天然記念物アユモドキの成魚増加 亀岡で調査

天然記念物アユモドキの成魚増加 亀岡で調査

 国の天然記念物の淡水魚「アユモドキ」の保護活動が4日、京都府亀岡市内の生息地で行われた。市職員らが桂川支流の川に入ってアユモドキの繁殖状況を調査した結果、順調な成育が確認された。

ホテル・旅館ランキング(近畿/京都)

 アユモドキは、同市と岡山県の一部でのみ生息しているとされ、亀岡でも近年は個体数が減少傾向にある。そうした中、行政や地元住民でつくる「亀岡市保津地域アユモドキ保全協議会」などが毎年、アユモドキの産卵期に合わせて保護活動を実施している。
 参加者たちは川の流れを止めた後、水たまりに隠れたアユモドキを網で丁寧にすくい、1時間ほどの作業で計149匹を確認。アユモドキの体長などを計測した後、上流の産卵場所で放し、密漁防止のため周辺をパトロールした。
 関係者は「一昨年に大量に生まれた稚魚が産卵を迎える年だが、期待通り順調に育っている。昨年より成魚が増え、繁殖に加わる数も増える可能性が高い」と興奮気味に話していた。
京都新聞 6月5日(日)10時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110605-00000006-kyt-l26



アユよりもモドキの方が価値があるのかな!?
スポンサーサイト



  • Edit
  • 16:50
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

渓流釣り:秩父の荒川水系で解禁 成魚1.85トン放流 /埼玉

渓流釣り秩父荒川水系解禁 成魚1.85トン放流 /埼玉

 秩父地方の荒川本流と同水系14河川で1日、イワナヤマメなどの渓流釣り解禁になった。秩父市大滝の中津川や小鹿野町を流れる小森川などには、早朝から太公望が訪れさおを振った。
 秩父市の浦山ダム上流の浦山川には日の出前から釣り人が現れ、狙いをつけたポイントで初釣りを楽しんだ。朝の最低気温が3度と平年より5・4度も高い4月上旬の暖かさの中、朝のうちに18センチ前後のヤマメを30匹以上釣った人も。小川町から来た会社員、長谷部良司さん(51)は「午前3時過ぎに着いた。午前6時にさおを入れ、1時間半ほどで約20匹釣った」と笑顔。
 秩父漁業協同組合は、ヤマメニジマス成魚約1・85トンを、浦山川の220キロを最高に各河川に分散放流した。入漁料は年間券8400円。日釣り券は1600円(現場購入3000円)。問い合わせは同組合(電話0494・22・0460)。【岡崎博】
3月2日11時49分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100302-00000030-mailo-l11



いいですね☆
  • Edit
  • 20:35
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top