家族で魚釣り 約350人が参加 岡山県津山・宮川

家族で魚釣り 約350人が参加 岡山県津山・宮川

 家族そろって魚釣りを楽しむ「親子ふれあい体験」が、津山市山下の宮川で行われ、秋空のもと、約350人が参加、歓声が響いた。

 地域の川に親しみ、親子のふれあいをもってもらおうと、吉井川漁業協同組合の有志が今年初めて取り組んだ。市内を流れる宮川にニジマスとヤマメ計2千匹を放流。親子で糸を垂らしながら魚釣りを楽しんだ。

 家族で訪れた同市皿の会社員、柴田和昌さん(47)は「親子で夢中になりました。10匹も釣れたので昼食はバーベキューにします」と笑顔で話した。
産経新聞 10月12日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000071-san-l33



楽しそう!
スポンサーサイト
  • Edit
  • 09:08
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

外来魚釣り大会、県内各地で開催 親子連れら686人参加 滋賀

外来魚釣り大会、県内各地で開催 親子連れら686人参加 滋賀

 県内各地で5日、ブルーギルやブラックバスなどの外来魚を釣る「外来魚釣り大会」が開かれ、親子連れら686人が参加した。



 釣り大会は外来魚の食材利用や琵琶湖岸に設置された「回収ボックス」の使用を推進する目的で今年初めて大津、彦根、草津、長浜の計5会場で開催された。このうち大津市浜大津では、ブルーギルのフライなどが振る舞われ、参加者らが舌鼓を打っていた。

 参加した大津市立晴嵐小3年の初宿(しやけ)生弥君(8)は「ブルーギルが5匹もつれて楽しかったし、フライもおいしかった」と満面の笑顔だった。
産経新聞 6月6日(月)7時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000039-san-l25



一石二鳥ですね☆
  • Edit
  • 13:03
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

山下公園前面海上で「横濱ドラゴンボートレース」-165チームが参加 /神奈川

山下公園前面海上で「横濱ドラゴンボートレース」-165チームが参加 /神奈川

 横浜ドラゴンボートレース協議会は5月28日・29日、6月4日・5日の4日間、山下公園前面海上で「第18回横濱ドラゴンボートレース2011」を開催する。(ヨコハマ経済新聞)



 ドラゴンボートは古代中国で生まれた世界最古の手こぎ舟の競漕で、1976年に香港国際龍舟祭りでスポーツ競技化されて以来、世界38国以上で行われている。レースでは、紀元前の中国から伝わる龍の頭と尾を持った長さ約12メートルのボートに18人のこぎ手と太鼓手、舵取りが乗り込み、山下公園前海上の直線260メートルのコースでスピードを競う。

 今年は大会当日に、東日本大震災の復興支援に向けて選手や来場者から義援金を募る。集まった義援金は、神奈川新聞厚生文化財団を通して被災地に寄付する。

 試合スケジュールは5月28日「サタデーチャレンジ カップ」、29日「サンデーチャレンジ カップ」。6月4日「JBグループ カップ」、最終日の5日には、午前「コカ・コーラ セントラル ジャパン カップ」・午後「香港カップ」「インターナショナル チャンピオンカップ」を実施。総数165チーム、約3,300人の選手が参戦する。

 開催時間は5月28日=9時30分~、29日=9時~。6月4日=9時~、5日=9時~/12時~/12時50分~。観覧無料。雨天決行。

 山下公園内には盲導犬の紹介ブースなどが並び、飲食物販ブースでは、ビールやホットドッグ、沖縄料理などを提供する。

 NPO法人横浜ドラゴンボートレース協会の事務局は「横濱ドラゴンボートレースの醍醐味は、手こぎボートで横浜港の海上を体験でき、本格的なスポーツ競技を目の前でたのしめるところにあります。手に汗握る、初夏の国際色豊かなドラゴンボートレースをぜひ応援いただければ」と話す。

 ドラゴンボートレースは、横浜では1994年に「第13回横浜どんたく開港祭」(現在の横浜開港祭)のイベントのひとつとしてスタートし、2000年まで横浜青年会議所が主催。2001年にNPO法人横浜ドラゴンボートレース実行委員会が設立され、市民の手により企画運営されている。香港や台湾などから出場者が集まり、昨年の参加選手は209チーム・約4,000人、来場者は4日間で7万人。
みんなの経済新聞ネットワーク 5月27日(金)12時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000021-minkei-l14



楽しみですね☆
  • Edit
  • 21:16
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ヨット:エリカカップ 74艇516人が参加--蒲郡・三河湾 /愛知

ヨット:エリカカップ 74艇516人が参加--蒲郡・三河湾 /愛知

 蒲郡市沖の三河湾で「第25回エリカカップヨットレース」が22日に開かれた。



 国内最大級のヨットレースで、74艇516人が参加した。長さ10~20メートルのヨットが最大で高さ18メートルの帆を広げ、海上の10マイル(約18・5キロ)のコースを3時間以内に回った。
 レースは、81年に常滑市を出港したエリカ号が4年9カ月かけて世界25カ国を回り、86年に蒲郡市に帰港したのを記念して始まった。【中村宰和】
毎日新聞 5月24日(火)12時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110524-00000125-mailo-l23



いいですね☆
  • Edit
  • 23:15
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

千里川再発見!親子環境教室:水辺の生物に環境の大切さ 親子180人が参加 /大阪

千里川再発見!親子環境教室:水辺の生物に環境の大切さ 親子180人が参加 /大阪

 「お母さん、めっちゃヤゴがおる」「ミズカマキリ捕れたよ!」--。川面に子どもたちの歓声が響いた。川の自然観察を楽しむ「千里川再発見! 第8回親子環境教室」(豊中市教職員組合、毎日新聞社主催)が21日、豊中市内で開かれ、親子連れなど約180人が参加した。【須田桃子】



 第1部では、川の生態に詳しい寝屋川市立梅が丘小の石井雅幸教諭(33)が「千里川の生きもの」をテーマに、魚の写真のスライドを見せながら講演。メダカのオスとメスの見分け方、オスが口で砂を運んで巣作りをするヨシノボリの生態、ブルーギルなどの特定外来生物について話し、「よく見て、水辺の生き物のことを好きになって」と呼びかけた。
 第2部は野外活動。近くの千里川に移動し、それぞれ水質検査をした後、網を手に川の中へ。岸辺の草や石の下をすくうと、エビやヤゴ、タニシ、ドジョウ、ナマズの赤ちゃんなどが次々に捕れた。
 エビを3匹捕った同市立少路小3年の箱谷領香(えりか)さん(9)は「ちょっと川が深かったけど、すごく楽しかった」と笑顔。父靖彦さん(48)も「身近な川だが、入ったのは初めて。生き物の多さを再認識した」と話した。
毎日新聞 5月22日(日)12時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000124-mailo-l27



親子で楽しめるイベントはいいですね☆
  • Edit
  • 17:15
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top