伊勢志摩発祥の釣法「ティップランエギング」でイカ釣り大会-五カ所湾/三重

伊勢志摩発祥の釣法「ティップランエギング」でイカ釣り大会-五カ所湾/三重

 船に乗ってアオリイカを釣るボートエギング大会が10月23日、南伊勢町の五カ所湾で開催された。主催は、三重・愛知・静岡に釣具店「フィッシング遊」14店を展開するアサヒレジャー(松阪市大黒田町)。(伊勢志摩経済新聞)

 「エギング」とは、餌木(えぎ)と呼ぶルアーを使用してアオリイカやコウイカ、ヤリイカなどイカを釣る釣法のことでルアーフィッシングの一種。餌付けなどの作業が要らずに比較的簡単にイカを釣ることができることから人気を集めている。

 同大会は、船に乗って船を流しながら、穂先が柔らかい竿(さお)と約30~50グラムと通常よりも重い餌木を使用して釣る「ティップランエギング」と呼ぶ釣法でアオリイカだけの釣果を競い合うもので今回が初めての試み。同海域で釣り船営業を行う「五カ所湾釣船会」(同)の協力で8隻の船に45人が乗り込み、7時30分から5時間以上にわたってアオリイカと格闘した。

 同社の太田武志さんは「三重県はアオリイカの聖地。この季節は、大きくなる前のコイカが湾内や沿岸域で多く、釣り人を楽しませてくれている」と話す。

 「『ティップランエギング』は伊勢志摩から生まれた釣法。それが今、全国に波及しアオリイカ釣りのブームを起こしている。初心者でもイカのアタリに合わせて釣ることができるのが受けていると思う。ぜひ一度『ティップランエギング』を体験していただければ」(太田さん)とも。

 同大会の優勝は、アオリイカ7匹合計2696グラムを釣った同町出身の山本好保さん。準優勝は、合計2376グラムの名古屋市出身鈴木泰輔さん、3位は合計2192グラムの多気町出身黒浩晃さん。レディース賞は合計1990グラムを釣った鈴鹿市出身の酒井恵利子さんだった。
みんなの経済新聞ネットワーク 10月25日(火)14時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111025-00000031-minkei-l24



楽しそう!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 22:01
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

伊勢志摩で「海女サミット」開催-「海女」の世界遺産登録を目指して /三重

伊勢志摩で「海女サミット」開催-「海女」の世界遺産登録を目指して /三重

 女性が海に潜ってアワビなどを取る「海女」たちの交流を深める「海女サミット」が9月25日、志摩文化会館(志摩市志摩町和具)で開催され、韓国済州島と全国9地域から海女57人が一堂に集った。主催は、海の博物館(鳥羽市浦村町)などで作る海女サミット実行委員会。(伊勢志摩経済新聞)

最安値比較!民宿・ペンション予約

 昨年の鳥羽大会に引き続き今回で2回目の同サミットは、海女同士の交流を通して持続可能な自然環境保護についての議論や、「海女文化」の情報発信を目的に開催。韓国の済州島で海女長を務めるユン・ポッキさんや済州道立海女博物館館長のチャ・ヘギョンさんらも招き、韓国と日本の違いなどについても話し合われた。

 地元和具中学校の生徒らの質問を受ける「教えて!海女さん」のコーナーでは、「海女になった理由は?」「どれくらいの深さの海にどれくらいの間潜っていられるか?」など質問に対して、「海が好きだから」「5~7メートルくらいの水深に1分近く潜る」などと丁寧に答えていた。「妊娠中も潜るのか?」と会場からの意外な質問に対して「産まれる前日まで潜っていた」と答えた海女に、会場全員が驚いていた。

 チャさんの講演では、済州島には現在約5,000人の海女(ヘニョ)がいるが韓国でも日本と同様に後継者育成に苦慮し高齢化が進んでいる。行政の支援は積極的で「ヘニョ学校」の創設や、島の海女に対して医療費無料にするなどの政策も行われていること、ユネスコの「世界遺産無形文化財」の登録を目指していることなどが報告された。

 千葉県南房総市白浜町から参加の鈴木直美さんは、もともと東京出身のグラフィックデザイナー、海が好きでサーフィンをしに千葉まで通っていたが、海女への憧れが強くなり、2年前に海岸近くに永住を決めた。「操業日数が天候などに影響されること、アワビの漁獲量や市場価格などが不安定なことから、まだまだみんなに海女業を(仕事としては)勧めることはできないが、何とかしなければという思いで『海女文化』を継承していきたい。現在83歳になるおばあちゃんが現役でがんばっているので、その歳までは最低でも続けていきたい(笑)」と話す。

 同実行委員長の石原義剛さんは「海女サミットは、海女さんたちの思いがひとつになってできあがったもの。海女さんたちはとてもおおらかで、すぐに仲良くなってしまう。交流を重ね、絆を強め、確実に『海女文化』を基底とする輪が広がっている。世界遺産登録への道がまた一歩近づいた」と感想を漏らした。

 海女の歴史は、日本列島では5千年前の縄文時代の中ごろにその痕跡があったと推測されている。伊勢志摩地方では3千年前、白浜遺跡(鳥羽市浦村)から大量のアワビの殻とアワビオコシと考えられる鹿の角が発掘されている。天平17(745)年の年号が記された木簡が平城宮跡から出土し、志摩国名錐(波切)からアワビが送られた記録がある。万葉集には多くの海女の歌が詠まれている。現在海女人口は、伊勢志摩地方では約1,000人、全国では約2,000人。

 26日、海女たちは、海の博物館を見学後、答志島(鳥羽市答志町)でアワビの放流作業などを行う。

 関連事業として「済州島の海女 写真展」が同日から、同会館と志摩市市役所の1階ロビーで開催された。10月25日まで。
みんなの経済新聞ネットワーク 9月26日(日)12時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100926-00000004-minkei-l24



交流が実を結ぶといいですね☆
  • Edit
  • 21:44
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

シーカヤックを日本に広めたカヌーイスト、拠点を伊勢志摩に移し3年 /三重

シーカヤックを日本に広めたカヌーイスト、拠点を伊勢志摩に移し3年 /三重

 シーカヤックを日本に広めた一人「アルガフォレスト」(伊勢市中村町、TEL 0596-63-6063)代表の柴田丈広(たけひろ)さんが、伊勢志摩に拠点を移し3年が経過した。この地域の地場産業でもある真珠養殖を行う工場を訪ね真珠の珠入れ作業が体験できるツアー企画などで地元に溶け込みシーカヤックの更なる普及活動を続けている。(伊勢志摩経済新聞)

食べて、遊んで、みんなでわいわい!民宿・ペンション特集

 1968年東京生まれの柴田さんは、高校卒業後の1987年5月に、単身カナダに渡航。同年にカヌーイストたちの聖地とも呼ばれるカナダとアラスカを結ぶユーコン川をカナディアンカヌーで下り、1988年にバンクーバーでシーカヤックの基礎を築いたジョン・ダウドさんとシーカヤックインストラクターのダン・ルイスさんとの出会いがきっかけでシーカヤックの魅力にハマるようになる。1991年、グリーンランドでシーカヤックを使ってアザラシを捕るエスキモーのジョン・ピーターセンさんを尋ね、シーカヤックのルーツを探る。

 その後日本に戻りシーカヤックのインストラクターとして8年間(1991-1998)活躍し、その間にも1994年ノルウェー沿岸フィヨルド3000キロを6カ月かけ単独縦断するなどチャレンジ精神も旺盛。2000年秋に「アルガフォレスト」を三浦半島で開業。2007年春に拠点を伊勢志摩に移し、伊勢志摩の風光明媚な地をシーカヤックで出かけるツアーを企画するなどし現在に至る。

 真珠養殖を行う工場を訪ね真珠の珠入れ作業が体験できるツアーは毎年好評で、真珠の珠入れ作業が行われる5月~8月中旬までの期間限定。客は御座白浜海水浴場の奥にあるゲストハウスから真珠工場まで船を出し、約1時間かけ漕ぎ、約6ミリの真珠の元になる核を10個入れる作業を行うもの。昼食付きで大人=15,000円。

 柴田さんは「この地(伊勢志摩)はシーカヤックをするのにとてもすばらしい場所。真珠養殖という地場の伝統産業とミックスしたツアーなど、すでにあるものとシーカヤックを結びつけた企画は魅力的でとても人気がある。地元の人にこそシーカヤックを体験して、違った視線で(地元を)見てほしい」と話す。
7月27日1時15分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000001-minkei-l24



いいですね☆

  • Edit
  • 07:46
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

伊勢「平家の里」に「源氏ボタル」乱舞、伊勢志摩各地に幻想的な光 /三重

伊勢「平家の里」に「源氏ボタル」乱舞、伊勢志摩各地に幻想的な光 /三重

 日本一の清流と呼ばれる宮川の支流・横輪川(よこわがわ)でゲンジボタルが乱舞し、普段静かな山間が賑わいを見せている。今年も広域伊勢志摩圏の清流でゲンジボタルが飛んだ。(伊勢志摩経済新聞)

ホテル・旅館ランキング(東海/三重)

 平清盛の四男平知盛(とももり)を弔うために建立されたといわれる久昌寺(伊勢市矢持町)があり、平家の落人伝説が残る「平家の里」矢持町で、野生のゲンジボタルが横輪川のせせらぎの中、求愛のための光を盛んに照らしている。

 ゲンジボタルは、日本産ホタル類の中では大型で体長約12~18ミリ。オスよりもメスの方が大きい。尾部に発光器官があり、メスは第6腹節が、オスは第 6腹節と第7腹節が発光する。成虫の寿命は約2週間。名前の由来は、「平家」に破れた源頼政「源氏」がホタルになり戦うと例えられた。または「源氏物語」の光源氏の「光」をかけたとも言われる。

 横輪町「郷の恵風輪」では風輪ホタル祭り(6月13日まで)を、奥伊勢フォレストピア(多気郡大台町薗)では毎年恒例の「ホタル観賞ナイトツアー」(7 月10日まで)を、伊勢かぐらばリゾート「千の杜」(伊勢市佐八町)では宿泊者を対象に「自然のホタルを観賞する無料ツアー」を開催中。
6月12日14時28分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100612-00000005-minkei-l24



心が洗われますね☆
  • Edit
  • 00:01
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「富士山」と「日の出」を同時に見ることができるスポット-三重県・伊勢志摩 /三重

「富士山」と「日の出」を同時に見ることができるスポット-三重県・伊勢志摩 /三重

 三重県・伊勢志摩から富士山まで直線距離で約200キロ。雲のない冬の晴天の日の早朝に、伊勢志摩からも富士山が現れる確率が増す。元旦に初日の出と富士山を同時に見ることができるスポットを紹介する。(伊勢志摩経済新聞)

 伊勢神宮の鬼門を守る金剛證寺(こんごうしょうじ)が山頂に建つ標高555メートルの朝熊(あさま)岳。「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と詠まれ、伊勢音頭の一節にもなっている。元旦には、富士山を正面に見る南に約90度の角度で朝日が上がる。自動車の場合、伊勢-鳥羽を結ぶ観光有料道路「伊勢志摩スカイライン」を通って山頂まで。初日の出に間に合うように伊勢神宮内宮前から臨時バス(5時10分、5時30分、5時50分出発の3本)も出る。先着500人に「朝熊山初日の出汁」の振る舞いサービスが有る。開門時間は12月31日7時~1月1日19時、1月2日~15日 6時~19時。

 二見興玉神社(伊勢市二見町)の夫婦岩の間から富士山、朝日は山の上から出る。標高119.8メートルの音無山(同)山頂、今一色海岸(同)、大湊海岸(伊勢市大湊)、大淀海岸(多気郡明和町)からも見ることができる。

 鳥羽-志摩を結ぶ観光道路「パールロード」鳥羽展望台が建つ標高162メートルの箱田山(鳥羽市国崎町)。元旦の日だけ4時開門。富士山と朝日を見ることができる展望レストラン「ヴィスタマーレ」は6時から営業。「今年から『初日の出チャージ(500円)』を頂くが、温かい展望レストランなら快適。先着順で(笑)」と店主の野村さん。国崎(くざき)海岸からも。

 毎年、旧暦の1月18日に「お船祭」が盛大に行われ「海の守り神」として漁師らの信仰をうける高野山真言宗・青峯山正福寺が建つ標高336メートルの青峯山(鳥羽市松尾町)。駐車場から富士山と朝日が見ることができる。

 安乗(あのり)崎灯台公園(志摩市阿児町安乗)。「初日の出と富士山を見る会」(会長=内田孝士さん)の伊勢エビ汁約600杯、粕汁約700杯の振る舞いがある。「2009年の元旦には6時30分ごろ富士山がぼんやり現れた」(内田さん)。

 国府海岸(志摩市阿児町国府)からは初サーフィンを楽しむサーファーの背中に富士山と朝日が現れる。

 真珠イカダ浮かぶリアス式海岸の英虞湾を一望できる標高203メートルの横山展望台(志摩市阿児町鵜方)からは、志摩スペイン村のジェットコースターの上に富士山が浮かぶ。朝日は英虞湾の上の太平洋の水平線から。

 弘法大師が自らの爪で彫ったとされる不動明王を祭る御座爪切不動尊をふもとに持つ標高111.8メートルの金比羅山(志摩市志摩町御座)からは伊勢湾の向こうに富士山が見ることができる。朝日は太平洋から出る。
12月31日0時35分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000001-minkei-l24



いいところが沢山ありますね☆
  • Edit
  • 14:08
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top