サケ:稚魚15万匹放流 十日町・信濃川でNPO /新潟

サケ:稚魚15万匹放流 十日町・信濃川でNPO /新潟

 JR東日本信濃川発電所(十日町市など)による不正取水や、長野県側の東京電力西大滝ダムの影響で、姿を消したサケを呼び戻そうと、特定非営利活動法人(NPO)「新潟水辺の会」(会長、大熊隆孝・新潟大名誉教授)は21日、十日町市の信濃川と、上流の長野県木島平村の千曲川支流の馬曲(まぐせ)川の2カ所でサケの稚魚計15万匹を放流した。
 午前11時から木島平村で、午後1時半から十日町市の信濃川発電所宮中取水ダムの下流で、それぞれ7万5000匹を放流した。
 十日町市では市立貝野小の児童や長岡市から来た親子連れら約90人が参加。「元気に戻ってね」と声を掛けながら、体長約5センチに育った稚魚を放流した。
 不正取水問題で今月10日にJRの水利権が取り消され、同ダムからの取水が止まっているため、この日は毎秒424トンの水流があった。大熊会長は「戻ってくるサケを100匹の大台に乗せたい。10月にもこれだけの水流があれば、サケ遡上(そじょう)しやすいのだが」と川の環境改善に期待を込めた。【神田順二】
3月22日15時1分配信 毎日新聞




カンバック!サーモン

  • Edit
  • 18:21
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top