アユ釣り解禁前に600匹放流 茨木・安威川 大阪

アユ釣り解禁前に600匹放流 茨木・安威川 大阪

 茨木市車作(くるまつくり)地区の安威(あい)川上流の竜仙峡で、アユ約600匹が放流された。50年以上の歴史がある恒例行事で、アユ釣りが解禁となる7月1日を前に、安威川上流漁業協同組合(同市)が毎年実施している。

ホテル・旅館ランキング(近畿/大阪)

 放流されたのは、滋賀県南郷水産センター(大津市)の養魚場で育てられた体長約15センチのアユ。川の石に付着したコケを食べて大きくなり、20センチほどの成魚となるという。

 放流は25日に行われ、約10人の組合員がそれぞれバケツを傾けると、アユは水しぶきを上げながら勢いよく飛び出し、元気に泳いでいた。アユ釣りは上流の京都府亀岡市との境界近くまでの区間で8月7日まで楽しめるという。

 同組合は「おいしいアユを釣りに多くの人が訪れ、地域がにぎわうことを期待している」としている。

産経新聞 6月29日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110629-00000001-san-l27



愉しみですね☆
スポンサーサイト
  • Edit
  • 10:38
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アマゴ:銅山川漁協、2万5千匹放流 /愛媛

アマゴ:銅山川漁協、2万5千匹放流 /愛媛

 新居浜市から四国中央市にかかる銅山川流域でこのほど、銅山川漁業協同組合がアマゴ約2万5千匹を放流した。用意したアマゴは高知県産で、体長約10センチに育った稚魚。9月ごろには体長20センチほどになるという。



 同漁協は放流を約60年前から続けている。この日は、組合員ら30人が、新居浜市別子山地区から四国中央市嶺南地区まで30カ所に分かれて放流。前日の大雨で、川は増水し流れが早くなっていたが、アマゴは元気に上流や下流へ向かった。
 和田敏夫組合長は「毎年、愛媛や香川、徳島の渓流釣りの愛好家が銅山川に来ている。今年も足を運んでほしい」と話していた。
毎日新聞 6月22日(水)16時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110622-00000280-mailo-l38



楽しみですね☆
  • Edit
  • 05:39
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アユ:漁解禁に向けて2万匹放流--加美・鳴瀬川 /宮城

アユ:漁解禁に向けて2万匹放流--加美・鳴瀬川 /宮城

 加美町は7日、鳴瀬吉田川漁業協同組合や地元でアユ製品を販売する「宮城鮎(あゆ)工房」の協力を受け、鳴瀬川で若アユ2万匹をバケツや電動ビニールホースを使って放流した。体長約12センチだが、7月1日のアユ漁解禁までには17センチ前後になるという。

東北の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 若アユは同町中新田の養魚場で、地下水をくみ上げた水で育てたもので、同町は福島第1原発事故による放射能汚染はないとみている。
 一方、県はアユ漁解禁に向け、今月中に県内の複数の川でアユの放射性物質調査を行う予定。食品衛生法による放射性セシウムなどの暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超えているかどうかを調べる。
 同漁協理事の本宮仁一さん(66)は「アユの成長は例年以上に良い。安心して解禁日を迎えられればうれしい」と話した。【小原博人】
毎日新聞 6月8日(水)11時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000019-mailo-l04



楽しみですね☆
  • Edit
  • 11:41
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

児童らアユ千匹放流 水生生物観察会 広島・尾道市

児童らアユ千匹放流 水生生物観察会 広島・尾道市

 尾道市の藤井川で7日、児童らが水生生物の観察会とアユの放流を行った。



 同川の浄化活動を行っている「藤井川を守る会」(杉原義行会長)が主催。上流域の木ノ庄西、木ノ庄東、中流域の三成、木頃、栗原北、下流域の西藤の6小学校の児童計約150人が参加した。

 このうち、西藤小の4年生18人は学校近くの同川に集まり、体長12センチ程度のアユ160匹を放流。このあと、川に入ってメダカやカワニナなどの水生生物を捕獲し、生息状況から水質を判定した。

 この日は6地域で計約千匹を放流した。

産経新聞 6月8日(水)7時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000070-san-l34



いい経験になりますね☆
  • Edit
  • 10:33
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

玉川にカジカガエル40匹 井手・保護の会が放流

玉川にカジカガエル40匹 井手・保護の会が放流

 京都府井手町にカジカガエルをよみがえらせる活動をしている「カジカガエル保護友の会」が6日、同町田村新田の玉川上流でカジカガエル約40匹を放流した。

近畿の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 同会は、かつて玉川の風物詩とされたカジカガエルを復活させようと、12年前から放流を行っている。井手町では1953年の水害以降、姿を消したとされるが、今年4月に初めて生息が確認された。
 この日は会のメンバー10人が5日夕方に美山町で地元の了解を得て捕獲したカエルを持ち帰り、大正池グリーンパーク近くの生息エリアに放した。放流した成体には5匹のメスが含まれており、繁殖が期待されるという。
 小川俊雄会長(85)は「今年は生息も確認できたので、これからも希望を持って活動を続けたい。さらに数が増えて鳴き声がたくさん聞けたらうれしい」と期待していた。
京都新聞 6月7日(火)10時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110607-00000017-kyt-l26



たくさん聞けたらうれしいでしょうね☆
  • Edit
  • 17:18
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top