天然記念物アユモドキの成魚増加 亀岡で調査

天然記念物アユモドキの成魚増加 亀岡で調査

 国の天然記念物の淡水魚「アユモドキ」の保護活動が4日、京都府亀岡市内の生息地で行われた。市職員らが桂川支流の川に入ってアユモドキの繁殖状況を調査した結果、順調な成育が確認された。

ホテル・旅館ランキング(近畿/京都)

 アユモドキは、同市と岡山県の一部でのみ生息しているとされ、亀岡でも近年は個体数が減少傾向にある。そうした中、行政や地元住民でつくる「亀岡市保津地域アユモドキ保全協議会」などが毎年、アユモドキの産卵期に合わせて保護活動を実施している。
 参加者たちは川の流れを止めた後、水たまりに隠れたアユモドキを網で丁寧にすくい、1時間ほどの作業で計149匹を確認。アユモドキの体長などを計測した後、上流の産卵場所で放し、密漁防止のため周辺をパトロールした。
 関係者は「一昨年に大量に生まれた稚魚が産卵を迎える年だが、期待通り順調に育っている。昨年より成魚が増え、繁殖に加わる数も増える可能性が高い」と興奮気味に話していた。
京都新聞 6月5日(日)10時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110605-00000006-kyt-l26



アユよりもモドキの方が価値があるのかな!?
スポンサーサイト



  • Edit
  • 16:50
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ミヤコサワガニ 天然記念物に 県が指定53件目

ミヤコサワガニ 天然記念物に 県が指定53件目

 県教育委員会(比嘉梨香委員長)は15日、ミヤコサワガニを県指定天然記念物に指定した。7日に県文化財保護審議会(上江洲敏夫会長)が答申していた。宮古島全域のミヤコサワガニが指定対象となる。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 ミヤコサワガニは、宮古島固有のサワガニ。水中で活動することが多く、夜行性で陸産貝類や水中の有機物を摂食する。「当該種は琉球列島の地史を検討する上で貴重」などの理由で指定が決まった。
 保護の課題として、稚ガニが捕食される可能性が高いヤエヤマイシガメなど外来種対策や、数カ所に限定されている生息地の保全が挙げられている。
 県指定天然記念物としては1995年の琉球犬などについで53件目となる。
琉球新報 9月16日(木)10時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000011-ryu-oki



大切にしたいですね☆
  • Edit
  • 21:56
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

滝ノ拝が県文化財に 名勝・天然記念物は3件目

滝ノ拝が県文化財に 名勝天然記念物は3件目

 和歌山県教育委員会は16日、奇岩と清流で知られる滝ノ拝(古座川町小川)など8件を新たに県文化財に指定した。名勝天然記念物の指定は滝ノ拝で3件目。県文化財は542件になった。
 滝ノ拝は、古座川最大の支流、小川の河川敷にある。
 県教委によると、小川の河床には約1600万年前の海成堆積(たいせき)物である熊野層群下里累層の上部層が露出している。
 砂岩と泥岩で構成されており、通常は風化浸食に対する強度差で、洗濯板状になることが多い。しかし、滝ノ拝は1400万年前の火山活動の影響で砂岩と泥岩がしっかり結びついたことで、多数の円形のくぼみ、甌穴(おうけつ)が形成されたという。
 滝ノ拝はその特異な景観で古くからの名勝地。釣り人も多く訪れ、地形を利用して滝つぼに釣り糸を垂らし、さおを上下させる特有の漁法「とんとん釣り」の伝統が残る。
 県教委文化遺産課は「多様な形態を持つ甌穴群は、県内で珍しい。気軽に訪れることができ、指定を機に多くの人に見てもらえれば」と話している。
 このほか、新たに指定した文化財は次の通り。
 近代和風建築として価値が高い「濱口家住宅」(広川町)▽現存する最初期の作品「那智参詣曼荼羅(まんだら)」(田辺市湊、闘鶏神社)▽室町時代の特徴を示す「木造不動明王二童子像」(田辺市本宮町、東光寺)▽中世の紀年銘を持つ「文台」と「すずり箱」(同、熊野本宮大社)▽ほとんど欠損部がない「有本銅鐸(どうたく)」(和歌山市)▽紀州藩ゆかりの武術「関口新心流柔術・居合術・剣術」(和歌山市、保持者・関口芳夫さん)
 熊野本宮大社所蔵品が指定されるのは約40年ぶり。「那智参詣曼荼羅」は奈良国立博物館に寄託中。
3月17日17時14分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100317-00000000-agara-l30



いろいろなものが文化財になるんですね☆
  • Edit
  • 08:05
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

在来種27個体死ぬ わなに天然記念物4594匹

在来種27個体死ぬ わな天然記念物4594匹

 環境省那覇自然環境事務所と県はこのほど、2000年から09年9月末までに実施したマングース防除事業による捕獲動物と捕獲数をまとめた。外来種ジャワマングースだけでなく、国の天然記念物のリュウキュウヤマガメ、アカヒゲ、ヤンバルクイナなど4594個体を含む在来種5906個体が混獲され、わなが原因で27個体が死んだ。
 環境省が本島北部で実施している防除のわなに、国の天然記念物で絶滅危惧(きぐ)種のオキナワトゲネズミがかかり、誤って殺処分された問題に関連し、防除事業の詳細の公表を求めていた命の森・やんばる訴訟原告団に対し、16日までに文書で回答があった。
 回答によると、主な外来種の捕獲数はジャワマングース1万91匹、クマネズミは1万1984匹、ネコが1530匹と続いた。
 在来種では、リュウキュウヤマガメ2017匹、オカヤドカリ類1346匹、アカヒゲ969羽、ヤンバルクイナ216羽などで国の天然記念物が目立った。
 防除わなは、捕殺式と生け捕り式の2種類があり、捕殺式わなにケナガネズミが3匹、アカヒゲ2羽、オカヤドカリ類5匹がかかり死んだ。生け捕り式わなは、作業員が毎日点検し、混獲された在来種は発見後すぐに放されるが、生け捕りされたアカヒゲのうち17匹が風雨にさらされたことなどで衰弱死していた。
 同事務所によると、今年4月に誤殺処分されたオキナワトゲネズミもこれまで合計14匹が捕獲され、事故発覚後にも8匹、クマネズミ584匹が捕獲されたが、識別ミスによる誤殺はないという。
 同省は「在来種の混獲をなくそうとすると、マングースは完全に排除できず在来種の生息がいつまでも脅かされる」との認識で、混獲の低減を図りながら防除を続ける方針だ。
 防除事業には、09年度までに国が2億5千885万1千円、県が15億1千335万6千円の予算を投入している。

<国と県によるマングース防除事業で混獲された国の天然記念物>(2000年から09年9月末現在)
  種名        捕獲数合計 わなで死んだ数
1 リュウキュウヤマガメ 2017   0
2 オカヤドカリ類     1346   5
3 アカヒゲ          969  19
4 ヤンバルクイナ     216   0
5 ケナガネズミ        32   3
6 オキナワトゲネズミ    14   0
  合計           4594   27
※オカヤドカリ類は識別困難で種まで同定できず。
※オキナワトゲネズミの誤殺処分は含まず。

12月26日11時30分配信 琉球新報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091226-00000011-ryu-oki



他に効率的に捕獲する術がなければ、しょうがないのではないかと思いますが。
  • Edit
  • 11:33
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

県の名勝・天然記念物へ 古座川町の滝ノ拝

県の名勝天然記念物へ 古座川町滝ノ拝

 和歌山県教育委員会は古座川町小川の景勝地「滝ノ拝」を県の名勝天然記念物に指定する準備を進めている。順調にいけば、来年4~6月に指定される予定。地元住民らは「素晴らしい場所なので、指定を受けてうまく活用し、もっと多くの人に見に来てもらいたい」と期待している。
 県教委と古座川町教委が以前から話を進めていた。
 県教委によると、小川の河床には約1600万年前の海成堆積(たいせき)物である熊野層群下里累層の上部層が露出しているという。砂岩と泥岩が積み重なった地層で、滝ノ拝付近は約1400万年前の火山活動により砂岩と泥岩がしっかり結びついたことで、甌穴(おうけつ)が形成されたという。
 滝ノ拝の甌穴群は、連結したり滝になったり多様な形態をしており、県内でも珍しいという。景観美も合わせて重要と考え、滝ノ拝橋の上流約80メートルから橋の下流50メートルまでの延長約130メートル、幅約40メートルを指定することを検討している。指定されれば、甌穴としては3番目の県指定天然記念物になる。
 6日、小川生活改善センターで開かれた説明会には、地元住民ら約20人が出席。県教委文化遺産課の職員2人が指定までの行程を話した上で、指定された場合、保存に影響を与える行為は県教委の許可が必要になり、河床を削るなど甌穴群や景観を損なう行為は許可できないことを説明した。これまで集客イベントとして行ってきた、ろうそくによるライトアップや、アユ釣りなどは問題ないという。
 出席していた古座川漁協の組合員から「滝ノ拝にある魚道が傷んでアユが上らなくなっている。整備する場合、許可は出るのか」と質問があり、県教委の担当者は「相談が必要だが、景観になじむように修復するならば許可が出る」と答えた。
 県教委の担当者は「今まで滝ノ拝は古座川町と地元住民によって守られてきたが、これからは県の宝として守っていきたい。多くの人に見てもらいたい」と強調。出席者の中で、指定への動きに反対する人はいなかった。
 12月に指定申請書を作成して提出し、来年2月に県文化財保護審議会で諮問・答申される。
 甌穴 河床などのくぼみに入り込んだ石が水流の渦で回転して河床を削り、円形の穴に拡大したもの。川底が水の浸食で下がり、丸い穴が地表に現れたもので、かつてその場所が川底であったことが分かる。
11月10日17時8分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091110-00000003-agara-l30



いい雰囲気のところですね☆
  • Edit
  • 00:02
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top