アユ:四万十川、なぜ激減 高知大教授、生態・生育を報告 /高知

アユ:四万十川、なぜ激減 高知大教授、生態・生育を報告 /高知

 四万十川のアユやスジアオノリの生態・生育状況などを報告する「アユ報告会」が27日、四万十市立中央公民館であり、高知大総合研究センターの木下泉教授が「四万十川のアユはなぜ激減したのか」と題して講演した。漁業関係者や市民ら約70人が聴き入った。



 木下教授は「稚魚の産卵場の塩水域が河口から年々上流に上がってきたためアユが卵を生めなくなったのが原因ではないか」と説明。「アユを増やすには産卵場の整備が必要。塩水域がどこまで来ているかを調べて手を打たなくてはならない」と指摘した。
 木下教授は仁淀川と物部川のアユの分布や生息、産卵期などとも比較し、「四万十川は稚魚のエサとなる動物プランクトンが少ないのも要因ではないか」と語った。参加者からは、「河口の砂州がなくなったのがアユ減少の原因ではないのか」などの意見も出された。【真明薫】
毎日新聞 4月28日(木)16時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000294-mailo-l39



確たることはまだわからないんですね。
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ウナギ:「地獄漁」始まる--四万十川支流広見川/愛媛

ウナギ:「地獄漁」始まる--四万十川支流広見川 /愛媛

 一度入ると二度と外に出られないことから「地獄漁」と名付けられたウナギ漁が、松野町の四万十川支流の広見川で始まっている。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 同町蕨生、農業、金谷英樹さん(44)は、長さ約70センチ、直径約5センチの竹の筒15本に餌のミミズを入れ、川底に沈める。翌日に引き揚げると、体長30~50センチほどのウナギがニョロニョロと姿を見せる。多い日には1キロぐらいの水揚げになることもあるが、金谷さんは「(最近は)取れる量が少なくなった」と残念がる。
 天然ウナギは身が締まり、腹が黄色いのが特徴で、歯ごたえがある。1キロ8500円程度で町内の料理店に引き取られるという。【川上展弘】
6月17日15時35分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000253-mailo-l38



天然の醍醐味ですね☆
  • Edit
  • 08:03
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

落ちアユ漁:解禁、太公望らでにぎわう--四万十川 /高知

落ちアユ漁解禁太公望らでにぎわう--四万十川 /高知

 四万十川で初冬の風物詩、落ちアユ漁が1日解禁され、太公望たちでにぎわった。
 四万十市の赤鉄橋(通称)から上流では、前日からテントを張り泊まり込んでいた県内外のファンが、午前6時半の煙火を合図に一斉に清流に入り、川舟の上や浅瀬で自慢のサオを操った。
 この日は、先月中旬にあった増水の影響のためか魚影が薄いうえ、釣れても15センチ前後を中心に小ぶり。サオ釣りでは2時間粘っても釣果がゼロの人もいた。同市入田では投網で15~28センチを約300匹ほど捕ったグループもあり、場所によって釣果に大きな差が出た。ころばし漁をしていた人は「ここ数年、アユの数が少なく、型も15~20センチほどと小さくなっている。今日は釣果は少ないが5匹ほど捕れた」と話していた。
 川岸にはアマチュアカメラマンも大勢陣取り、初冬の風物詩を残そうと盛んにシャッターを切っていた。漁期は来年1月末まで。【真明薫】
12月2日16時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000250-mailo-l39



いいですね☆
  • Edit
  • 07:59
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アユの火振り漁:未明の幻想、四万十川に闇と炎 /高知

アユの火振り漁:未明の幻想、四万十川に闇と炎 /高知

 日本最後の清流・四万十川で伝統のアユの火振り漁が12日未明に行われた。
 四万十町津賀では、四万十川東部漁協(土居武夫組合長、組合員300人)の漁師20人が午前3時に四万十川に集合。川舟で川幅80メートル、長さ200メートルに建網40枚を5メートル間隔で張った後、真っ暗闇の中、舟の上から赤々と燃えるたいまつを右に左に振ってアユを追い込み、一網打尽に。
 網には体長15~30センチのアユが掛かり、岸に着いた漁師の顔も大漁ににっこり。この日捕れたアユは約100キロ。その場で塩焼きにされ、みんなで味わっていると、東の空から太陽が昇ってきた。【真明薫】
9月14日16時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00000251-mailo-l39



おいしそう!

  • Edit
  • 21:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カヌー体験:四万十川でパドル漕ぎ壮快 蕨岡中生、楽しむ /高知

カヌー体験四万十川パドル漕ぎ壮快 蕨岡中生、楽しむ /高知

 四万十市蕨岡の市立蕨岡中学校(浦田安夫校長)の生徒ら約40人が7日、清流・四万十川カヌー体験。川風を胸いっぱい吸いながら川下りを楽しんだ。
 四万十川の自然を再認識しようと総合学習の一環で毎年実施しており、1~3年の生徒32人と教諭7人が参加。1年生は今回初体験となった。
 生徒たちは同市鵜ノ江の勝間沈下橋で、コミュニティーセンター「かわらっこ」(同市田出の川)のカヌーインストラクター5人からカヌーの乗り方を教わった後、カヌーに乗り込み、3キロのコースを約1時間ほどかけて、ゆっくりと下った。水は少し冷たかったが、パドルを右、左に漕(こ)ぎ、川面を気持ち良さそうに滑り、全員無事にゴールした。【真明薫】
9月8日16時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000270-mailo-l39



人生が豊かになりますね☆

  • Edit
  • 23:04
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top