城崎温泉流しびな

城崎温泉流しびな

 豊岡市城崎町湯島で5日、城崎温泉流しびながあり、家族連れらが幸せを祈りながら、わらのかごに乗せたおひなさま大谿川に流した。
 旧暦の桃の節句の時期にあわせた行事。琴の演奏が響く中、将来の夢や健やかな成長などの願い事を親子で短冊に書き、紙のおひなさまと一緒に直径20センチのかごに乗せ、一の湯の近くに設置された足場から川面へ浮かべた。
 温泉街は柳の新芽が芽吹き、桜も満開。参加者は甘酒を味わい、春の日を満喫した。【藤田宰司】
4月6日13時1分配信 毎日新聞



旧暦の桃の節句なんですね

スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:23
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

流しびな:あでやかに春を彩る-鳥取・千代川

流しびな:あでやかに春を彩る-鳥取千代川

 旧暦の桃の節句にあたる29日、ひな人形を川に流して無病息災を祈る「流しびな」が鳥取市用瀬町の千代川であった。大勢の家族連れがあでやかな着物姿で参加。県内外から訪れたアマチュアカメラマンらがしきりにシャッターをきっていた。
 流しびなは、和紙や粘土でできた男女一対のひな人形と桃の小枝などを桟俵(さんだわら)と呼ばれる直径約20センチの円形のワラに乗せて流す。同町で始まった時期は定かではないが、ひな流しの風習は平安時代までさかのぼるという。1985年に県無形民俗文化財に指定された。
 初めて流しびなを体験した鳥取市の斎木美沙都ちゃん(3)は七五三の時に着たという赤色の着物を着てご満悦。「流すのが難しかった」と話していた。
 この日は会場近くに地元の住民らが出店を出してにぎわい、民家ではそれぞれの家のひな人形を玄関先などに飾って観光客を楽しませた。【宇多川はるか】
3月30日16時3分配信 毎日新聞



こういう習慣は大切に残していって欲しいですね☆

  • Edit
  • 19:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top