釣り情報【由良川】アユ、水位下がれば釣果期待 支流では釣れ出す

釣り情報【由良川】アユ、水位下がれば釣果期待 支流では釣れ出す

 由良川のアユ釣りが1日に解禁されたが、台風による大雨で水位が上がり、やや寂しい幕開けになっている。
 由良川漁協(谷垣謙治組合長)は、今シーズンは4000キロの稚アユを放流。さらに例年以上に天然アユのそ上が盛んで、期待を集めていた。


 
 ところが、解禁日は台風による大雨で川に入ることさえ出来ず、いつも竿の放列ができるポイントはひっそり。その後も梅雨空が広がり、水位があまり下がらない。
 
 例年なら解禁日から、生きたアユが福知山市内記一丁目の漁協事務所に持ち込まれるが、今年は8日朝現在、解禁6日目と7日目に計20匹余りが持ち込まれただけ。サイズは17センチから10センチ程度のものだった。
 
 漁協によると、いま入れるのは支流の土師川や牧川で、持ち込みはないものの、天候の回復とともに釣れだしているようだ。浅瀬では、アユの群れが見られるという。
 
 「本流もそろそろ川に入れるようになるだろう。好天が続き、餌になる藻が石につけば型も良くなる。ただ、先日の台風の大雨がアユにどう影響しているのか、若干心配です」と話している。

週末の舞鶴湾の潮位
 【11日】干潮=3時37分(16センチ)17時3分(12センチ)▽満潮=9時49分(30センチ)23時10分(25センチ)
 【12日】干潮=4時29分(20センチ)18時5分(9センチ)▽満潮=10時28分(32センチ)
 
両丹日日新聞 6月10日(金)22時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000302-rtn-l26



楽しみですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 05:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アユ漁:江の川、本・支流11河川で解禁 /広島

アユ漁:江の川、本・支流11河川で解禁 /広島

 県北部の江の川本・支流11河川で20日、県内のトップを切ってアユの友釣り漁が解禁され、待ちかねた釣りファンが一斉に初釣りを楽しんだ。



 好漁場の一つ、三次市作木町香淀の江の川でも、正午の解禁と同時に、県内外からやって来た釣りファンがウエットスーツに身を包み、ひざまで水につかって友釣りを満喫した=写真。水温20度で、コンディションは上々だったが、釣果は体長15センチ前後のアユを1時間に2匹平均。漁業権を持つ江の川漁協(辻駒健二組合長)は今シーズン、西日本最多の270万匹の稚アユを放流し、「アユの生育は上々。かなりの釣果が期待できそう」と、うれしい予測をしている。【小原勝】
毎日新聞 5月21日(土)13時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000195-mailo-l34



本日も朝から賑わっていることでしょうね☆
  • Edit
  • 06:41
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

支流に稚アユ300キロ 熊野川漁協が放流

支流に稚アユ300キロ 熊野川漁協が放流

 和歌山県の熊野川漁協は6日、熊野川支流に300キロの稚アユを放流した。

 放流したのは、県内の海で採捕、内水面漁連で蓄養された体長10センチ前後の海産稚アユ。田辺市本宮町静川の大塔川上流では150キロを放流。川に下ろしたホースの先から勢いよくアユが飛び出し、元気よく川を上っていった。この日、四村川にも150キロを放した。



 熊野川漁協は5月中旬までに、熊野川支流に計4・3トンを放す。熊野川漁協と三重県、奈良県の計6漁協でつくる熊野川漁連が管理する、熊野川本流と北山川は、4月28日に計11・8トンの放流を終えた。

 いずれも例年並みの放流量。海産や人工産、湖産を放流しているが、今年は冷水病対策を施し、解禁時から釣れるという湖産の割合を増やした。

 今年の熊野川の天然遡上(そじょう)の状況は良好で、4月上旬から大きな群れが川を上るのが見え「少なくともここ15年では最高では」という。

 解禁は6月1日。熊野川漁協、熊野川漁連とも組合長を務める小渕郁夫さんは「放流しなくていいほど天然遡上量が多い。多くの釣り人に楽しんでほしい」と話している。
紀伊民報 5月7日(土)17時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000005-agara-l30



大きくなって返ってきて欲しいですね☆
  • Edit
  • 21:05
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

稚アユ:遡上、魚道ない堰阻む 支流の入間川と越辺川 /埼玉

稚アユ遡上魚道ない阻む 支流入間川越辺川 /埼玉

 ◇「荒川流域ネットワーク」調査 来月11日、シンポで結果公表
 東京湾の稚アユが荒川水系の上流まで遡上(そじょう)できる河川環境の復元を目指すNPO「荒川流域ネットワーク」(恵小百合代表、本部・入間市)は、支流入間川と越辺(おっぺ)川水系で遡上状況を調査した。魚道がない(せき)に阻まれることが改めて確認されたとして、調査を指導した専門家が、2月11日に国立女性教育会館(嵐山町)で開く荒川流域再生シンポジウムで結果を発表する。
 は主に農業用水の取水用に設置された。魚道のある荒川本流の秋ケ瀬取水(さいたま市、志木市)では06年から遡上数が急増し、水資源機構の調査によると、09年春は約47万匹が通過している。
 ネットワークは昨年4月、同稚アユを捕まえ目印を付け、菅間(すがま)(川島町)上流で分岐する入間川に約4700匹、越辺川に約4200匹を放流した。
 6月20日から10月24日に両水系の計21カ所でアユを捕獲。目撃情報も含めると、放流地点から入間川は約13キロ上流の上奥富堰(狭山市)までに23匹、越辺川は約7・5キロ上流の中山堰(川島町)までに4匹の遡上を確認した。両堰とも魚道がなく水位差もあり、さらなる遡上を阻まれたらしい。
 4月から両水系のさらに上流で同様の調査を行い、河川や堰の管理者と協議し堰などの改善を求める考え。
 シンポジウムは入場無料。問い合わせは鈴木勝行副代表(電話049・285・6625)。【鈴木賢司】
1月29日12時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100129-00000031-mailo-l11



地道な活動が重要ですね☆
  • Edit
  • 16:08
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top