ヤマメ:シーズン到来 旬の味「祭り」で紹介--三股町・しゃくなげの森 /宮崎

ヤマメ:シーズン到来 旬の味「祭り」で紹介--三股町・しゃくなげの森 /宮崎

 三股町長田の観光施設・しゃくなげの森で、恒例の「秋のヤマメ祭り」が開かれている。ヤマメは、産卵前の今が最もおいしい季節。11月末まで。
 渓流沿いにある施設は、九州屈指のヤマメの養殖場としても知られる。食用卵や受精卵から成魚まで一貫生産している。
 レストランでは、新メニューに黄金イクラと刺し身などを盛り合わせた豪華な丼物が登場。30センチを超える「尺ヤマメ」の刺し身など定番メニューも市価より安く提供している。
 問い合わせは同施設0986・54・1367。【重春次男】
毎日新聞 10月30日(日)14時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000153-mailo-l45



おいしそう!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:06
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

大きく育って、ヤマメの稚魚を葛葉川と金目川で放流/秦野

大きく育って、ヤマメの稚魚を葛葉川と金目川で放流/秦野

 大きく育ってね―。15日、秦野市菩提の葛葉川上流、葛葉の泉広場近くで、社会福祉法人かしの木会「くずは学園」の園生らがヤマメの稚魚200匹を放流した。放流は、同市役所職員らで組織する釣り同好会・景釣会(高木勇会長)が毎年行っており、今年で25回目。



 放流場所は川幅約3メートルで、ところどころに水深10センチ前後の深みがある。職員に引率された園生9人は長靴をはいて、体長5センチほどの稚魚が入ったバケツを手に、川の中に。合図で一斉に稚魚を放流したが、流れに乗って瞬く間に姿を消した。

 付近にはえん堤が数カ所あり、水が落下している場所は水深も約1メートルになっている。同会では「放流した稚魚の約1割が生魚となっているのでは。今年も体長約30センチに育った魚が釣れた。15センチ以下は釣ってもリリースしてほしい」と話していた。

 同会では、ヤマメの住める川づくりを目指して、毎年葛葉川のほか同市蓑毛の金目川でも同時にヤマメの稚魚200匹を放流している。
カナロコ 5月15日(日)21時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110515-00000028-kana-l14




  • Edit
  • 21:27
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

龍泉洞まつり:渓流釣りが人気--岩泉 /岩手

龍泉洞まつり:渓流釣りが人気--岩泉 /岩手

 岩泉町の龍泉洞まつりが4日開かれ、汗ばむ陽気とは別世界の鍾乳洞を楽しむ人たちでにぎわった。
 人気を呼んだのが、龍泉洞から流れ出る清水川での渓流釣り。洞入り口前の龍泉洞橋から下流990メートルを釣り場にして、今年から始めた。入漁料を払った家族連れが糸を垂れ、体長12センチ前後のヤマメを面白いように釣り上げた。



 毎年、今ごろは龍泉洞からの水量が増し、新緑が映える時期。花巻市から両親とやって来た男児は「ほら、ほら、見て」とうれしそうに小さな銀鱗(ぎんりん)をかざして見せた。5日まで。【鬼山親芳】
5月5日13時4分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000103-mailo-l03



いいですね☆
  • Edit
  • 21:49
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

渓流釣り:秩父の荒川水系で解禁 成魚1.85トン放流 /埼玉

渓流釣り秩父荒川水系解禁 成魚1.85トン放流 /埼玉

 秩父地方の荒川本流と同水系14河川で1日、イワナヤマメなどの渓流釣り解禁になった。秩父市大滝の中津川や小鹿野町を流れる小森川などには、早朝から太公望が訪れさおを振った。
 秩父市の浦山ダム上流の浦山川には日の出前から釣り人が現れ、狙いをつけたポイントで初釣りを楽しんだ。朝の最低気温が3度と平年より5・4度も高い4月上旬の暖かさの中、朝のうちに18センチ前後のヤマメを30匹以上釣った人も。小川町から来た会社員、長谷部良司さん(51)は「午前3時過ぎに着いた。午前6時にさおを入れ、1時間半ほどで約20匹釣った」と笑顔。
 秩父漁業協同組合は、ヤマメニジマス成魚約1・85トンを、浦山川の220キロを最高に各河川に分散放流した。入漁料は年間券8400円。日釣り券は1600円(現場購入3000円)。問い合わせは同組合(電話0494・22・0460)。【岡崎博】
3月2日11時49分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100302-00000030-mailo-l11



いいですね☆
  • Edit
  • 20:35
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ヤマメ:日田・津江川水系、3万2000匹放流 “メッカ”で地域活性化 /大分

ヤマメ日田津江川水系、3万2000匹放流 “メッカ”で地域活性化 /大分

 日田市中津江村・上津江町の津江川水系で17日、福岡、熊本などの釣り人約100人が津江漁協の中間育成施設で育ったヤマメの成魚2000匹と稚魚3万匹を放流した。釣り人と組合員の交流会もあり、ヤマメの“メッカ”づくりと地域活性化に向け懇親を深めた。釣りは3月1日解禁され、10月末まで。
 中間育成施設は07年2月、中津江村合瀬に完成。林業不振や過疎化進行を食い止めようと、年商1億円の津江アユ産業創出を目指しつつ、アユ育成オフシーズンの夏~冬はヤマメを養殖。温度一定の湧水を引き込み、人工ふ化から放流まで一貫生産体制を整えた。
 放流3回目の成魚は丸々と太り、体長27~28センチ。4年もすると40センチ以上に育つことも。初放流の稚魚は3~4センチと可愛い。釣り人は鯛生、上野田、川原川など好きなポイントに持っていき、「大きく育て」と解き放した。
 水系の遊漁者は年約1000人と、放流効果で年々増加。漁協の岩下和生組合長は「津江への関心が、地域活性化につながる」と話す。【楢原義則】
1月18日15時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000204-mailo-l44



ワクワクしますね☆
  • Edit
  • 23:14
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top