大洗漁協が漁再開 茨城

大洗漁協が漁再開 茨城

 大洗町漁業協同組合(大洗町磯浜町)は9日、漁を再開した。同漁協の出漁は震災後初めてで、約2カ月ぶりとなる。この日は、最盛期を迎えつつあるシラスやシラウオの水揚げを行い、市場に出荷した。



 同漁協では4月中にも漁を再開する方針だったが、北茨城市沖で獲れたコウナゴ(イカナゴの稚魚)で国の暫定基準値を超える放射性物質が検出されたため、コウナゴ以外も含めた漁の自粛を決めていた。

 一方、県農林水産部によると、大洗町・日立市沖のシラスは、6日採取分の最新調査でも放射性物質は国の基準値を大きく下回る状態で、安全性が確認されている。
産経新聞 5月10日(火)7時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110510-00000032-san-l08




スポンサーサイト
  • Edit
  • 22:23
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

サケ:村上・三面川、伝統の漁 /新潟

サケ:村上・三面川、伝統の漁 /新潟

 村上市の三面川にサケが戻ってきた。川面に銀鱗(ぎんりん)が躍り、県北地方に晩秋の訪れを告げている。
 江戸時代から続くという伝統の「居繰(いぐり)網漁」も、三面川鮭産漁協によって始まった。2隻の川舟が1組になって、上流から下流へと舟を操りながら網にサケが入ると、素早くすくい上げる。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 この日は午前中、約50匹が揚がった。組合員らは「型は大きく、数も期待できそうだ」と話した。サケはふ化場で採卵され、身は1キロ300~500円で売られるという。
毎日新聞 10月28日(木)12時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101028-00000073-mailo-l15



釣り応えがありそう☆
  • Edit
  • 18:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ネット利用 漁の様子を生中継、販売も…岩手県大船渡市で

ネット利用 漁の様子を生中継、販売も…岩手県大船渡市で

 岩手県大船渡市の水産関係者らでつくる「三陸の食卓をおすそわけ実行委員会」が27日、洋上での漁の様子をインターネットで生中継し、水揚げをネット販売する取り組みを始める。三陸の海の幸を良心的な価格で提供するだけではなく、ネット中継を通じて漁業への関心を高め、魚離れを防ぎ、後継者の育成につなげていきたいという。



 大船渡市沖合に広がる越喜来(おきらい)漁協の漁場で定置網漁をする漁船1隻に固定カメラを設置し、同市の水産物ネット販売業「三陸とれたて市場」のホームページで生中継する。リポーターが乗船し、最新の漁況や販売する魚の脂の乗り具合などを、船頭と一緒に解説。携帯電話のメールで質問を受け付け、消費者が選びやすくした。

 中継は毎日午前4時ごろと同10時ごろからの約2時間。販売は週1~2回の予定。この時期、定置網にかかるのはサケが中心で、ヒラメやヤリイカ、三陸の冬の味覚「ドンコ(エゾイソアイナメ)」などが入るという。実行委企画部長の八木健一郎さん(32)は「産地にしかできない魅力を発信したい」と話している。

 さらに、漁業に関心を持つ人のすそ野を広げ、若い世代の人材育成への波及効果も期待する。農水省の漁業センサスによると、岩手県内の漁業就業者数は98年の1万2443人から08年の9948人へと減少。60歳以上の男性漁業者が4割(08年)に上り、担い手不足と高齢化が同時進行している。八木さんは「漁業現場を身近に感じてもらって、漁業への関心を高めたい」と話している。「三陸とれたて市場」(http://www.sanrikutoretate.com/)。【岸本桂司】
11月26日12時43分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091126-00000010-maip-soci



ライブ中継なんですね☆
  • Edit
  • 14:25
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ワカサギ:釣り・漁の量など、今冬も自主規制へ--諏訪湖 /長野

ワカサギ釣りの量など、今冬も自主規制へ--諏訪湖 /長野

 採卵量減少で05年冬から3季連続で冬季全面禁とした諏訪湖ワカサギについて、県による関係団体連絡会議は、今季も08年冬と同様、釣りの期間や量を制限する自主規制を続けることを決めた。釣り客に配慮して遊時間は2時間ほど延長する。
【諏訪湖】
 県水産試験場諏訪支場の9月半ばの調査では、湖全体のワカサギ数は約8300万尾と推定され、「例年並みか昨年以上の数がいる」と判断された。諏訪湖協の投網調査でも同様の結果だった。このため、協や釣り舟組合などが、禁漁はせずに自主規制を継続することで合意した。
 規制は12月1日から来年5月31日までで、釣り時間は午前7時~午後3時(岸釣りは同3時半まで)、量は1人1000尾(1キロ)まで。採卵河川河口部などには昨季と同様、禁漁区を設ける。漁協も投網漁を週3日・1日3時間に制限する。
 一方、漁協などは今季も、ワカサギの食害を防ぐため、野鳥の追い払い作戦を行う予定だ。【武田博仁】
10月9日13時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000065-mailo-l20



目先の利益にとらわれずですね☆

  • Edit
  • 23:04
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top