浜名湖で釣り船転覆=4人乗り、1人不明―静岡

浜名湖で釣り船転覆=4人乗り、1人不明―静岡

 26日午前5時50分ごろ、浜松市の浜名湖で4人乗りの釣り船が横波を受け転覆し、全員が湖に投げ出された。このうち、下田海上保安部が湖面で漂流していた3人を救助。いずれも自力歩行が困難な状況だったが、命に別条はなく病院で治療を受けているという。

ホテル・旅館ランキング(伊豆・箱根)

 静岡県警浜松中央署や海保などは、行方不明のままの残り1人の行方を捜している。 
時事通信 6月26日(日)8時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110626-00000015-jij-soci



無事で何よりですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 10:19
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

浜名湖ボート転覆:三ケ日青年の家、指定管理者再公募へ 知事が議会で表明 /静岡

浜名湖ボート転覆:三ケ日青年の家、指定管理者再公募へ 知事が議会で表明 /静岡

 浜名湖で6月、中学生ら20人乗りの手こぎボートが転覆し1人が死亡した事故に関連し、川勝平太知事は27日、訓練を実施した「県立三ケ日青年の家」の指定管理を請け負っている民間業者との契約を見直し、再公募する考えを示した。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 三ケ日青年の家の管理・運営を県から任されているのは「小学館集英社プロダクション」(東京都千代田区)。県とは今年4月から13年3月まで3年間の契約を交わし、事故はスタートから約2カ月で起きた。
 これに関連し、川勝知事は27日の9月定例議会で「来年の夏に入る前に、(契約を)いったんご破算にして、もう一度、公募という方向を取るよう指示した」と述べた。宮沢正美氏(自民改革会議)の質問に答えた。
 県教委によると、川勝知事からは数日前、同社の資格見直しを検討するよう指示を受けたという。
 地方自治法は、指定管理について「管理の継続が適当でないと認めるときは、指定の取り消しを命ずることができる」と定めているが、県教委幹部は「一方的に取り消せば、訴訟になる可能性がある。話し合って契約期間を見直すなどの形で収めたい」と話した。
 一方、同社は毎日新聞の取材に「県が判断することなのでコメントする立場にないが、事故後、最善の努力を続けてきたし、これからも続けていく。もし資格が見直されても、事故防止の体制を万全にして再応募したい」と話した。【平林由梨】
毎日新聞 9月28日(火)12時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000112-mailo-l22



大切ですね


  • Edit
  • 06:02
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

弁天島海開き花火大会:15万人、楽しむ--浜名湖 /静岡

弁天島海開き花火大会:15万人、楽しむ--浜名湖 /静岡

 浜名湖に夏の訪れを告げる恒例の弁天島海開き花火大会が3日、浜松市西区舞阪町弁天島で行われた。雨が降る中、傘を差した浴衣姿の家族連れやカップルら15万人(主催者発表)が約2800発の夜空の芸術を楽しんだ。

ホテル・旅館ランキング(東海/静岡)

 大会実行委員会と浜松市、舞阪町観光協会などが主催。尺玉や連続して打ち上がるスターマインが夜空に浮かび、「ドーン」と大音響が湖畔を包んだ。終盤には、開いたときの直径が500メートルという二尺玉が登場。観客からは大きな歓声と拍手が上がった。
 弁天島海浜公園では同日午前、海の安全を祈願する海開きの神事が行われた。地元の市立舞阪第1保育園の園児が集まったが、あいにくの大雨で海に入れなかった。【仲田力行】
7月4日10時16分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100704-00000002-mailo-l22



花火いいですね☆
  • Edit
  • 17:22
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

漂流実験:海難救助に一役、人間を流して危険性可視化--浜名湖 /静岡

漂流実験海難救助に一役、人間を流して危険性可視化--浜名湖 /静岡

 海流が速く釣り船や遊泳者の海難事故が多発する水域で、人を実際に流して危険性を可視化する日本で初めての漂流実験が27日、浜名湖であった。
 浜名湖は、太平洋に面した幅約200メートルの開口部「今切口」で淡水と海水が合流し、大潮の時には流速が毎秒2メートルにもなるという。97~07年の11年間で、小型船舶の事故が10件、遊泳者・釣り人の事故が12件発生。国内の同様の水域と比べて突出して事故が多い。
 実験は、海流などを調査している財団法人・日本水路協会が実施。海上保安部や地元消防、警察などにデータを提供し、救助などに役立ててもらう狙いがある。
 実験で、ライフベストを着けたダイバーが流れに身を任せると、約15分で今切口の外側まで約1200メートル流された。参加したダイバー、瀧塚智晴さん(24)は「ただ浮かんでいるように思えたが、岸を見ていると体感以上に流されていた。泳いでも流れに逆らえなかった」と話していた。【瀬上順敬】
7月28日13時1分配信 毎日新聞


こういう実験は有益でしょうね☆
  • Edit
  • 20:22
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top