アユ漁:解禁 唐津・玉島川で投網や友釣り /佐賀

アユ漁:解禁 唐津・玉島川で投網や友釣り /佐賀

 唐津市浜玉町と七山を流れる玉島川で15日、アユ漁が解禁となり、釣りファンが投網や竿(さお)釣りを楽しんだ。
 午前7時の時報が解禁の合図。上流の岩場では長い竿を巧みに操っての友釣り。下流域では腰まで川につかって投網を打っていた。



 この日は数日前の雨で増水したため条件が悪く、漁をする人は少なかった。玉島川漁協の中村邦彦組合長は「今は成長が悪いが、これから水温が上がると型も量も期待できる」と話した。
 同川には今季約6万匹を放流した。シーズンは10月中旬まで。入漁料は竿釣りが1日1000円、年間5000円。投網は1日2000円、年間1万円。申し込みは中村酒店0955・56・6537。【原田哲郎】
毎日新聞 6月16日(木)15時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110616-00000183-mailo-l41



ワクワクしますね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:31
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アユ釣り:アユ跳ねる 長瀬太郎生川で友釣り解禁--名張 /三重

アユ釣り:アユ跳ねる 長瀬太郎生川で友釣り解禁--名張 /三重

 ◇自然を慈しむ
 伊賀市の木津川や服部川などで5日、アユの友釣りが解禁された。名張市でも11日から順次解禁され、伊賀地域はアユ釣りシーズンを迎える。



 この日、名張市の長瀬太郎生川は一足早く特別に解禁された。日の出から釣りファンが集まり、おとりのアユを付けた長いさおを振り、大物に狙いを定めていた。伊賀市桐ケ丘、会社員、山中友善さん(62)は「おとりのアユをいかにうまく踊らすかが、友釣りの醍醐味(だいごみ)です」と、解禁を待ちかねていた様子だった。
 この日は、曇り空のため水温が低く、ポイントによっては明暗が分かれた。奈良県上牧町の会社員、内山睦男さん(56)は、日の出から約6時間で35匹を釣り上げた。「初物なので近所に配り、残りは塩焼きにして今晩のごちそうにします」とほくほく顔。桑名市寿町の会社員、山本日満さん(63)は「今年はまずまずだね」と渋い表情だった。【矢澤秀範】
〔伊賀版〕
毎日新聞 6月6日(月)11時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000079-mailo-l24



いいですね☆
  • Edit
  • 19:55
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アユ漁:川面の風受け、友釣り楽しむ 高津川で解禁 /島根

アユ漁:川面の風受け、友釣り楽しむ 高津川で解禁 /島根

 天然アユの遡上(そじょう)で知られる県西部の清流・高津川とその支流で20日午前5時、アユのさお釣りが解禁となった。津和野町池村の「道の駅シルクウェイにちはら」付近では、愛好家たちが川岸や川の中ほどに数メートル~10メートルほどの間隔で立ち、アユの縄張り意識を利用しておとりのアユを使って釣り上げる友釣りを楽しんでいた。



 今年は遡上の開始が遅く、今月上旬の大雨でアユが食べるこけがはがれてしまった。このため、アユの成長が遅れているとみられ、初日に釣り上げられたアユはほとんどが小ぶりで数も少なめだった。だが、高津川漁協は「遡上してくる数は例年になく多かった。水温の上昇と共にそれらのアユが大きくなってくる」と期待している。【江田将宏】
毎日新聞 5月21日(土)14時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000209-mailo-l32



これからですね☆
  • Edit
  • 06:42
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アユ漁:筑後川水系で解禁 今季初の友釣り楽しむ /大分

アユ漁:筑後川水系で解禁 今季初の友釣り楽しむ /大分

 筑後川水系で20日、九州では最も早くアユ漁が解禁された。日田市天瀬町の好ポイントの玖珠川では、夜明けとともに太公望が繰り出し、今季初の友釣りを楽しんだ。



 玖珠川が真ん中を流れる天ケ瀬温泉街の岩場は、上流域の田植え用水でやや濁り気味。約30人がサオを出し、友釣り歴40年という福岡市西区愛宕の佐藤章さん(75)は1時間半で17~20センチ超を6匹。「水温が低く、太陽が昇るこれからが本番。昨年はここで夕方までに50匹をゲットした」
 日田漁協によると、玖珠、三隈、大山の3河川では昨シーズン、ここ十数年で最高の漁獲高を記録。今春は稚魚137万匹を放流した。手島勝馬専務は「渇水だったが10日前の雨が古ゴケを洗い流し、エサの新ゴケが順調に生育。群れが分散し、良型が期待できそう」。【楢原義則】
毎日新聞 5月21日(土)15時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000229-mailo-l44



各地で解禁が始まっていますね☆
  • Edit
  • 06:39
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

若アユ:五島・中須川で遡上 /長崎

若アユ:五島・中須川で遡上 /長崎

 五島市玉之浦町の中須川下流で4月ごろから始まったアユの遡上(そじょう)は、今がピーク。数センチの若アユが、しなやかな魚体をくねらせて高さ1メートルほどの岩場から流れ落ちる滝のような激流をジャンプ。中には失敗して岩場に身を打ち付けるアユもいるが、何度も挑戦して難関を乗り越え、上流を目指している。



 アユは1年で寿命を終える「年魚」。春先から遡上を続け、上流で成魚になった秋には下流へ下り、河口付近で産卵し、生涯を終える。今年は中須川を遡上するアユの数が、昨年より多いようで、間もなく清流で友釣りを楽しむ釣り人の姿も見られそうだ。【椿山公】
〔長崎版〕
毎日新聞 5月20日(金)14時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000161-mailo-l42



楽しみですね☆
  • Edit
  • 22:23
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top