<秋の大型連休>ハワイ、アジア旅行が好調 温泉地も人気

<秋の大型連休ハワイアジア旅行が好調 温泉地も人気

 祝日法の改正によって、初めての「秋の大型連休」が19~23日に実現する。5月のゴールデンウイークにちなんで「シルバーウイーク」とも呼ばれる5連休。不況のなか旅行業界や観光地は「めったにない書き入れ時」と期待を寄せる。国内、海外とも旅行や宿泊施設の予約は好調という。

 海外旅行大手のHIS(東京都新宿区)によると、近年は夏休みを9月にずらす人も多く、連休期間中のツアーはお盆期間分よりも早く予約が入り、既に完売したという。ホノルル、グアムなど一年を通じて人気がある観光地に加えバリ島、ソウル、バンコクといったアジア圏に向かう旅行者が多いという。担当者は「航空券を随時追加して仕入れているが、店頭に出しては売れ、出しては売れの状態が続いている」と話す。

 国内旅行もにぎわっている。近畿日本ツーリスト(東京都千代田区)によると、いわゆる「安・近・短」志向にかなう商品が好調で、期間中のツアーは完売状態。休日の高速道路料金割引のためか、首都圏から近い群馬や栃木などの温泉地の家族向け宿泊プランが人気を集めているという。草津温泉(群馬県)の旅館協同組合によると、加盟の約110のホテル・旅館の予約は22日までほぼ埋まっている。特に20、21日は全館満室状態という。

 日帰り圏の観光施設も混雑しそうだ。

 千葉県鴨川市の水族館「鴨川シーワールド」は5連休中の来場者数について「通常の連休より多め」の約2万人と予想する。65歳以上の入園料を半額にする特別割引を実施するなど、敬老の日(21日)にちなんだサービスを提供する予定だ。

 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドの担当者は「秋の大型連休は初めてなので、はっきりとは言えないが、ゴールデンウイークやお盆並みの人出を予想している」と語った。【松谷譲二、馬場直子、松本光央】

 【ことば】▽秋の大型連休▽ 03年施行の改正祝日法で、敬老の日が「9月の第3月曜日」になったことから今年の場合、21日の敬老の日と23日の秋分の日に挟まれた22日が「国民の休日」となり、土日を含め5連休になった。来年は敬老の日(20日)と秋分の日(23日)が離れてしまう。しばらくは秋の大型連休はなくなる。
9月12日12時15分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000029-mai-soci



今年はいい日の巡り合わせですね☆

スポンサーサイト



  • Edit
  • 06:42
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ハワイの名物ドーナツ「マラサダ」、鎌倉・長谷の「カフェ・フラハワイ」にも登場

ハワイ名物ドーナツマラサダ」、鎌倉長谷の「カフェ・フラハワイ」にも登場

 セキノレーシングスポーツ鎌倉市寺分)が経営するハワイアンカフェ&ショップ「カフェ・フラハワイ長谷店」(長谷2、TEL 0467-61-3373)が7月1日、ハワイ名物ドーナツマラサダ」の販売を開始した。

 「マラサダ」はポルトガルの生まれの揚げパン菓子で、ハワイの移住者により伝えられ、現在ではハワイの定番スイーツで、「表面はモチモチ、中はフワフワ」の食感が特徴。

 同社では昨年3月、湘南・横浜を中心にマラサダを移動販売する「マラサダワゴン」との初のコラボレーション店「カフェ・フラハワイ with マラサダワゴン 横浜ベイクォーター店」(横浜市神奈川区)を開店、マラサダを販売開始した。今年3月には映画「ホノカアボーイ」にマラサダが登場したことから、1日に1,000個を売り上げることもある人気商品に。「マラサダを扱う店をもっと増やしてほしい」という要望が増え、長谷店での販売も決めた。

 販売開始から約1週間がたち、「『マラサダ売ってるんだね!』と通りかかりにお土産で買っていく近所の方がとても多い」と同社広報部の大野郁子さん。

 価格は「プレーン」「シナモンシュガー」共に150円。営業時間は10時~19時。

7月8日12時45分配信 湘南経済新聞


疲れたときには甘いものが食べたくなりますね☆
  • Edit
  • 20:01
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

全国初の海水浴場禁煙を検討 神奈川県、ハワイにならい

全国初の海水浴場禁煙を検討 神奈川県ハワイにならい

 平成22年度から全国で初めての「公共施設における受動喫煙防止条例」を施行する神奈川県の松沢成文知事は3日、県内の海水浴場を、喫煙所以外では原則禁煙とする方向で検討に入ることを明らかにした。県によると静岡県熱海市や和歌山県白浜町など市町村単位での禁煙の措置はあるが、都道府県単位での規制は全国初という。

 松沢知事は、吸い殻のポイ捨てが砂浜の美観を損なうことや、歩行喫煙が水着姿の利用者にとって危険であることなどを、禁煙化の理由に挙げた。またハワイやゴールドコーストなど海外の有名なビーチで禁煙の措置が取られていることなどを引き合いに出し、必要性を訴えた。松沢知事は「きれいで安全、快適に過ごせる海水浴場をアピールしイメージアップ、ブランド化につなげていきたい」と話した。

 今後、横浜市や鎌倉市など関係する14市町との検討会などを実施し、既存の海水浴場に関する条例を修正するか、新しい条例を作るかしてルールを明文化する。松沢知事は「罰則も検討したい」としている。来年の海水浴シーズンに合わせ、今年の県議会12月定例会で条例案などを提出したい考えだ。14市町とも趣旨に賛同しているという。

 同県内には海水浴場が約30カ所あり、年間で約460万人が訪れる。

6月3日18時51分配信 産経新聞


賛成です☆
  • Edit
  • 08:02
  • Trackback : 0
  • Comment : 1
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top