多摩川「二子の渡し」86年ぶり復活、親子連れら体験 川崎

多摩川「二子の渡し」86年ぶり復活、親子連れら体験 川崎

 かつて大山街道を往来する人や物資を運んだ多摩川の渡し舟「二子の渡し」が29日、川崎市高津区と東京都世田谷区を結ぶ二子橋付近で、一日限定ながら86年ぶりに復活した。

 地域の歴史的な資源を活用しようと、市民グループや行政などでつくる「大山街道アクションフォーラム」と高津区役所が主催した。

 二子の渡しは、農作物などの運搬や、大山詣での“足”として古くから利用され、河原は茶屋などでにぎわっていたという。しかし、二子橋の完成に伴い1925(大正14)年に廃止された。

 イベントには親子連れら約60人が参加。二子の渡しを紹介する紙芝居を見た後、全長約5メートルの和船に交代で乗り込み、約300メートル離れた世田谷区の対岸まで5分ほどかけて渡った。

 高津区の小学1年の男児(6)は「楽しい」と笑顔。母親(40)は「今は便利な世の中になったけど、昔の体験ができてよかった」と喜んでいた。
カナロコ 10月30日(日)9時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000005-kana-l14



乗ってみたい!
スポンサーサイト
  • Edit
  • 20:02
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

多摩川の自然を学ぼう、いかだ下り参加チームを募集

多摩川の自然を学ぼう、いかだ下り参加チームを募集

 NPO法人多摩川エコミュージアムと川崎市は、9月4日に共同で開催する「かわさき多摩川博2011 エコ★カップいかだ下り」に参加するチームを募集している。全35チーム。

首都圏の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 いかだ下りは、多摩川の自然や川の安全などについて楽しく学んでもらおうと、08年から毎年行われている。いかだの材料には、廃材や段ボール、ペットボトルを再利用するなど、環境に優しい材料を活用することが決まり。当日は、最も優れたいかだを作ったチームに「エコカップ大賞」が贈られる。

 開催場所は、同市多摩区の宿河原堰(二ケ領せせらぎ館)下から県立多摩高校裏手の多摩川。対象は、市内在住、在勤、在学者1人を含む、子どもと大人の混成チーム。参加費は1人600円。

 希望者は、同ミュージアムに申込書を持参するか郵送、ファクスで送る。締め切りは6月25日。問い合わせは、同ミュージアム電話044(922)1025。
カナロコ 6月15日(水)21時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110615-00000062-kana-l14



楽しそう!
  • Edit
  • 21:21
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

調布・多摩川のアユ、過去最大の見込みに-推定遡上数調査で /東京

調布・多摩川のアユ、過去最大の見込みに-推定遡上数調査で /東京

 調布を流れる多摩川を遡上(そじょう)するアユの数が今年、過去最大になることが見込まれている。(調布経済新聞)



 多摩川では1975(昭和50)年に十数年ぶりに稚アユの遡上が見られるようになり、東京都島しょ農林水産総合センター(旧東京都水産試験場)が1983(昭和58)年から、多摩川下流域の大田区でアユの遡上調査を始めた。調査によると、アユの推定遡上数は、1983(昭和58)年に約20万匹だったのが、2007年に215万匹を記録。その後2009年に142万匹、2010年に186万匹と連続で100万匹を越えた。今年はこれらを大幅に上回り、調査開始以来最大の遡上数が見込まれる。

 多摩川は清流化しつつある一方で「タマゾン川」ともいわれ、年間1万匹に上る「捨て観賞魚」と外来種による生態系破壊の危機が懸念されている。川崎河川漁業協同組合総代で、飼えなくなったペットなどを受け入れる「おさかなポスト」の創設者であり、アユの産卵、遡上観察会など数多くの啓発活動を行っている山崎充哲さんは「多摩川の現状や清流化の重要性を知り、生物の命の大切さを感じてほしい。『おさかなポスト』には東日本大震災後1カ月間で昨年1年間に集まった数の50%にあたる6,000匹の魚や亀が被災地から避難してきた。皆さんに里親になってもらい、小さい命を救ってほしい」と協力を呼び掛ける。

 二ヶ領上河原堰(調布市染地2)付近では昨年10月末から12月にかけてアユの産卵があり、10日ほどでふ化した稚アユは多摩川を東京湾まで流されて下った。東京湾で冬を過ごしたアユは春になって多摩川を上り、同河原堰や狛江市水神下の二ヶ領宿河原堰の魚道では4月上旬から8~10センチに成長した姿を見られるようになった。遡上は5月末まで続くと思われる。
みんなの経済新聞ネットワーク 5月16日(月)11時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110516-00000009-minkei-l13



楽しみ♪
  • Edit
  • 21:03
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「多摩川春のアユまつり」アユの遡上見学や放流も、多摩川の宿河原堰付近で4日にまつり/川崎

「多摩川春のアユまつり」アユの遡上見学や放流も、多摩川の宿河原堰付近で4日にまつり/川崎

 アユが川を遡上(そじょう)する様子などを楽しむ「多摩川春のアユまつり」が4日、川崎市多摩区宿河原の二ケ領宿河原堰(せき)付近で開かれる。



 多摩川に親しんでもらおうと、川崎河川漁業協同組合の主催で7回目。多摩川に復活したアユの一生を描いた紙芝居の上演や、稚アユが魚道を遡上するようすを観察するほか、堰を上れなかったアユの放流を実施。多摩川で捕れた天然アユの甘露煮も振る舞われる。イベントに先立って、会場付近の清掃活動を行うため、参加者はレジ袋を1枚持参する。

 また、東日本大震災の影響などで飼えなくなったカメを引き取る「里親」も当日募集する。里親になるには、会員登録などが必要。

 午前10時から午後2時まで。参加費無料。雨天中止。問い合わせは同組合総代の山崎充哲さん電話090(3209)1390。
カナロコ 5月3日(火)9時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110503-00000003-kana-l14



GWにはもってこいのイベントですね☆
  • Edit
  • 10:21
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

調布・多摩川でアユの産卵始まる-気候の影響で昨年より遅れ /東京

調布・多摩川でアユの産卵始まる-気候の影響で昨年より遅れ /東京

 調布市を流れる多摩川の二ヶ領上河原堰付近の流域で今年もアユの産卵が始まった。(調布経済新聞)

最安値比較!民宿・ペンション予約

かつて高度経済成長時には「死の川」と呼ばれていた多摩川は、地域住民による活動などで水質が改善され、7年ほど前からアユの産卵数も増えてきた。一方で、現在は水温の上昇やペットなどの外来種の放流で「タマゾン川」とも言われている。

アユの卵は10日ほどでふ化。成長したアユは川を下り、海で冬を過ごして春になると戻ってくる。昨年は10月末ごろに産卵が始まったが、今年は10月末の低気圧の影響で3週間ほど時期が遅れた。11月23日には川崎市多摩区と高津区の多摩川河川敷で産卵場見学会が行われ、150人以上が産卵を見守った。

 川崎河川漁協総代で飼えなくなったペットなどを受け入れる「おさかなポスト」創設者の山崎充哲さんは「身近な多摩川の現状を多くの方に知ってもらうとともに生物の命の大切さや多摩川の清流化の重要性を感じてもらえるとうれしい。年間1万匹にも上る『捨て観賞魚』と外来種による生態系破壊の危機も伝えることができれば」と話す。

 アユの産卵は12月末まで続くと思われる。

みんなの経済新聞ネットワーク 11月26日(金)11時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101126-00000011-minkei-l13



大事に育てて生きたいですね☆
  • Edit
  • 15:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top