サーフィン:ロングボード女子世界選手権 割鞘ジュリさん「得意技で上位狙いたい」 /千葉

サーフィン:ロングボード女子世界選手権 割鞘ジュリさん「得意技で上位狙いたい」 /千葉

 ◇来月仏開催
 ◇日本代表、プロサーファー・割鞘(わりさや)ジュリさん(17)
 鴨川市の文理開成高3年のプロサーファー、割鞘ジュリさんが、7月10日からフランスで開催されるロングボード女子ワールドチャンピオンシップ(世界選手権)日本代表に選ばれた。



 割鞘さんは柏市生まれ。南房総市千倉町に移住後、父親の影響で14歳でサーフィンを始め、15歳で日本サーフィン連盟公認プロになった。高校は通信科に在籍し、大学受験に向け勉強と練習を両立させて頑張っている。
 今大会の日本代表は4人。割鞘さんは「3年の経験で選ばれ、とても光栄。世界大会ではベスト4を目指す。得意なボードの上を歩いてノーズの先端に向かうノーズライディングをうまく決めて上位を狙いたい」と話している。【米川康】
6月25日12時58分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000114-mailo-l12



楽しみですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 23:55
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

サーフィン:冬の荒海で女性だけの大会 45人参加--浜田 /島根

サーフィン荒海女性だけ大会 45人参加--浜田 /島根

 県内唯一の女性だけサーフィン大会「4th HAMADA GIRLS CUP」が6日、浜田市の国府海水浴場で開かれ、県内外から45人が参加した。実行委の主催。この日は、あいにくの天気で波も荒く、「選手にとっては、あまりいい波の状態ではなかった」(実行委)。それでも参加者たちは寒空の中、懸命に波に乗り、観客からは盛んに拍手が送られた。
 競技は、サーフィンロングボードボディボード--の各初級と中・上級クラス計6部門に分かれて争われ、4人の審査員による技術点の合計で順位を決める。また、プロサーファーによるエキシビジョンもあった。
 最年少出場で、サーフィンうきうきクラスで3位入賞した和歌山市の小3、田中花廉ちゃん(9)は「波の状態は良くなかったけど、乗れたので良かった。サーフィンは見るのもやるのも面白い。将来はプロになりたい」と笑顔だった。
 実行委員長の竹林優子さん(33)は「海を通じて浜田市の魅力を発信したい。また、大会が地元の女性サーファーのレベルアップにつながれば」と話していた。【上村里花】
12月7日14時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000191-mailo-l32



カッコいいですね☆
  • Edit
  • 23:46
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top