宿泊横ばいも売り上げ増 国民宿舎、あらふねリゾート

宿泊横ばいも売り上げ増 国民宿舎、あらふねリゾート

 串本町田原にある町施設「国民宿舎 あらふねリゾート」の指定管理者が、ホテルOBらでつくる「あらふね会」(同町西向、渡辺千鶴香代表)に決まり、運営を始めて4カ月が過ぎた。宿泊者数は前年と比べほぼ横ばいだが、さまざまな工夫をし、宿泊費や飲食費、温泉入浴費、土産物販売などを合わせた売り上げは伸びている。

【民宿・ペンション特集】リーズナブルでアットホームな雰囲気。家族旅行はもちろん、カップルやグループでのご利用もおすすめです!

 町は公営施設の運営を民間に委ねる指定管理者制度を導入し、大阪府の業者にあらふねの運営を委託していた。期間は2008年4月1日から10年間の協定だったが、業者が不採算事業の整理を理由に途中で撤退したため、町が新たに公募。あらふね会が応募し、今年4月1日から運営している。期間は13年3月末まで。
 同会が最初に取り組んだのが南国をイメージした雰囲気づくり。以前は簡素な雰囲気だったが、施設内外にヤシの木を配置したり、屋外にハイビスカスを飾ったりし、フロアのいすにはウミガメの絵が入ったカバーを取り付けた。利用客からは「雰囲気が良くなった」などと好評という。
 施設の設備も改修。計138人が宿泊できる34の客室には、無料で利用できる冷蔵庫を設置。部屋のトイレも温水洗浄便座に改修中。娯楽室には最新の全身マッサージチェアを3台導入した。売店コーナーも増やし、各地からの焼き物や古着をリメークした物などを委託販売。串本の塩や重畳山のポンカンジュースなどの地元産品も多く販売している。
 宿泊者数は4月299人(前年比102%)、5月590人(同97%)、6月212人(同100%)、7月636人(同97%)とほぼ横ばいだったが、売り上げは4月が前年比105%、5月同107%、6月同154%、7月同105%と増えた。串本町から那智勝浦町の範囲で、マイクロバスによる無料送迎を始めた結果、食事に訪れて飲酒する地元客が増えたことや、売店の売り上げが以前の3倍に増えたことなどが要因という。
 新たな試みとして、大学のサークルやゼミの合宿に利用してもらおうと呼び掛けたところ、7月下旬から9月前半まで関西圏の8校が訪れる。海水浴場があり、安価に宿泊でき、地理的にも近いことから選ばれているという。室内犬との宿泊もできるようにした。
 大きな会議室の利用が少ないため、結婚披露宴場としても貸し出す。料理は3千円から受け付ける。もっと幅広く活用してもらうために、地元住民の教室や展示会場としても提供していきたいという。
 渡辺代表は「お客に満足して帰ってもらうのが鉄則。利用者にアンケートに答えてもらっており、要望などをすぐに反映できるようにしている。地元の人にも気軽に利用してほしい」と話している。
8月5日17時2分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000004-agara-l30



泊まってみたい!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 23:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

民家に宿泊、元気な声こだま 初の小学生受け入れ

民家に宿泊、元気な声こだま 初の小学生受け入れ

 民家での宿泊体験事業の整備を進めている和歌山県すさみ町は4日、初めて小学生を受け入れた。訪れたのは印南町の清流小学校5、6年生20人。宿泊先となった民家では、子どもと地元の人が交流し、にぎやかな声がこだました。

食べて、遊んで、みんなでわいわい!民宿・ペンション特集

 総務省、文部科学省、農林水産省の連携事業で、全国の小学生に田舎体験をさせる「子ども農山漁村交流プロジェクト」が2013年度に本格稼働する。それを前に、県の受け入れ推進地域に指定されているすさみ町でも昨年度から準備に力を入れてきた。
 清流小の児童は4日から2泊3日の日程で海水浴や昼イカ漁業体験、リバートレッキングなどを楽しんでいる。民家での宿泊は4日から1泊で、和深川地区3 軒と口和深地区、周参見地区各1軒の計5軒が3~5人ずつ受け入れ、一緒に夕食を楽しんだり、話をしたりして交流した。
 同町和深川の内田基生さん(72)、治美さん(72)夫妻のもとには6年の稲田肖華さん(11)、大村捺真さん(12)、5年の大樫ももさん(10)、脇本優花さん(10)の4人が宿泊した。内田家の夕食は庭でのバーベキュー。4人は内田さん手作りの野菜を切ったり、食器を運んだりして準備をし、会話を楽しみながら、舌鼓を打った。内田さんの親せきの岩田慶子さん(50)も参加した。
 稲田さんは「近くにどんな面白い場所があるのか聞きたい」、大村さんは「一緒に話をして、すさみのことを聞きたい」、大樫さんは「みんなでご飯を食べるのが楽しい。自分の住むところと違うところを教えてほしい」、脇本さんは「ママに会いたくなるかもしれないので、ちょっと不安はあったけど優しい人でよかった」と話した。
 基生さんは「孫が来たようだ」、治美さんは「和深川地区には子どもがいないので、にぎやかになっていい。大きくなってからもぜひ来てほしい」と話した。
 中本賢校長は「清流小にとっても民家に泊めてもらうのは初めて。仲間意識をはぐくんだり、地元の人との交流で人の温かさを感じたりしてほしい」と話した。
8月5日17時3分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000002-agara-l30



いい思い出になりますね☆
  • Edit
  • 22:46
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

節約・混雑イヤ…夏は日帰りか、旅行せず

節約混雑イヤ…夏は日帰りか、旅行せず

 景気低迷で、夏の行楽を控える傾向が高まっていることが、楽天リサーチの調査で浮き彫りになった。

 7~9月の休暇の過ごし方を調べたところ、「宿泊を伴う国内旅行」に行くと回答したのは最も多い8月でも22・0%にとどまり、「どこにも行かずに巣ごもる」と回答した人の47・3%(7月)、33%(8月)、48・7%(9月)を大きく下回った。

 旅行に行かない理由(複数回答)は「お金がない・節約のため」が54・9%でトップ。次いで「どこも混雑するから」(36・7%)、「行きたいところがない」(17・7%)の順だった。

 また、レジャー費用を「昨年よりも減らす」人は31・5%で、「昨年よりも増やす」の15・5%を大きく上回った。7~9月のレジャー予算も5万円未満が50・5%と過半数を占めた。

 楽天リサーチは、「景気低迷のあおりを受け、レジャーは低調」と分析している。

 調査は6月24~25日、全国の20~69歳の男女計1000人を対象にインターネットで行った。

7月11日15時2分配信 読売新聞


旅行・観光関係は厳しい状況が予想されますね☆
  • Edit
  • 15:46
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top