廃油ボール漂着続く 石垣、川平湾の砂浜汚染

廃油ボール漂着続く 石垣、川平湾の砂浜汚染

 【石垣】石垣島の川平湾の海岸に、昨秋から原油などが固まってできる廃油ボールが漂着し続けている。1月以降で10キロ近くに上り、石垣市川平の辻環境文化研究所(辻維周所長)は砂浜汚染に危機感を募らせている。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 同研究所はほぼ毎日、川平湾の海やビーチを調査しており、2010年11月に廃油ボールの漂着を確認、回収作業を進めている。同年末までに計10キロ、ことし1月以降は新たに9・3キロを回収した。
 砂浜には、ダイビング業者や漁師らの車両が多いときには10台以上も乗り入れており、漂着ごみを砕いたり廃油ボールを踏んだりしている。辻所長は「廃油ボールもつぶされ、砂浜の汚染につながる。また、車両が発泡スチロールなどを砕いているので、それが大潮で波をかぶると海に流され、魚が餌と間違えて食べる可能性もある」と懸念し、「市には、乗り入れを禁止し、駐車スペースを別に確保してもらうよう対応を考えてもらいたい」と話した。
琉球新報 2月14日(月)10時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000013-ryu-oki



地道な努力が必要ですね☆
スポンサーサイト
  • Edit
  • 18:36
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

熱帯魚が寒波に悲鳴 凍死120匹漂着

熱帯魚が寒波に悲鳴 凍死120匹漂着

 田辺市やその周辺に雪をもたらした寒波の影響で、白浜町臨海の北浜海岸に1月31日と2月1日の2日間で、計34種120匹の熱帯魚が凍死して打ち上がった。同海岸で漂着物の定点観測をしている京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授(58)は「前回1月中旬の寒波から続く漂着だが、1度にこれほど大量に漂着するのはこの数年間ではなかった」と驚いている。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 久保田准教授によると、31日に70匹、1日に50匹が、北浜の砂浜(長さ400メートル)に漂着した。最も多かったのはツマジロモンガラで30匹。続いてミノカサゴの12匹だった。紀南地方でおなじみの熱帯魚であるヘラヤガラやウミスズメ、ハリセンボンなどもいたが、普段あまり見掛けないウミテングやキミオコゼ、ネッタイミノカサゴ、カモハラギンポ、ウミヘビの仲間なども確認した。

 現在、元京都大学瀬戸臨海実験所助手の田名瀬英朋さん(68)や京都大学総合博物館の中坊徹次教授(61)と共に小型魚種などの同定を進めており、希少種が見つかる可能性もある。

 同実験所にある京都大学白浜水族館で、海から海水を引き込んでいる水槽で毎朝9時ごろに測定している定時水温によると、前回の寒波(1月16、17日)翌日の18日には12・9度を記録したが、今回は30日に14度だったものが31日には一気に冷え込んで11・8度まで下がっていた。海の水温はさらに低いとみられ、気温の影響を受けやすい沿岸に生息する魚にとっては過酷な環境となっていた。2月1日も12・2度と低いままだった。

 久保田信准教授の話 変温動物の魚にとって低水温がさらに2度も下がることは致命的だ。漂着は幼魚から成魚までサイズもさまざまな熱帯性の魚類がほとんど。付近の浅い岩礁に生息していて、水温低下と強い季節風が起こす波浪から避難できず凍死したのだろう。
紀伊民報 2月2日(水)17時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110202-00000000-agara-l30



可哀想!
  • Edit
  • 18:39
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

深海魚リュウグウノツカイ、日本海沿岸に続々漂着

深海魚リュウグウノツカイ日本海沿岸に続々漂着

 深海魚リュウグウノツカイが今冬、富山、石川県などの日本海沿岸で相次いで見つかっている。

 全長が5メートルを超え、生態はほとんどわかっていない謎の多い魚。富山県魚津市の魚津水族館は、同県黒部市の海岸に漂着したものをホルマリン漬けにして展示している。

 富山県では昨年12月以降、定置網で捕獲されたり、海岸に漂着したりするなど4匹が見つかっている。石川県では昨年11月以降、十数匹が見つかり、京都や島根、長崎などでも発見されている。地元では、漁業関係者の間で話題となっている。

 魚津水族館は、これほど相次いで見つかったとの報告例はないといい、「海から陸への風が強い時期に漂着している。なぜ集中しているのか分からない」と首をかしげる。

 金沢市のNPO法人職員内藤善太さん(34)らは、試食に挑戦した。石川県羽咋市の千里浜海岸で見つけた体長約4メートルのものをソテーにして食べた。内藤さんは「脂の塊みたいな味でおいしくなかった」と話している。

 ◆リュウグウノツカイ=アカマンボウ目リュウグウノツカイ科の深海魚。体長は5メートル前後で、大きいものでは10メートルほどになるという。平たい体に長い腹びれと背びれがあり、水深200~1000メートルに生息している。姿を現すと、「地震の前触れ」との言い伝えもある。
2月27日14時41分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000568-yom-soci



天変地異の前触れ説に同意したくなります!
  • Edit
  • 16:35
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top