「ウモレオウギガニ」南方系の猛毒ガニ 捕獲しても食べないで すさみ町

「ウモレオウギガニ」南方系の猛毒ガニ 捕獲しても食べないで すさみ町

 和歌山県すさみ町口和深の沖合100メートル(水深2メートル)に仕掛けられたイセエビの刺し網に、南方系の猛毒ガニ「ウモレオウギガニ」が掛かっているのが27日朝見つかった。同町のエビとカニの水族館は「もし網に掛かっても食べないで」と話している。

 このカニは甲幅7センチの成ガニ。同日朝、生物採集のため網揚場に出向いていた水族館スタッフが発見。網を仕掛けた同町周参見、漁師の浜田幸雄さんに、猛毒のカニであることを説明してもらい受けた。今後、飼育展示する予定。

 ウモレオウギガニは、主に国内では鹿児島県から琉球列島に生息。体はあずき色をしている。すさみ町での発見は3例目。筋肉にサキシトキシンというまひ性貝毒の一種やフグ毒で知られるテトロドトキシンがある。10月下旬になっても海水温は25度前後と高く、今後も掛かる可能性があることから、水族館は県にも連絡して広く注意を呼び掛けている。
紀伊民報 10月27日(木)16時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111027-00000008-agara-l30



要注意ですね!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:08
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

国内最大のスッポン捕獲 城陽の木津川で

国内最大のスッポン捕獲 城陽の木津川で

 京都府城陽市の木津川でこのほど、在来種のスッポンで記録上日本最大となるニホンスッポンが捕獲された。甲羅の長さは38・5センチあり、これまでの最大記録を1・5センチ上回った。



 捕獲したのは、日本は虫両生類学会会員の中川宗孝さん(58)=城陽市富野=。7日に自宅近くの木津川でスッポンの生息調査のため仕掛けていた「もんどり」に入っていた。
 スッポンの体重は7・3キロあり、昨年、島根県の宍道湖で捕獲された日本最大のスッポン(37センチ、6・9キロ)を長さ、重さとも上回った。
 中川さんは「昨年5月にも35・5センチのスッポンを捕獲している。木津川はまだ自然環境が守られている」と喜んでいる。
 捕獲したスッポンは13日に神戸市の須磨海浜水族園に展示のため運ぶ。
京都新聞 5月12日(木)10時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000006-kyt-l26



さすがにデカイ!
  • Edit
  • 22:07
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

コクチバス:特定外来魚、紀の川水系で初捕獲 生態系への影響懸念--橋本 /和歌山

コクチバス:特定外来魚、紀の川水系で初捕獲 生態系への影響懸念--橋本 /和歌山

 在来種を食べる特定外来生物の魚「コクチバス」が4月末、橋本市只野の以賀尾(いがお)池で生きたまま捕獲された。紀の川水系で見つかったのは初めてで、名産のアユをはじめ生態系への影響が懸念される。レジャー釣り目的で違法に放流されたとみられ、県立自然博物館(海南市船尾)は漁協や環境省などに呼びかけ、拡散防止策を探る考えだ。



 同池のコクチバスを巡っては、同館がインターネット上の書き込みに気付き、昨年秋に現地調査を始めた。数匹を捕獲し、生息を確認。外来生物法は生きたまま持ち運ぶことを禁じているため、死なせて標本とした。その後、生きた状態で研究するため、国の許可を得て現地で約10回、捕獲を試みた。
 捕獲できたのは水温が上がってきた4月28日。体長11~25センチの雌雄9匹が釣れた。広い縄張りを持つコクチバスが同じ位置で釣れたことから、繁殖目的で集まっていた可能性が高いという。
 捕獲と同時に、同池などの生物調査も行った。特定外来生物の魚・ブルーギルはいたものの、小魚やエビ、カエルなどは見つからなかった。同池とつながる沢では、小魚などは生息していた。また、死んだコクチバスを数匹解剖し、胃を調べたところ、ユスリカやカゲロウの幼虫など小さな昆虫しかなかった。同館の平嶋健太郎学芸員は「強力な捕食者・コクチバスが池の生物を食べつくしたのではないか」と話す。
 同館によると、コクチバスが紀の川水系に拡散し、定着すると、アユをはじめ魚だけでなく、蛍などの幼虫やカエル、魚・昆虫を食べる鳥など生態系全体に影響が及ぶという。同法や、違法な放流による影響を学ぶ材料にと、同館は17日から、捕獲したコクチバスを展示する。【久木田照子】
………………………………………………………………………………………………………
 ■ことば
 ◇コクチバス
 「ブラックバス」と呼ばれる北米原産の魚の一種で、外来生物法で特定外来生物に指定されている。レジャーフィッシングで人気があり、国内では90年代に長野県の野尻湖などに持ち込まれ、東日本を中心に広まった。低水温や水流の速い場所でも生息できるため、繁殖による生態系への影響は極めて大きい。
毎日新聞 5月12日(木)13時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000156-mailo-l30



ビッグマウスなのにコクチバスなんですねw
  • Edit
  • 20:28
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

リュウグウノツカイ:境水道で捕獲、はく製に 海とくらしの史料館で展示へ /鳥取

リュウグウノツカイ境水道捕獲はく製に 海とくらしの史料館展示へ /鳥取

 ◇体長4.3メートル
 ◇貴重な資料、誘客も期待
 松江市美保関町宮谷沖の境水道で、名前が縁起のいい珍魚「リュウグウノツカイ」が捕獲された。体長4・3メートルで国内3番目の大物という。境港市は26日、「貴重な学術資料だ」として、はく製にして展示すると発表した。06年4月、巨大マンボウ(体長2・8メートル)のはく製を市立海とくらしの史料館展示したところ、好評を得て入館者が急増した。リュウグウノツカイで2匹目のドジョウを狙う。
 リュウグウノツカイは20日、釣り人が岸辺に浮かんでいるのを発見。仲間数人でロープで引き揚げた。捕獲時はまだ生きていたという。市内の水産団体の冷凍庫で保管している。
 市が調べたところ、東海大海洋科学博物館(東京)で展示中の体長5・18メートルと4・85メートルのはく製に次ぐ大きさらしい。国内ではほかに西海パールシーリゾート(長崎)の4メートルのはく製など数匹が展示されているという。
 リュウグウノツカイは水深1000メートル付近に住む深海魚。詳しい生態は不明。今年7月29日にもすぐ近くの境水道で体長1メートルのものが捕獲された。
 はく製化は、10年度当初予算で約450万円を組み、千葉県市川市の専門業者に発注する。10カ月程度かかるとされ、展示されるのは11年2月ごろになりそう。
 年間入館者が2万4000人前後だった同史料館は、西日本最大級のマンボウのはく製が展示された06年度、入館者が4万1000人に急増。マンボウ効果が評判になった。【小松原弘人】
11月27日16時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091127-00000188-mailo-l31



4.3メートルって、超巨大ですね☆
  • Edit
  • 20:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アライグマ捕獲7年で1000匹 田辺市

アライグマ捕獲7年で1000匹 田辺市

 和歌山県の田辺市は、2002年8月から農作物に被害を及ぼすアライグマ捕獲に取り組んでおり、旧市内の累積捕獲数が今年10月末で1000匹を超えた。捕獲場所はこれまで、農地がほとんどだったが、近年は市街地にも広がっている。アライグマの生態に詳しいふるさと自然公園センターの鈴木和男さんは「1000匹捕獲は農家の頑張りといえる。しかし、農地以外にも出没しており今後、生活環境への被害拡大が心配」と警戒している。
 旧田辺市アライグマ捕獲数には、外来生物法の防除対策捕獲と有害獣捕獲以外に交通事故、狩猟なども含まれており、10月末で1010匹となった。
 地域的に見ると、中芳養(200匹)と新庄(199匹)が最も多い。50匹以上の捕獲は、三栖地域128匹、上芳養113匹、稲成88匹、万呂地域56匹、上秋津55匹となっている。ここ1、2年は明洋や天神崎、湊小泉、上の山、朝日ケ丘、湊本通りなどの市街地でも捕獲されるようになっている。
 旧市以外の今年10月末までの累積捕獲数は、旧大塔村43匹、中辺路町46匹、龍神村17匹、本宮町2匹で、市全体で増加傾向にある。
 一方、周辺自治体では、白浜町が今年から防除のためのわなの貸し出しを始め、4月以降ですでに68匹を捕獲している。農地、家屋に関係なく捕れているという。上富田町では2004年から捕獲を始め298匹を数える。みなべ町では10年ほど前からアライグマを捕獲しており、今年も10月末で74匹となっている。
 県農業環境保全室によると、近年は紀北での被害が多くなり、伊都や那賀などでの捕獲が急増している。県全体の捕獲数は2008年度は1077匹で初めて1000匹を超えた。
 田辺市農業振興課は「アライグマ田辺市全体に広がりだしている。捕獲には許可がいるので、見掛けたり、被害が出たりした場合は、市に連絡してほしい」と話している。
11月25日17時6分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091125-00000001-agara-l30



天敵がいないのかな?
  • Edit
  • 18:23
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top