カワゲラウオッチング:生物調査で宮川の水質確認--高山・宮小5年生 /岐阜

カワゲラウオッチング:生物調査で宮川の水質確認--高山・宮小5年生 /岐阜

 川に住む生物を調べて水質を確認する「カワゲラウオッチング」が7日、高山市一之宮町の市立宮小学校(中川善夫校長)裏を流れる宮川で行われ、5年生26人がヒラタカゲロウの幼虫などを捕らえた。調査の結果は「きれいな川」だった。

東海の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 総合的な学習として5年生が学んでいる「源流から河口まで」の一環。水生生物を調べて水質を知り、河川環境美化の重要性を理解してもらうため毎年行っている。
 サンダル履きの児童らは水深10~20センチの川に入り、タモを手に石を拾い上げて水生生物を捕まえた。ヒラタカゲロウやヘビトンボの幼虫などきれいな水に住む水生昆虫のほか、上流部に住む魚、カジカも捕獲した。田畑奨治郎君(10)は「いつも遊んでいる宮川にいろんな生き物がいてびっくりした」と話していた。
 22日には、交流している宮川の下流、神通川河口近くにある岩瀬小学校(富山市)に出かけ、この日の結果やこれまで調べた源流の森の様子などを発表する。【宮田正和】
毎日新聞 6月8日(水)12時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000112-mailo-l21



恵まれた自然の恩恵ですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 22:12
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

水質調査:水生生物で判定 地元児童、昆虫や小魚を採取-四万十川 /高知

水質調査水生生物で判定 地元児童、昆虫小魚を採取-四万十川 /高知

 四万十川で13日、水生生物による水質の簡易調査が行われ、四万十市立の具同小5年生83人と八束小5年生15人が参加した。
 河川愛護月間(31日まで)の行事として国交省中村河川国道事務所が毎年実施しているもので29回目。県内では毎年、同川など3河川で実施されている。調査は川で昆虫などを採取。同省と環境省が定めた30種の指標生物のうち、どんな種類が多く見つかるかによって水質1(きれいな水)~4(大変きたない水)の4段階に分類する。
 子どもたちは、水深約50センチほどまで水につかり、約50メートル区間にわたって約30分、元気な声を上げながら昆虫小魚などを採取。同事務所の職員らと分類しながら記録して川に放した。
 水質判定は後日行われるが、きれいな水に生息するとされるカワゲラヒラタカゲロウヤマトテナガエビなどが多数見つかり、例年通りの「1」の評価となりそうという。【真明薫】
7月14日17時2分配信 毎日新聞


清流で思う存分遊ばせたいですね☆

四万十川での水遊び
  • Edit
  • 21:04
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top