スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Edit
  • --:--
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

体験学習:ヨイショ!一本釣り 土佐清水・清水小6年生、漁業学ぶ /高知

体験学習:ヨイショ!一本釣り 土佐清水・清水小6年生、漁業学ぶ /高知

 土佐清水市立清水小学校(村上正大校長、児童383人)で29日、「カツオの一本釣り模擬体験学習」があり、6年生69人が地場産業の漁業について学んだ。
 伝統の一本釣り漁を知り、古里に誇りを持ってもらおうと、元カツオ船の乗組員などで作る「海の会」(植杉康英事務長、15人)や漁協婦人部、県漁業士会などが98年から開催し、今回で14回目。
 児童らは、漁師や漁協の人たちに教えてもらいながら、メジカの三枚おろしやカツオのタタキづくりに挑戦した。
 一本釣り模擬体験は、ヘルメットにさや当て(前掛け)を付けて台に上がり、釣りざおを操り、カツオに見立てた2キロの木の模型を一気に引き上げて抱き留める技を競った。8キロや10キロの大物を2人で引き上げる「2本張り」もあり、上位入賞者には図書券がプレゼントされた。
 昼食は、地元の清水サバを使った魚飯やカツオのタタキなどを味わい、楽しい一時を過ごした。【真明薫】
毎日新聞 10月30日(日)15時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000223-mailo-l39



いいですね☆
スポンサーサイト
  • Edit
  • 20:07
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カツオ大漁、市場に活気 塩釜・一本釣り船入港

カツオ大漁、市場に活気 塩釜・一本釣り船入港

 塩釜市新浜町の市魚市場に17日、カツオ・マグロ一本釣り船が今季初入港した。一本釣りカツオの水揚げは2年ぶりで、大量水揚げに市場が活気づいた。

格安民宿・ペンション特集

 入港したのは三重県のカツオ・マグロ一本釣り船「堀栄丸」(119トン)。金華山東沖で釣り上げたカツオ23トンとビンナガマグロ0.5トンを水揚げした。
 カツオは大型のもので1キロ当たり高値700円、平均253円で競り落とされた。
 塩釜市魚市場は生マグロの水揚げが中心だが、近年は他の魚種の漁船誘致にも力を入れており、市は「初入港を機に、カツオの水揚げ増を期待したい」と話している。
 市場では同日、水揚げした魚の霊を慰める恒例の魚魂祭も行われた。水産関係者ら約100人が大漁と海上安全を祈願。最後に出席者が市場岸壁からカレイやボッケを放流して、資源回復を願った。
7月18日12時25分配信 河北新報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100718-00000012-khk-l04



中国による乱獲のニュースもありましたが、、、
  • Edit
  • 18:53
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

一本釣りのカツオを鮮度保持するシステムで-志摩のシティプロモーション

一本釣りカツオを鮮度保持するシステムで-志摩シティプロモーション

 一本釣りカツオの鮮度は釣ってから3~4日すると身が紫色になるのが当たり前だった――。新たな鮮度保持技術で物流の仕組みを変え、地域の新鮮な海産物を他地域に届けることで地域ブランドを確立する「食をテーマにした全く新しいシティプロモーション」が志摩地域で模索されている。

 社団法人三重県情報通信基盤整備協会(津市栗真町)と三重大学地域情報化リサーチセンター(同)の共催による研修会「みえICT研究会」が3月24日、三重県庁(同市広明町)と志摩市商工会(志摩市阿児町)の2会場で開催された。

 第1部の三重県庁の講演会の様子をインターネット中継し志摩の会場で聴講。「シティプロモーション」について東海大学文学部広報メディア学科の河井孝仁准教授が説明した。第2部では、現在模索中のビジネスモデルを紹介。「6次産業」について同協会アドバイザーの吉田昌弘さん、鮮度保持技術を持つベンチャー企業「フリーゼンインターナショナル」(東京都千代田区)の渡辺稔社長、トラックの荷台などの開発を行う「日本フルハーフ」(同品川区)の木下正之さん、新技術の開発や新ビジネスのサポートを行う「オムニ研究所」(同中央区)の吉見武夫社長からそれぞれ説明があった。

 「シティプロモーション」とは、様々なICT(情報通信技術)ツールを活用して地域情報を発信し、地域産業や地域の活性化「地域ブランド戦略」を図ること。

 志摩地域の取り組みとして「フリーゼンインターナショナル」の食品の鮮度を保持させる新技術が、新鮮でおいしい海産物を他地域の人に食べてもらうことにより、地域のブランドイメージを向上させることになる。と一本釣りカツオ船の源吉丸(志摩市志摩町)の船内に新技術を導入し効果をあげたことを例に上げた。
3月25日5時41分配信 伊勢志摩経済新聞



新技術が広まってくれると消費者としてはありがたいところですが。

  • Edit
  • 07:01
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。