「パタゴニア東京・吉祥寺」吉祥寺にアウトドアブランド「パタゴニア」直営店-女性・子ども向け商品強化 /東京

「パタゴニア東京・吉祥寺」吉祥寺にアウトドアブランド「パタゴニア」直営店-女性・子ども向け商品強化 /東京

 吉祥寺通り沿いに5月28日、アウトドアブランド「パタゴニア東京・吉祥寺」(武蔵野市御殿山1、TEL 0422-70-5613)がオープンした。(吉祥寺経済新聞)



 アウトドアウエアやバッグ・靴などをペットボトルの再生素材やオーガニックコットンなどを使用し、環境に配慮した取り組みを続ける「パタゴニア」(日本支社=神奈川県鎌倉市)。同店は都内6店舗目となる直営店。

 1階・地下1階の2フロア構成で、店舗面積は各26坪。1階ではメンズのテクニカル、ライフスタイル・ウエアをそろえ、地下1階ではウィメンズ、キッズ、ベビー製品を扱い、子どもが遊ぶスペースやソファを置くなどしてコミュニケーションスペースを設けた。「吉祥寺店では女性や子ども向け商品に力を入れ、ベビーカーでも来店しやすいようエレベーターも設置した」と店長の三橋さん。「都内の直営店の中でも公園や緑が多い環境なので、ライトトレッキング用品なども充実させた」とも。

 防水加工を施し山でも街中でも着用できる「トレントシェル」シリーズのジャケット(1万7,850円)、プルオーバー(1万4,700円)、パーカー(1万9,950円)などのメンズウエアや、軽量で折り畳み可能な機能性バッグ「ライトウエイト・トラベル」シリーズの斜め掛けタイプ(7,350円)、トート(9,450円)、子ども向けのウエア「バギーズジャケット」(9,450円)などをそろえる。オープン記念で現在、商品購入客に「パタゴニア・オリジナル缶バッジ」を進呈している。

 店内ではイベントも予定。同社創業者「イヴォン・シュイナード」さんが出演する映画「180°South ワンエイティ・サウス」の上映会(6月11日、参加費500円)、イラストレーター鈴木みきさんによるトークイベント「山のある暮らし」(同25日、参加無料)を開催。いずれも18時30分から。定員40人・要予約。今後も写真展やトークショーを予定する。

 「地域にとっての『ギフト』となるような、今後もいろいろな情報やメッセージを発信する店として街を盛り上げていきたい」と三橋さん。

 営業時間は11時~19時(土曜・日曜・祝日は10時~18時)。

みんなの経済新聞ネットワーク 5月30日(月)17時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110530-00000039-minkei-l13



ウインドウショッピングだけでも楽しめそう!
スポンサーサイト
  • Edit
  • 22:06
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アルバイト入社の辻井隆行副支社長、パタゴニア新支社長に就任

アルバイト入社の辻井隆行副支社長、パタゴニア新支社長に就任

 米アウトドアウエアメーカーのパタゴニア日本支社(鎌倉市小町1)は3月23日に人事異動を行い、パートタイム勤務から入社した辻井隆行さん(前副支社長)が同支社長に就任した。

 辻井さんは1968年生まれの40歳。シーカヤックでカナダ・バンクーバー島を一周した経験などを持ち、「夏はシーカヤックガイド、冬はスキーパトロールで生計を立てていた」という1999年、夏季から冬季の間の仕事のつなぎとして同社へアルバイトスタッフとして入社。2000年に正社員に登用の後、本社マーケティング部へ異動。プロアスリート顧客を対象とした割引販売プログラムの立ち上げや、プロアスリートをアンバサダーとして契約する制度を導入するなどの実績を上げ、2003年に卸売り部門のディレクターに就任。昨年5月の副支社長就任を経て、この度の人事を受け、「最も現場に近い支社長」が誕生した。

 1988年設立のパタゴニア日本支社は現在、全国に15の直営店を展開するほか、インターネットやカタログによる通信販売も行っている。環境保護活動に世界規模で取り組んでいることでも知られており、売り上げの1%以上を環境保護団体へ寄付しているほか、製品作りでは、環境負荷の少ないオーガニックコットンやペットボトルをリサイクルした繊維などを使用している。

 「社員は勤務時間中、いつでもサーフィンに行っていい。サーフィンに限らず、登山、釣り、自転車など、どんなスポーツでも構わない。その分、仕事をする時には熱心に、効率よく、責任感を持って取り組むことを求める」という、フレックスタイム、ジョブシェアリングなどの思想を具現化している同社。こうした融通性の提供を通じてアウトドアスポーツに深い知識と経験を持つ貴重な人材を多く確保し、「社員が楽しく働ける」企業作りをした創業者イヴォン・シュイナード氏の理念が、同社を世界的なビジネスに育て上げたことで知られている。

 辻井さんは「創業から続いて来たパタゴニアらしい文化やフィロソフィーを失わず、更にビジネスを成長させていくことが今後の課題。社員一人ひとりが両者共存の必要性を認識し、自己の判断と責任で業務に取り組める社風を醸成していく」と意欲をみせる。
3月24日12時6分配信 湘南経済新聞




古本屋チェーン店のブックオフも清水國明さんのお姉さんがパート入社後、取締役になられていましたね。

  • Edit
  • 23:19
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top