由良川河口】セイゴは入れ食い 大物スズキは上向かず

釣り情報【由良川河口】セイゴは入れ食い 大物スズキは上向かず

 由良川河口のスズキ釣りが上向かない。体長60センチ以下のセイゴと呼ばれるサイズは釣れているが、大物スズキを狙う釣り人にとっては、春以降、精彩を欠く釣果が続いている。
 
 河口によく出かける釣り人の話では、時折70~80センチ台が上がっているようだが、釣れない日が多い。川の水が澄んでいて、好条件の濁りの日が少ないという。90センチオーバーが釣れたり、一日にスズキが何匹も上がる日はほとんどない。
 
 大物だけを狙う人たちは「セイゴをいくら釣っても面白みがない」と嘆く。しかし、体長10~40センチは入れ食い状態が続いていて、セイゴ釣りの人たちは楽しめそう。

週末の舞鶴湾の潮位
 【22日】干潮=3時58分(28センチ)16時51分(17センチ)▽満潮=9時7分(34センチ)23時22分(31センチ)
 【23日】干潮=5時2分(24センチ)17時43分(17センチ)▽干潮=10時31分(34センチ)23時42分(32センチ)
両丹日日新聞 10月22日(土)0時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111022-00000301-rtn-l26



いいですね☆
スポンサーサイト
  • Edit
  • 05:54
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

釣り情報:【天橋立】海にようやく春の訪れ カレイとセイゴ上がる

釣り情報:【天橋立】海にようやく春の訪れ カレイセイゴ上がる

 宮津市の天橋立カレイセイゴが上がっている。福知山市下荒河の丹後釣具店、谷口正明さんは、仲間と2人でセイゴ10匹、カレイ3匹を釣り上げた。
 
 2人は、3日昼過ぎから夕方にかけ、アオイソメでカレイを狙ったところ、20センチから35センチの良型が上がった。さらに25センチから40センチ近いセイゴが釣れた。
 
 カレイは、産卵のため冬場は浅場に寄ってくるが、これから夏場に向かって深場へと移動する。一方、成長すればスズキと呼び名が変わるセイゴは、今ごろになると内湾の藻場などに移り、小さい甲殻類や小魚を捕食して成長する。由良川の汽水域にもそ上し、上流の大江町内でもこれからよく釣れるようになる。
 
 海の中は、陸地よりも季節の移り変わりが遅く、ようやく春が訪れ、釣果にも表れ出したよう。これから暖かくなり、初夏に近づくと本格的な海釣りシーズンを迎える。
 
週末の舞鶴湾の潮位
 【17日】満潮=4時45分(11センチ)14時57分(18センチ)▽干潮=9時19分(6センチ)22時50分(マイナス12センチ)
 【18日】満潮=5時40分(11センチ)15時30分(19センチ)▽干潮=9時20分(8センチ)23時38分(マイナス11センチ)
4月16日17時43分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000302-rtn-l26



楽しみですね☆
  • Edit
  • 21:05
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top