日本で最も歴史あるカジキ釣り大会、志摩・大王崎沖で-今年は振るわず /三重

日本で最も歴史あるカジキ釣り大会、志摩・大王崎沖で-今年は振るわず /三重

 大物カジキを狙って競い合う第3回志摩ビルフィッシュトーナメント(志摩BFT)が8月28日・29日、志摩・大王崎沖を舞台に開催された。主催は志摩ビルフィッシュトーナメント実行委員会。(伊勢志摩経済新聞)

最安値比較!民宿・ペンション予約

 同大会は、これまで日本で最も古く伝統ある大会だった「中日ビルフィッシュトーナメント」(中日トローリングクラブ主催)を継承し、3年前から志摩市や同市観光協会らとともに地域を巻き込んだ大会となり「志摩BFT」と改名。過去の大会から数えると25回目となる。

 26チーム約100人が参加して臨んだが、2日間通してシイラを3本釣り上げただけでカジキは1本も釣れなかった。7月に開催された鳥羽BFTでは2日間合わせて66本が上がっただけに、参加者も大会関係者も肩を落とした。優勝チームはシイラ14.2キロを釣り上げた「リーベ」チームだった。

 実行委員長の山崎昭さんは「今回は残念な結果に終わってしまった。来年に期待したい」とコメントを残した。トローリング専門店の山和フィッシング(志摩市阿児町鵜方)の山本和史店長は「鳥羽BFTで66本も上がっている同じ大王崎沖のポイントは、魚種・魚数ともに豊富な漁場。今回は黒潮からの潮流に恵まれなかったのに加え、異常な海水温の上昇が原因では?と聞く。参加艇は、カジキ釣りにおいては経験豊富な優勝候補ばかりだったのに、同じ海域でありながら 1カ月前と大会結果の明暗がくっきり分かれた。改めて『自然の厳しさ』『限られた条件・ルール下で本命を釣ることの難しさ』を痛感した」と説明する。

 鳥羽BFTで99.6キロのクロカワカジキを釣り上げ注目を集めた中学2年生の清水美海(みみ)さんもキッズ部門の日本記録となる158キロのカジキを狙ったがヒットしなかった。小学6年生の野村昴(すばる)さんも清水さんをライバル視しながら参加したがヒットなく、2人のキッズ対決は次回に持ち越された。
8月30日14時25分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100830-00000025-minkei-l24



今後も楽しみですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 06:15
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

珍しい自然現象「サンピラー(太陽柱)」-早朝の志摩の海から幻想的に出現 /三重

珍しい自然現象サンピラー太陽柱)」-早朝の志摩の海から幻想的に出現 /三重

 さまざまな自然条件が揃った時にだけ出現するという珍しい自然現象太陽柱サンピラー(sun pillar)」が11月21日、志摩の海から出現した。伊勢志摩地方の美しい自然や祭りなどを撮り続けるアマチュアカメラマンの堀松批佐さんのカメラのレンズにも太陽の柱が映った。志摩の横山展望台から観測。(伊勢志摩経済新聞)

【関連画像】 光の柱はさらに太く美しくなっていった。志摩の海に「太陽柱サンピラー)」

 この日の日の出時刻は6時31分だったが、薄い雲が水平線の上を覆っていた。日の出時刻を過ぎると空が赤色から黄色、そして青色に変化していった。6時 35分ごろ、朝日が出る方角に一筋の光が現れると、その光が集まり光の柱を作った。6時44分に朝日が現れると光の柱は約3分間輝き、その後何もなかったかのように消えていった。

 その光の柱のことを「太陽柱サンピラー)」と呼ぶ。大気中の氷の結晶に太陽の光が反射してでき、寒い日の早朝や夕暮れなどに見られる。偶然が重なりさまざまな気象条件が揃ったときにだけ、太陽から垂直に空に向かって光の柱が長く伸びる。

 10月にも夕日のサンピラーを撮影した堀さんは「小さいサンピラーは何度か見たことがあるが、こんなに美しく長いサンピラーは今回で3回目」と話す。

 1956(昭和31)年~1999(平成11)年3月まで志摩観光ホテル(志摩市阿児町賢島)に勤務した堀さんは、退職と同時にカメラを趣味に。「これまで観光産業に従事し生計を立てさせていただいた感謝の気持ちとして、少しでも伊勢志摩の観光産業に恩返しができれば――」と伊勢志摩の美しい風景や祭りなどを、5年前から自身のブログ「伊勢志摩つれづれ」「伊勢志摩の風景写真」で毎日更新している。

 「今でも初めてここ(横山展望台)から見た富士山は感動的だった。本当に美しいこの伊勢志摩の自然を、現地に足を運んで直接見てほしい」(堀さん)とも。

11月21日13時29分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091121-00000004-minkei-l24



神々しいですね☆
  • Edit
  • 21:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

伊勢エビ刺し網オーナー、1日漁師体験で伊勢エビ丸かじり-志摩の国漁協 /三重

伊勢エビ刺し網オーナー1日漁師体験で伊勢エビ丸かじり-志摩の国漁協 /三重

 志摩の国漁協和具青壮年部(片山孝治部長)主催の「伊勢エビ刺し網オーナー体験」が10月24日、志摩志摩町の和具漁港であった。オーナーは、現役の漁師らと一緒に漁船に乗り込み、漁の楽しさと厳しさを体験、三重県ブランドでもある志摩産の伊勢エビのおいしさを体感した。(伊勢志摩経済新聞)
【志摩】
 オーナー制度は、4隻の中から1隻を選び、選んだ船の刺し網にかかった伊勢エビや魚を分配するというルール。船によって漁獲量が前後することやオーナーの人数によって山分けする量が増減するため、参加者は大きな期待を抱いて参加した。

 この日は、県内外から応募のあった約60人のオーナーとその家族ら約200人が和具漁港に集合。乗船希望者が、4隻の漁船に乗り込み、漁港の沖合い約2 キロに仕掛けた網に向かい、漁師らと刺し網を引き上げた。引き上げた網には伊勢エビやサザエ、カワハギなどがかかっていた。中にはハリセンボンやエイなど針に刺されるとけがをするものもかかり、漁師らは参加者にけがをさせないよう優しく注意を促した。

 帰港後、各隻ごとに網にかかった伊勢エビ、サザエなどの貝類、魚を家族や仲間と一緒になって丁寧に外し、全員で山分けし、その場で土産用に梱包したり、刺身やバーベキューで捕れたての新鮮な伊勢エビを堪能、振る舞いの伊勢エビ汁やてこね寿しとともに志摩の味を楽しんだ。当日は志摩いそぶえ会(同)による伊勢エビのさばき方講習コーナーも用意された。

 各船の漁獲量は、敏司丸=23キロ(1口当たり1.9キロ)、片山丸=28キロ(同2.1キロ)、政丸=25.5キロ(同1.4キロ)、大山丸=18.5キロ(同1.3キロ)。今年は片山丸が昨年最階位だった雪辱を果たして優勝した。

 夫婦で参加した奈良県宇陀市在住の中村正徳さんは「すっかりエビを堪能した。お土産もたっぷりでき、また来年参加する」と伊勢エビをほうばりながら話した。

 同部は、伊勢エビのブランド化を目指したPRのため同25日10時から、インターネット上で伊勢エビ1キロ詰め合わせ(2~5匹)を6,500円(送料込み)で販売中。毎年すぐ完売するほどの人気になっている。
10月25日18時11分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091025-00000003-minkei-l24



獲れたては格別でしょうね☆

  • Edit
  • 21:25
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

わらじ祭:海の安全と大漁祈願、大わらじ流し--志摩・波切神社 /三重

わらじ祭:海の安全と大漁祈願、大わらじ流し--志摩波切神社 /三重

 志摩市大王町の波切神社で、海の安全と大漁を祈願する神事「わらじ祭」=県無形民俗文化財=が催され、大わらじが若者たちによって太平洋に流された。
 海に住み悪さを繰り返す巨人のダンダラボッチに手を焼いた村人が、さらに大きな巨人がいると思わせるため、大わらじを編んで海に流した--という伝説にちなみ、行われるようになった。300年の伝統がある。
 午前中、波切神社でおはらいの後、5人の稚児が大わらじ(長さ2・5メートル、幅1・3メートル)を引く神事があった。大わらじは町民ふれあい祭りのイベント会場で展示され、午後3時半、神社下の須場の浜に降ろされた。
 大わらじには巨人が好物の2匹のブリが載せられ、七人婆(しちにんばあ)と呼ばれる女性たちが「祝い歌」を歌って海の安全と大漁を祈った。この後、さらし姿の若者4人が担いで太平洋に流した。
 浜や堤防では1000人を超す観光客や地元民が見守った。【林一茂】
〔伊賀版〕
9月17日12時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000027-mailo-l24



伝統を感じますね☆

  • Edit
  • 20:52
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

観光キャンペーン:「もっと元気になる旅」をPR--伊勢、鳥羽、志摩 /三重

観光キャンペーン:「もっと元気になる旅」をPR--伊勢鳥羽志摩 /三重

 伊勢鳥羽志摩3市へ観光客を呼び込む「伊勢志摩キャンペーン」が、10月1日から来年3月31日まで実施される。実行委員会の会長を務める伊勢市の森下隆生市長が県庁で会見し、「多くの人に伊勢志摩を楽しんでもらい、2013年の式年遷宮の時にもう一度来てもらえるようにしたい」と話した。
 5年目となる今回は「もっと元気になる旅」をメーンテーマに、伊勢志摩地域の食や自然、架け替えた宇治橋の渡始式(11月)などの伊勢神宮の関連行事にスポットを当て、多彩なイベントを展開する。パンフレットは近鉄主要駅で。問い合わせは実行委(0596・44・0800)。【岡大介】
三重版〕
9月8日12時2分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000057-mailo-l24



創意工夫でがんばりましょう!


  • Edit
  • 19:56
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top