170キロのカジキゲット 片岡さん「最高の漁」

170キロのカジキゲット 片岡さん「最高の漁」

 【座間味座間味村ダイビングスタッフ、片岡美樹さん(25)=埼玉県出身=が9日、170キロのバショウカジキを釣り上げた。片岡さんは「座間味島に来て4本目のカジキだが、これまで最高の漁になった」と満足げに語った。
 片岡さんはこの日、自身が所属するダイビングショップの経営者、宮村幸文さん所有の船で宮村さん、別のスタッフの3人で午後からトローリングを始めた。暮れ時、屋嘉比島西沖合でヒット、約1時間30分かけて釣り上げた。
 感触は大物。悪戦苦闘しながら船に寄せると、とんでもない大きさにびっくり。海上はしけていて、3人では船に上げられないと判断し、近くで釣りをしていた知人に携帯電話で応援を求めた。ギャフでカジキを引っ掛けロープを尾びれに結び付けてやっとの思いでゲットしたという。
(宮里芳和通信員)
6月14日14時5分配信 琉球新報


お見事!
スポンサーサイト
  • Edit
  • 18:21
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ダイビングショップが「石垣マリンレジャー協同組合」設立-初の清掃活動も

ダイビングショップが「石垣マリンレジャー協同組合」設立-初の清掃活動も

 石垣市内のダイビングショップ業者が設立した「石垣マリンレジャー協同組合」は4月28日、組合として初の活動となるサンゴの清掃活動を行った。

 同組合は市内13のダイビングショップが、マリンレジャー業界の持続発展などを目的に設立。法人格を持ち、修学旅行の受け入れなどの共同受注や経営技術の向上などの事業計画に盛り込んでいる。

 代表理事の屋良部守さんは「業界が厳しくなっている中で、安心して二代目に引き継いでいけるような体制を作っていきたい。海岸清掃などを組合として行い、サンゴを守っていきながら、持続可能な業界にしていきたい」と話す。

 当日は、石垣島西表島の間に広がる国内を代表するサンゴ礁海域「石西礁湖」の南側でサンゴの清掃活動を行った。清掃活動はサンゴの産卵前に卵が着床しやすいように、金ブラシなどを使用して海藻やコケを取り除くもの。

 風が強く条件が悪い状態にもかかわらず、7業者とダイビングに訪れたゲストも含めて約40人が参加した。30代の女性は「30分くらいだったが、一生懸命磨いた。産卵後に着床してくれることを願っている。またぜひ参加したい」と感想を述べた。

 屋良部さんは「サンゴは産卵して2週間くらいして幼生が着床する。このエリア近くでは幼生が育っているので、海藻やコケを取り除いて着床しやすいような条件にしておく」と説明。「毎年清掃を行いながら、着床が確認でき育つことになれば、本格的に範囲を広げていきたい。石西礁湖のサンゴは壊滅状態。少しでもサンゴ礁が増えていく手伝いができれば」と話す。
4月29日18時10分配信 石垣経済新聞



横のつながりは大切ですね☆
  • Edit
  • 06:08
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top