釣り情報【久美浜沖】白イカが快釣 マダイ70センチのおまけも

釣り情報【久美浜沖】白イカが快釣 マダイ70センチのおまけも

 白イカとマダイ狙いで10月28日、久美浜へ出かけた。白イカは4人で200杯を超え、70センチのマダイの引きも味わう満足の釣行となった。
 
 出港は午後2時過ぎ。船は初めて乗る湊宮の「よしだ丸」。沖は大きなうねりがあった。ポイントは水深94メートル。これほど深い場所で釣るのは初めて。船頭によると、この日は朝から潮が動いておらず、沖合に出たとのことだった。
 
 底近くまで仕掛けを下ろしてみても糸は垂直。テンビン仕掛けでは釣りづらい状況だったが、同行者2人の1投目にアマダイ、ウマヅラハギが掛かった。15号の軽い重りで85メートルまでゆっくり下ろして待つ。3投目でアタリが出た。上げてみると30センチ足らずのチダイだった。
 
 しばらく魚信はなかったが、午後4時過ぎ、大きなアタリが出た。竿先がしなり、ずっしりとした重量感が伝わる。リールが逆転する締め込みが何度も続き、水面近くまで強烈な引きを楽しめた。
 
メジャーで測ると70センチのマダイ。しばらく間を置いて同行の2人が、50センチ余りのマダイを1匹ずつ上げたところで、船に明かりを入れイカ釣りに変更した。
 
 船は移動せず、そのまま仕掛けを換えて投入。1投目から全員にイカが乗ってきた。サイズは15センチ-25センチとバラバラ。時おりスルメイカもまじる。
 
 ポイントは徐々に浅くなり、水深30メートルまで仕掛けを下ろすと、次つぎに掛かって来る。時間が経過するにつれダブル、トリプルもあり、調子よくなった。納竿の午後10時までに白イカだけで50杯近くを釣り、同行の3人を合わせると軽く200杯を超えていた。
 
 この日は、水面近くをアオリイカが泳ぎ回り、エギで狙った船長が30杯ほどを釣り上げ、おすそ分けにあずかるおまけも付いた。(宮)
 
週末の舞鶴湾の潮位
【5日】満潮=10時22分(29センチ)23時20分(29センチ)▽干潮=5時03分(22センチ)17時18分(18センチ)
【6日】11時39分(28センチ)23時37分(29センチ)▽干潮5時51分(19センチ)17時57分(19センチ)
両丹日日新聞 11月4日(金)17時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111104-00000304-rtn-l26



いいですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 22:58
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

釣り情報【舞鶴】冠島でフカセでマダイ、メジロ

釣り情報【舞鶴】冠島でフカセでマダイ、メジロ

 兵庫県丹波市市島町の会社役員、宮部逸雄さん(64)から、冠島近くでの船釣り情報が届いた。マダイやメジロ(マルゴ)、イサキなどが次々に上がり、まさに大漁だったという。


 
 宮部さんは釣り歴40年の大ベテラン。15日に仲間と2人で出かけた。午前9時30分に東舞鶴の小橋漁港を出港。到着したあと魚群を探し、周囲に釣り船がいないポイントで大きな魚群を見つけ、すぐにフカセ仕掛けを流した。
 
 本潮で最高の状態。約80メートル流したところで、早くもリールが最速に。「来た」。重く強い引き。仲間にも同様の当たりがきて、互いに10分ほどやり取り。宮部さんには体長60センチ、仲間は70センチのいずれも雄のマダイが上がった。
 
 その後も仕掛けを投入する度に100%の確率で掛かった。60~70センチクラスのマダイ、メジロ、ハマチ、大型のイサキが釣れまくり、休む暇もなし。計42匹で用意した大型クーラーが早々といっぱいになり、夕方の最良の時間を待たずに早帰りした。
 
 宮部さんは8日にも釣行し、その際はマダイ、ハマチが上がったが、型は小さく数も少なかった。「よく釣る秘けつは、潮の状況を見て、5本から3本針で、サルカンも0~3号を調整して仕掛けを流すことです」と話している。

週末の舞鶴湾の潮位
 【21日】満潮=6時26分(20センチ)16時4分(29センチ)▽干潮=9時16分(19センチ)
 【22日】満潮=16時50分(27センチ)▽干潮=0時9分(マイナス2センチ)

両丹日日新聞 5月20日(金)12時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000302-rtn-l26



スゴイ!
  • Edit
  • 22:26
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

釣り情報【竹野】88センチのマダイ 上篠尾の横田さん

釣り情報【竹野】88センチのマダイ 上篠尾の横田さん

 今週は釣り情報が2件舞い込んだ。 まずは船でのマダイ釣り。福知山市上篠尾の会社員、横田孝男さん(56)が10日、丹後の竹野沖で88センチの超大物マダイを釣り上げた。

最安値比較!民宿・ペンション予約
 
 横田さんは、釣り歴25年余のベテラン。船釣りシーズンになると月1回程度出かけるという。
 
この日は仲間2人と午前8時30分に出航した。午前中は水深30メートルのところで竿を出したが、小型のマダイがぽつぽつ掛かる程度だった。
 
 そこでポイントを変えて水深50メートルのところに移動。1投目に、この超大物が掛かった。「最初と終わりはよく引いたが、70センチクラスかなと思っていました。上げてみてびっくりです」と笑顔で話す。
 
 これまでの自己記録は77センチだったが、それをオーバー。そのあとすぐに、仲間2人も78センチ、75センチの大物を上げた。午後6時に帰港し、釣果は3人合わせて33センチ~88センチのマダイ28匹と28センチのイサキ1匹だった。
 
 仕掛けは完全フカセで餌はオキアミ。天候は晴れで上り潮だった。6月中旬に釣行した際は35センチから60センチのタイやツバスがクーラーボックスいっぱいになるまで釣れたという。

■スズキ81センチが由良川河口で■

 一方、由良川河口ではスズキが上がり始めたよう。福知山市の井上文和さんは10日、河口に釣行し、81センチのスズキと55センチのセイゴを釣り上げた。
 
 これまでセイゴの情報はよく耳にしたが、スズキの釣果情報は、一向に舞い込まなかった。釣具店などでは、雨で河川環境が好転し、スズキ釣りに適した日が増えたようで、これからが楽しみという。
 
 
週末と祝日の舞鶴湾の潮位
 【17日】干潮=0時32分(21センチ)12時53分(26センチ)▽満潮=6時37分(39センチ)18時40分(40センチ)
 【18日】干潮=1時13分(26センチ)14時4分(25センチ)▽満潮=7時16分(41センチ)20時5分(37センチ)
 【19日】干潮=1時52分(31センチ)15時24分(23センチ)▽満潮=7時58分(42センチ)22時14分(36センチ)

7月17日0時8分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100717-00000301-rtn-l26



いいですね☆
  • Edit
  • 08:53
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

オニヒトデでマダイすくすく…粘液がストレス緩和

オニヒトデマダイすくすく…粘液ストレス緩和

 サンゴ礁を食い荒らす厄介者、「オニヒトデ」が分泌する粘液に、魚の成長を促進する成分が含まれていることが、愛媛大学南予水産研究センターの三浦猛教授(水産動物生理学)らのチームの研究でわかった。

 養殖魚のストレス緩和させる効果があるとみられる。同センターは養殖漁業への活用が期待できるとして、物質の特定を進める。

 研究のきっかけは、昨年10月、サンゴ礁保護のため愛媛県愛南町が捕獲したオニヒトデを、偶然マダイと同じ水槽に入れたところ、マダイが通常よりも長生きすることに担当者が気づき、混合飼育の実験を始めた。

 マダイの稚魚15匹が泳ぐ1トン水槽に、オニヒトデ10キロを入れたものと、入れていないものを3週間比較したところ、オニヒトデが入った水槽のマダイは、入れていないマダイよりも餌を3割多く食べ、体長の伸びは2倍以上になった。

 さらに、血液は白血球の能力が高まり、養殖マダイの大量死につながる病気の白点病が抑制されたという。粘液をマダイの餌に混ぜても、同じ効果が得られた。

 免疫力の向上はヒラメでも確認されたという。

 研究センターによると、粘液には、魚にリラックス効果を与える成分が含まれているらしい。三浦教授は「有効な物質を特定して飼料に加えれば、養殖漁業を効率化できる」とオニヒトデの効用に期待する。

 オニヒトデは、最大で直径60センチ程度まで成長するサンゴの天敵。繁殖力が強く、針に猛毒があるため駆除は容易ではない。
7月12日11時15分配信 読売新聞


『馬鹿と鋏は使いよう』と言うことわざがありますが、思わぬ効用を見つけましたね☆
  • Edit
  • 14:19
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

マダイ:長崎・為石小5年生が成長観察 増殖を高校生に学ぶ /長崎

マダイ長崎為石小5年生が成長観察 増殖を高校生に学ぶ /長崎

 長崎市立為石小学校(原口博校長)の5年生23人がこのほど、校区内にある県立長崎鶴洋高校(筒井保之校長)の臨海実習場で、マダイ稚魚の成長を観察する授業を始めた。
 長崎鶴洋高は、天草灘に面した臨海実習場でマダイやヒラメ、アワビの増殖など、実践的な学習に取り組んでいる。為石小は「命の大切さに加え、水産県・長崎の特徴を子供の時から知ってほしい」(原口校長)と「総合的な学習の時間」で、高校生から増殖を学ぶ授業を毎年開く。
 4月22日の1回目、児童らは実習場の50トン水槽で高校生が育てたマダイやヒラメの稚魚をのぞき込み「泳いどる!」「可愛い!」と歓声を上げた。顕微鏡で稚魚を観察し、スケッチもした。計4回の授業を経て、7月にマダイの稚魚を放流する。
 為石小の井川巽君(10)は「餌をやると集まるのが面白い。(魚を育てた高校生は)すごい」。長崎鶴洋高の小川真史さん(17)は「子供に喜んでもらえて、増殖を勉強してよかった」と話していた。【錦織祐一】
〔長崎版〕
5月14日17時1分配信 毎日新聞



将来、有益な活動へつながるといいですね☆
  • Edit
  • 22:11
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top