釣り情報:【白杉】小アジが回遊 サビキで10-15センチ

釣り情報:【白杉小アジ回遊 サビキで10-15センチ

 舞鶴の白杉で、例年になく小アジ回遊している。いつもの年なら、全く釣れない日やぽつぽつしか上がらない日が多いが、今季は珍しく、よい釣果が出ている。
 
 釣れているのは、体長10~15センチ。夏場に釣れる豆アジより大きい。昨年暮れから釣れており、冬場のため、よく回遊する日とそうでない日があるが、水温が高いせいか、釣れる日が多い。
 
 サビキ仕掛けで狙うが、群れが運よく回っていれば3ケタの釣果も期待できる。福知山市下荒河の丹後釣具店、谷口良子さんは16日に釣行し、刺し身にでもできる大きいアジがまじったという。
 
 同店によると、その後も相変わらず回遊している。釣れるポイントは、日によって違うが、よく上がっているという。
 
■「週末の舞鶴湾の潮位■
 【30日】満潮=0時58分(24センチ)15時34分(13センチ)▽干潮=8時55分(マイナス15センチ)20時9分(6センチ)
 
 【31日】満潮=1時58分(24センチ)16時2分(13センチ)▽干潮=9時40分(マイナス15センチ)21時9分(3センチ)
1月29日17時18分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100129-00000306-rtn-l26



釣り好きには全然寒くないんでしょうね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 17:35
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

【宮津】小アジが入れ食い

宮津小アジが入れ食い

 小アジ釣りがシーズンを迎えている。宮津、舞鶴の防波堤や漁港では、夏休み中の子どもを連れて一緒にアジ釣りを楽しむ人らでにぎわっている。

 釣れているのは、体長8センチから15センチのもの。この時期は、どこの堤防にも群れが回遊しており、日ごろ釣りをしない人でも足を運んでいる。

 小アジ釣り専用のサビキ仕掛けと寄せ餌のアミエビを買って出かける。仕掛けを付け、アミエビを入れたかごを海中に落とし込むと、竿先から当たりが伝わる。うまく群れが回れば入れ食い。3ケタの釣果にもつながる。

 19日に2年ぶりに宮津の栗田漁港に出向いた。午前中だったため人影は少なかったが、小アジはよく釣れていた。

この時は体長8センチ程度のものが中心で、3、4匹が連で上がってきた。

 釣り人は「この前来た時は15センチ程度のものも釣れたが、きょうは小さい。時間的なこともあるし、仕掛けを深く落とせば大きめのアジが来る。ただ調理するのはこのサイズがいい」と話していた。
8月20日16時20分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090820-00000002-rtn-l26



おいしそう♪
  • Edit
  • 22:21
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top