多摩川「二子の渡し」86年ぶり復活、親子連れら体験 川崎

多摩川「二子の渡し」86年ぶり復活、親子連れら体験 川崎

 かつて大山街道を往来する人や物資を運んだ多摩川の渡し舟「二子の渡し」が29日、川崎市高津区と東京都世田谷区を結ぶ二子橋付近で、一日限定ながら86年ぶりに復活した。

 地域の歴史的な資源を活用しようと、市民グループや行政などでつくる「大山街道アクションフォーラム」と高津区役所が主催した。

 二子の渡しは、農作物などの運搬や、大山詣での“足”として古くから利用され、河原は茶屋などでにぎわっていたという。しかし、二子橋の完成に伴い1925(大正14)年に廃止された。

 イベントには親子連れら約60人が参加。二子の渡しを紹介する紙芝居を見た後、全長約5メートルの和船に交代で乗り込み、約300メートル離れた世田谷区の対岸まで5分ほどかけて渡った。

 高津区の小学1年の男児(6)は「楽しい」と笑顔。母親(40)は「今は便利な世の中になったけど、昔の体験ができてよかった」と喜んでいた。
カナロコ 10月30日(日)9時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000005-kana-l14



乗ってみたい!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:02
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「多摩川春のアユまつり」アユの遡上見学や放流も、多摩川の宿河原堰付近で4日にまつり/川崎

「多摩川春のアユまつり」アユの遡上見学や放流も、多摩川の宿河原堰付近で4日にまつり/川崎

 アユが川を遡上(そじょう)する様子などを楽しむ「多摩川春のアユまつり」が4日、川崎市多摩区宿河原の二ケ領宿河原堰(せき)付近で開かれる。



 多摩川に親しんでもらおうと、川崎河川漁業協同組合の主催で7回目。多摩川に復活したアユの一生を描いた紙芝居の上演や、稚アユが魚道を遡上するようすを観察するほか、堰を上れなかったアユの放流を実施。多摩川で捕れた天然アユの甘露煮も振る舞われる。イベントに先立って、会場付近の清掃活動を行うため、参加者はレジ袋を1枚持参する。

 また、東日本大震災の影響などで飼えなくなったカメを引き取る「里親」も当日募集する。里親になるには、会員登録などが必要。

 午前10時から午後2時まで。参加費無料。雨天中止。問い合わせは同組合総代の山崎充哲さん電話090(3209)1390。
カナロコ 5月3日(火)9時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110503-00000003-kana-l14



GWにはもってこいのイベントですね☆
  • Edit
  • 10:21
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「かわさきの浜」潮干狩り、昨夏の猛暑で今年はアサリ少なめ/川崎

「かわさきの浜」潮干狩り、昨夏の猛暑で今年はアサリ少なめ/川崎

 昨年4月、およそ半世紀ぶりに潮干狩りが解禁となった川崎市川崎区にある東扇島東公園の「かわさきの浜」。2年目となる今年は、昨夏の猛暑の影響でアサリは少なめで、大きさもまだ小さいという。



 市港湾局によると、昨年は4月29日に潮干狩りを解禁。ゴールデンウイーク(GW)の1週間だけで2万5千人以上が訪れ、わずか10日ほどでアサリがほとんど採れない状態になった。その後、稚貝が増えていったが、夏から秋にかけて大幅に減少した。猛暑の影響とみられるという。

 潮干狩りシーズンを控え、現在は貝毒の検査中。当初は3月下旬に実施予定だったが、東日本大震災に伴う計画停電の影響でずれ込んだという。

 同局港営課は「GWには間に合うと思うが、まだアサリは小さいものが多い。ルールを守って潮干狩りを楽しんでほしい」としている。ルールは(1)2センチ以下の貝類の持ち帰り禁止(2)幅15センチ以上の器具の使用禁止(3)採取量は1人当たり2キロ未満。
カナロコ 4月15日(金)17時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000028-kana-l14



半世紀ぶりというのが何やらオゴソカな感じですw
  • Edit
  • 06:09
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

夏休みにカヌーはいかが、8月の教室参加者募集/川崎・多摩川

夏休みにカヌーはいかが、8月の教室参加者募集/川崎・多摩川

 夏休みの恒例イベント「多摩川カヌー教室」が8月21日、川崎市中原区の多摩川で開かれる。主催の市は参加者を募集している。参加費千円。



 多摩川の自然に触れられるほか、水上事故に備えた救急法の知識を習得できる。今年は中流に位置する丸子橋付近を起点に、水深1メートルほどの河口をカヌーやボートで周遊する。荒天の場合は22日に延期する。

 対象は、小学5年生以上の市内在住・在勤・在学者。定員は午前、午後の部各60人。応募方法は、往復はがきに住所、氏名、電話番号などを明記し郵送する。応募先は、〒210―8577、川崎市川崎区宮本町1番地「川崎市市民・こども局市民スポーツ室 多摩川カヌー教室係」。締め切りは7月28日(当日消印有効)。

 問い合わせは、川崎市市民・こども局市民スポーツ室電話044(200)3245。

7月3日16時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100703-00000027-kana-l14



私が子供の頃は、丸子橋付近は非常に汚かったですが、今は綺麗になったのかな?
  • Edit
  • 17:27
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

身近な自然に親しんで/川崎・多摩川で児童が課外授業

身近な自然に親しんで/川崎多摩川で児童が課外授業

 多摩川にすむ生き物に触れようと、川崎市立上丸子小学校(同市中原区上丸子八幡町)の四年生と、対岸にある東京・大田区立嶺町小学校五年生の児童計約百六十人が二十七日、同市中原区の多摩川流域で合同課外授業を実施した。アユテナガエビなどを目にした児童は目を輝かせていた。

 同授業は多摩川流域で町おこしを行う特定非営利活動法人(NPO法人)「多摩川塾」が、「身近な自然に親しんでもらいたい」と小学生を対象に開いている。三回目の今回は、春に海からさかのぼってきた魚を観察した。

 この日は川の流れが速かったため、児童が直接川に入ることはできなかったが、バケツを手に川岸で待機。教諭らが捕獲した魚を受け取るとすかさず手で触るなど、初めて手にした生き物に興味津々だった。

 捕獲した魚は、全長三センチのウキゴリ(スズキ目ハゼ科)や、熱帯に分布するテナガエビなど小さなものから、全長三十センチを超えるコイまでさまざま。一時間で約三百五十匹を超える“大漁”に、上丸子小の小金井美愛さん(9)は「こんなにたくさん捕れるなんてびっくり。すいすい泳いでいて気持ちよさそうだった」と笑顔で話した。

 捕まえた魚は児童の手で川に返され、一部は研究のため上丸子小に引き取られた。

4月27日18時0分配信 カナロコ



川の両岸の小学校での共同授業なんていいですね☆
  • Edit
  • 22:16
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top