【茨城つりだより】久慈沖でメバル

【茨城つりだより】久慈沖メバル

 ◆日立沖メバル 久慈沖の航程30分、水深40~55メートルでポイント移動しながらの釣りとなった10日のメバル狙い。生きエビ餌で、胴突き5本針でさぐり22~33センチが1~19匹だった。カサゴソイホウボウが交じった。今週末はマコガレイ船も出す予定で、ともに料金は餌と氷付きで1万円。出船は午前6時。

 日立港周辺の釣りは相変わらずの不調続きで、赤灯台周辺でクロダイカイズが型を見せるぐらい。周辺の投げ釣りで25~35センチのカレイ、アイナメが型。久慈川に遡上する5、6センチの稚アユがなぎさ公園などで釣れていたが、群れも離れ、終盤。(日立市、日正丸、やまがた釣具店(電)0294・52・3745)

 ◆大洗沖のマコガレイ 10日の出船。沖合の航程25分、水深25メートル前後のポイントを移動しながらの釣り。沖合の水温は16度まで上がり、良型マコ中心に28~52センチ1~28匹。40センチ中心に0・7~2キロのマダコも計3匹。

 大洗漁港周辺の岩場で乗っ込みのクロダイが最盛期。干潮時に磯に乗っての釣りで30~48センチが0~2匹に、周辺で28~48センチのアイナメ。港内堤防でも浮き釣りでカイズと投げて20~38センチのカレイ。サビキ釣りでイワシ、ボラ、小型のメジナなどが食う。(大洗町、大洗丸、大洗釣具店(電)029・266・0371)

 ◆大洗沖のイシガレイ 10日の出船は沖合いの23メートル前後をさぐり28~46センチのマコガレイを2~19匹。半数はマコで、交じりにフグとハナダイ。片テンビン2、3本針に、餌はアオイソメ。餌と氷付きで1万円。午前5時10分の出港。(大洗町、山正丸(電)029・267・2341)

 ◆那珂湊沖のマコガレイ 10日の釣りは航程15分の沖合い25~30メートルがポイントでマコガレイ釣り。24~50センチが2~14匹にアイナメ。今週末はヤリイカ、半夜でのスルメイカの幼魚、“ムギ”の様子もみる。ヤリはこれまで36~53センチが20匹前後。午前5時30分の出港。(ひたちなか市、岡重丸(電)029・265・7313)
5月13日7時57分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000051-san-l08



ワクワクしますね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 19:32
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top