夏を告げる“鵜飼”開幕 宇治川川開き 伝統の技に歓声

夏を告げる“鵜飼”開幕 宇治川川開き 伝統の技に歓声

 宇治川の川開きが18日夜、京都府宇治市の府立宇治公園(塔の島)周辺で行われ、夏の訪れを告げる鵜飼(うかい)が開幕した。薄暮にかがり火が浮かび上がる中、女性の鵜匠(うしょう)2人が巧みな手綱さばきを披露。源氏物語や蜻蛉(かげろう)日記にも描かれた伝統の技に歓声が上がった。

近畿の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 鵜飼はかがり火に集まる川魚を鵜に捕獲させる伝統的な漁法。今年は紫稲などで腰みのを新調した。
 風折烏帽子(かざおれえぼし)に腰みの姿の鵜匠の澤木万理子さん(37)と江崎洋子さん(32)が、鳴き声をまねた「ホウ、ホウ」というかけ声とともに、舟上から鵜を6羽ずつ手綱で操った。鵜は水しぶきを上げて水中に潜り、次々とアユなどを捕獲した。
 鵜飼は9月25日まで。受け付けは午後6時から。大人1800円、小学生900円。悪天候は中止。問い合わせは宇治市観光協会TEL0774(23)3334。
京都新聞 6月18日(土)22時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110618-00000028-kyt-l26



見てみたい!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 23:34
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

サケ:村上・三面川、伝統の漁 /新潟

サケ:村上・三面川、伝統の漁 /新潟

 村上市の三面川にサケが戻ってきた。川面に銀鱗(ぎんりん)が躍り、県北地方に晩秋の訪れを告げている。
 江戸時代から続くという伝統の「居繰(いぐり)網漁」も、三面川鮭産漁協によって始まった。2隻の川舟が1組になって、上流から下流へと舟を操りながら網にサケが入ると、素早くすくい上げる。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 この日は午前中、約50匹が揚がった。組合員らは「型は大きく、数も期待できそうだ」と話した。サケはふ化場で採卵され、身は1キロ300~500円で売られるという。
毎日新聞 10月28日(木)12時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101028-00000073-mailo-l15



釣り応えがありそう☆
  • Edit
  • 18:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

落ちアユ:大洲・肱川で豊漁 伝統の「瀬張り漁」 /愛媛

落ちアユ:大洲・肱川で豊漁 伝統の「瀬張り漁」 /愛媛

 産卵のため川を下る“落ちアユ”を狙った大洲市の伝統漁法「瀬張り漁」が、大洲市の肱川で盛んに行われている。シーズンは来月中旬ごろまで。【門田修一】

最安値比較!民宿・ペンション予約

 「瀬張り漁」は、川幅に約50センチの等間隔で割り竹を打ち込み、その約1メートル先にナイロンひもをつけた縄を張る。産卵期を迎えたアユの群れが、縄と竹の仕掛けに驚いて行き場を失った所に、投げ網(長さ約12メートル、高さ1メートル)を放つ。
 同市柚木の如法寺河原では、近くの建築業、三瀬保さん(65)と川魚料理店経営の中塚泰生さん(59)ら3人がアユが動き出す夜明け前から、胴長靴姿で川の中に腰まで漬かりながら入り、投げ網を放っている。網を手繰り寄せると10~28センチの落ちアユが掛かり、多い時には1回の投げ網で約50匹以上も掛かることもあるという。
 川の中で、アユの下るのを辛抱強く待っていた中塚さんらは「今年は小振りだが天然ものが多く豊漁」と話していた。
毎日新聞 10月26日(火)17時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101026-00000306-mailo-l38



塩焼き食べたい♪
  • Edit
  • 18:05
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ボートレース:伝統の大会、生徒も教師も力の限り--宇和島東高 /愛媛

ボートレース:伝統の大会、生徒も教師も力の限り--宇和島東高 /愛媛

 恒例の県立宇和島東高校(915人、松本喜一郎校長)の校内ボートレース大会が8日、宇和島市の赤松海岸で開かれた。

格安民宿・ペンション特集

 ボートレース大会は旧制宇和島中学時代の1900(明治33)年に始まった伝統行事で、戦争などで中断もあったが、今年で98回目。各クラスの男女48チームと教職員の6チームが参加した。
 レースは1隻のこぎ手が男子は6人、女子は4人。1レースにつき3隻が出場し、直線距離300メートルのコースでタイムを競った。選手たちは「キャッチ、ソー」との掛け声に合わせて力強くオールをこぎ、岸壁からは級友らが声援を送っていた。【川上展弘】
7月9日15時38分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000248-mailo-l38



見応えありそう!
  • Edit
  • 21:18
  • Trackback : 0
  • Comment : 1
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

小田川で筏流し 伝統の漕法脈々と 愛媛・内子町

小田川筏流し 伝統漕法脈々と 愛媛内子町

 愛媛内子町川登地区の小田川で「川まつり・筏(いかだ)流し」が行われ、地区で保存活動を続ける住民らが昔ながらの技法で長さ約40メートルの筏を操り、見物客らを魅了していた。

四国旅行ガイド 楽天トラベル提供

 筏は昭和23年ごろまで地区の木材の運搬手段として用いられたが、道路整備による自動車の普及で途絶えていた。しかし地域の伝統文化を後世に伝えようと、平成5年に筏流しが復活。元筏師の指導を受けながら保存会のメンバーが練習を続け、川の景観や自然の大切さを訴える毎年春のイベント「川まつり」に合わせて筏を流している。この日は保存会のメンバー6人が約800メートルの川下りを再現した。

 地区の自治会長、稲積仁志さん(60)は「筏流しによって人々が環境を守るという意識が高まった」と話していた。

5月3日7時56分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000005-san-l38



気持ち良さそう!
  • Edit
  • 23:52
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top