アユ釣り:アユ跳ねる 長瀬太郎生川で友釣り解禁--名張 /三重

アユ釣り:アユ跳ねる 長瀬太郎生川で友釣り解禁--名張 /三重

 ◇自然を慈しむ
 伊賀市の木津川や服部川などで5日、アユの友釣りが解禁された。名張市でも11日から順次解禁され、伊賀地域はアユ釣りシーズンを迎える。



 この日、名張市の長瀬太郎生川は一足早く特別に解禁された。日の出から釣りファンが集まり、おとりのアユを付けた長いさおを振り、大物に狙いを定めていた。伊賀市桐ケ丘、会社員、山中友善さん(62)は「おとりのアユをいかにうまく踊らすかが、友釣りの醍醐味(だいごみ)です」と、解禁を待ちかねていた様子だった。
 この日は、曇り空のため水温が低く、ポイントによっては明暗が分かれた。奈良県上牧町の会社員、内山睦男さん(56)は、日の出から約6時間で35匹を釣り上げた。「初物なので近所に配り、残りは塩焼きにして今晩のごちそうにします」とほくほく顔。桑名市寿町の会社員、山本日満さん(63)は「今年はまずまずだね」と渋い表情だった。【矢澤秀範】
〔伊賀版〕
毎日新聞 6月6日(月)11時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000079-mailo-l24



いいですね☆
スポンサーサイト
  • Edit
  • 19:55
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ミニ水族館:やなせ宿にオープン--名張 /三重

ミニ水族館:やなせ宿にオープン--名張 /三重

 名張市新町の旧細川邸・やなせ宿で2日、名張川に生息する魚が観察できる「ミニ水族館」がオープンし、名張西保育園(南町)の園児37人が水槽を泳ぐアユを興味深そうに見入っていた。



 子どもたちの自然体験の機会を増やそうと、やなせ宿を運営する「まちなか運営協議会」(辻本武久会長)が企画した。
 大型水槽(縦45センチ、横120センチ、高さ90センチ)に、名張川でつかまえた魚を放つ予定。現在は稚アユ約15匹のみだが、今後、シラハエ、カワムツなどを入れたいとしている。
 この日、子どもたちは近くの名張川に稚アユ約70キロを放流した。辻本会長は「水族館を通じて、川をきれいにしようという意識付けもしたい」と話した。5、6日に開催するやなせ宿2周年記念イベント「やなせ祭り」でも、川辺の生物学習会や魚釣り体験を実施する。
 午前9時~午後5時。月曜休館。入館無料。問い合わせはやなせ宿(0595・62・7760)。【宮地佳那子】
〔伊賀版〕
6月3日11時19分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100603-00000048-mailo-l24



これはうれしい体験になるでしょうね☆
  • Edit
  • 22:58
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

熱気球体験:巨大な熱気球ふわり 家族連れら500人、空の旅に感激--名張 /三重

熱気球体験:巨大な熱気球ふわり 家族連れら500人、空の旅に感激--名張 /三重

 名張市百合が丘東6の名張西高校グラウンドで4日、熱気球体験があった。地区の家族連れら約500人が乗り、空の旅を楽しんだ。
【名張】
 青蓮寺・百合が丘地域づくり協議会(中川一彦理事長)が初めて企画した。高さ25メートル、横20メートルの巨大な熱気球はふわりと浮き上がり、約20メートル上空に。参加者はゴンドラから地上の家族に手を振ったり、眺めを楽しんだ。
 熱気球は初めてという百合が丘小2年の角田智哉君(8)は「見た目は低かったけど、乗ったら高かった。また乗りたい」と話した。【宮地佳那子】
〔伊賀版〕
10月5日11時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000018-mailo-l24



気持ち良さそう!

  • Edit
  • 22:18
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

赤目四十八滝:青と白の光で幻想的に きょうからライトアップ-名張 /三重

赤目四十八滝:青と白の光で幻想的に きょうからライトアップ-名張 /三重

 ◇キャンドルナイトも--観光協、きょうから来月末まで
 名張市の名勝、赤目四十八滝渓谷で17日、不動滝と霊蛇滝のライトアップ試験点灯があった。ライトアップは18日~8月末の午後7~9時に実施される。
 渓谷の夏夜を楽しんでもらおうと赤目観光協会(小川貴司会長)が毎年行っている。期間中は不動滝を白、霊蛇滝を青の光で彩り、幻想的な雰囲気に包まれる。
 二つの滝を結ぶ遊歩道や、川の中の石に約1000個のキャンドルが並べられる「キャンドルナイト」も8月の金・土曜(1、28、29日を除く)に開催。同22日の「森林浴コンサート」では霊蛇滝前で、アコースティックギターの演奏などがある。
 期間中、地元食材を使った「夜の滝見弁当」(2100円、川床の席料を含む)も販売する。希望日前日の午前中までに予約が必要。問い合わせは同観光協会(0595・63・3004)。【宮地佳那子】
〔伊賀版〕
7月18日13時1分配信 毎日新聞


ロマンチック♪
  • Edit
  • 23:17
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

流れに咲いて梅雨運ぶ 名張・城下川に「花いかだ」

流れに咲いて梅雨運ぶ 名張城下川に「花いかだ

 名張市の旧町を流れる城下(じょうげ)川に、今年もハナショウブを載せた「花いかだ」がお目見えした。20年目を迎えた「花いかだ」は、川沿いの道を歩く人たちの目を引いている。



 川の環境を考える市民団体「川の会・名張」が1990年に開始。城下川に青竹で囲ったいかだを浮かべ、その上に紫色や白色のハナショウブを植えている。花を載せたいかだが川の流れにゆらゆら揺れるさまは、同市の梅雨の時季を彩る風物詩として定着した。
 ハナショウブが載るいかだは2枚あり、長さ2メートル、幅0・8メートル。川の会のメンバーが7日に作業した。川沿いのアジサイも近く咲き始め、城下川一帯は美しく飾られる。
 (川合正夫)
6月10日12時22分配信 中日新聞


綺麗でしょうね☆
  • Edit
  • 20:07
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top