外川のまちおこしに“よそ者”活用 千葉

外川まちおこしに“よそ者”活用 千葉

 見知らぬ町を歩くことで、その町の新たな魅力を発見しようという試み「外川(とかわ)まち歩きわーっクショップ」が28日、千葉銚子外川町を舞台に行われる。町歩きでの発見をヒントに、地域再生のための観光事業や産業振興に生かそうと、市民有志らが企画。現在、参加者を募集している。

 銚子市最古の漁師町で「坂の町」とも呼ばれる外川の魅力を発見するワークショップ(体験型講座)として、当日は町内にのびる3本の坂道を自由に歩く。町歩きを楽しみながら、散策中に見つけたものや気になったことを参加者が情報交換し、町の魅力を共有するのが狙いという。

 ナビゲーター役の向後功作さん(46)=銚子電鉄鉄道部次長=は「一見、何もないような所でも、まちおこしにつながるヒントが隠れている。地元住民が見落としているものを“外からの目”で見つけてほしい」と期待する。

 主催の「銚子あるくねっとわーく」(宮内敏行代表)は、銚子電鉄を活用したまちおこしを目指す市民5人が昨年秋に立ち上げたグループ。活動の第1弾となる今回は、同電鉄終点の外川駅周辺を舞台に選んだ。今後は外川以外の電鉄沿線でも町歩きを展開する予定だ。向後さんは「まちおこしには『よそ者』『若者』らの参加が必要といわれる。まずは、よそ者の視点で地域の魅力を掘り起こしてもらい、いずれは地域ビジネスのチャンスにもつながれば」と話している。

 参加者30人を募集(定員になり次第締め切る)。申し込みは往復はがきの往信裏面に氏名、年齢、住所、性別、当日連絡先を明記して〒288 -0042銚子市末広町5の11銚子あるくねっとわーく事務局へ。専用ブログ(http://blog.goo.ne.jp/tokawasanpo)でも受け付けている。

【町歩きの舞台となる銚子市外川町は市内最古の漁村で、「坂の町」としても知られる】

6月20日8時2分配信 産経新聞


思惑どおりにいくのかな?

向後功作さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/kugkusk3/
スポンサーサイト



  • Edit
  • 21:54
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top