「ビルフィッシュトーナメント」大物狙い89チーム カジキ釣り大会

「ビルフィッシュトーナメント」大物狙い89チーム カジキ釣り大会

 和歌山県すさみ町近海で2日、日本最大級のカジキ釣り大会「第17回ビルフィッシュトーナメント」が始まった。大物を狙い89チームが出場、正午までに5匹が釣り上げられた。3日まで開かれ、この後も釣果が期待されている。

ホテル・旅館ランキング(近畿/和歌山)

 町や商工会、観光協会、NPOなどでつくる「すさみスポーツフィッシング大会実行委員会」が、地元活性化を目的に開いている。トローリングで釣り上げたカジキ類の2日間の総重量を競う。

 今年は約300人の選手が参加した。この日午前6時にスタートフィッシング。クルーザーが一斉にすさみ港を出港。間もなく、本部に「ヒット」を伝える無線が次々入った。ヒットは15~20キロ沖で多く、正午までに17回あった。

 大阪府の「チーム アズール」は、正午すぎに帰港し、体長2メートル53センチ、重さ69キロを検量した。船長の整骨院経営大塚久司さん(44)=大阪府八尾市=は「この大会には初めて参加したが、調子は最高。ちょっと小さめなので、もっと大きいのを狙いたい」とすぐに再出港した。

 同町沖は全国有数のカジキ釣りスポットで、毎年全国から多くの参加者が集まる。タレント照英さんも6年連続して参加。昨年は所属チームが優勝した。
紀伊民報 7月2日(土)17時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110702-00000003-agara-l30



楽しみですね☆
スポンサーサイト
  • Edit
  • 19:59
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「ビルフィッシュトーナメント」100チームが大物狙う-カジキ釣り大会

「ビルフィッシュトーナメント」100チームが大物狙う-カジキ釣り大会

 カジキ類を狙う第16回すさみスポーツフィッシング大会ビルフィッシュトーナメントが3日、和歌山県すさみ町の近海で始まった。100チーム約400人が参加し、4日まで競う。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 実行委員会主催。西日本最大級の大会で、2日間にトローリングで釣り上げた総重量で順位を決める。
 初日は荒天のため、釣り始めを予定より約3時間半遅らせ、午前9時35分からスタート。沿岸から約10キロ地点で大物を狙った。午前中には計四つのヒットがあった。
 1番に釣り上げたチーム「神風」はマカジキ(重さ35キロ、長さ2メートル32センチ)とクロカワカジキ(重さ78キロ、長さ2メートル74センチ)を同時に獲得。同時に2匹釣ることは大会史上初めてという。
 神風キャプテンの大阪府寝屋川市の建設業、迫田正次郎さん(55)は「200キロのものを目指している。この大会には5回ほど参加しているが、釣り上げたのは初めて。良いクルーに恵まれて釣り上げることができた」と喜んだ。
7月3日17時7分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100703-00000000-agara-l30



松方さんはどうだったのかな?
  • Edit
  • 21:03
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カジキ釣り真っ盛り 紀伊半島南部の港町にぎわう

カジキ釣り真っ盛り 紀伊半島南部の港町にぎわう

 近場にカジキのポイントがある紀伊半島南部は、カジキ釣りシーズン真っ盛り。京阪神などからクルーザーがやってきたり、週末になるとすさみ町や串本町を基地に大会が開かれたりして、港町はにぎわいを増している。
 紀伊半島南部では、白浜町椿から新宮市にかけ、海岸沖約5キロに、がけのように急に深くなる「落ち込み」がある。そこに集まるスルメイカを餌にするカジキの良好な漁場となる。
 カジキ釣りの基地として人気のすさみ港は、大会以外でも多い日は40隻ほどのクルーザーが停泊する。漁場に近いだけでなく、港周辺に暗礁が少なく、入出港が比較的楽なことが人気の理由という。
 4、5日にはすさみ港を本部に西日本で最大、全国でも有数のカジキ釣り大会「第15回ビルフィッシュトーナメント」が開かれ、116チームが参加した。そのうち50チーム以上は初回から参加しているリピーター。
 同大会は町や観光協会、商工会、漁協などが、まちおこしのきっかけにしようと「マリンスポーツフェスティバル実行委員会」をつくり、1995年に始めた。当初は40チームほどの参加だったが、参加費が安価なことなどから年々増えた。すさみファンになり、京阪神からボランティアで運営を手伝いに来てくれる人もいる。
 地域経済の振興にもつながっている。2007年に町が調べたところ、開催日2日間の燃料、宿泊、飲食だけで1000万円の経済効果があった。朝本紀夫観光協会長は「6月~9月上旬のシーズンでみると、年間数億円の経済効果は見込めるのでは」と話す。
 串本町でも16~19日、「JGFAビルフィッシュトーナメントin串本」(同実行委主催)があった。今年は第20回の記念大会として期間を1日増やし、過去最高の70チームが参加した。
 この後もすさみ港や串本港ではカジキ釣りの大会がある。25、26日は第10回新西宮ヨットハーバー南紀ビッグファイトトーナメント(同実行委主催)と第3回関西ビルフィッシュトーナメント(同実行委主催)がすさみ港を基地にカジキ類やシイラ、マグロ類、カツオ、サワラを対象に開かれる。
 8月6~8日は「和歌山マリーナシティ ヨット倶楽部」などでつくるビルフィッシュトーナメント実行委員会主催の「ロイヤルパインズカップ第12回和歌山ビルフィッシュトーナメント」が串本港を基地にして開かれる。
7月24日17時2分配信 紀伊民報


ワクワクしますね☆
  • Edit
  • 21:19
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「ビルフィッシュトーナメント」・・・カジキ釣り大会

ビルフィッシュトーナメント」・・・カジキ釣り大会

 和歌山県すさみ町近海でカジキを釣る「第15回ビルフィッシュトーナメント」が4日、始まった。開催以来最多の116チームが参加し、腕を競った。出だしは低調で、正午までに釣り上げたのは1匹だった。
 町や町商工会、漁協などでつくる「すさみスポーツフィッシング大会実行委員会」主催。5日までに釣り上げたカジキ類の総重量を競う。
 選手393人が乗ったそれぞれのクルーザーが4日午前6時、大会本部のすさみ漁港を出港。トローリングで大物を狙った。
 午前7時10分ごろから約1時間で5回のヒットが本部に報告されたが、その後は正午までに1回しかなかった。関係者によると、水温が低いことなどが影響したのではないかという。
 4日正午までに釣り上げたのは、大阪市東成区の会社社長佐藤勝己さん(40)のチームで、重さ33キロ、全長2メートル18センチのカジキ。佐藤さんは「カジキ釣りはゲーム感覚で、ハンター気分になれるのが醍醐味(だいごみ)。しかし、今回は小さかったので残念」と話した。
 すさみ町近海は全国有数のカジキ釣りポイントとして知られ、本大会は西日本でも最大級。タレントの照英さんも4年連続参加している。
7月4日17時3分配信 紀伊民報


立派!
  • Edit
  • 18:11
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top