瀬田川で「リバーブギ」シーズン到来 /滋賀

瀬田川で「リバーブギ」シーズン到来 /滋賀

 大津・瀬田川で行うニュースポーツ「リバーブギ」の本格的なシーズンが到来した。(びわ湖大津経済新聞)

 「リバーブギ」は、「ブギ」と呼ばれる半円形のゴムボートに腹ばいに乗るなどして水面と同じ高さの目線で川を下るヨーロッパ生まれのスポーツ。ウェットスーツにライフジャケット、ヘルメットを着用し、足にフィンをつけ川を下る。カヌーなどを販売する「アオキカヌーワークス」(大阪府枚方市)が、イベント事業「リバーアドベンチャークラブ」として行っている。

 瀬田川は関西で唯一楽しむことができるスポットで、「京都や大阪からも近く多くのお客さんが体験しに来てくれる」とガイドの奥田豊さん。コースは、南郷洗堰(あらいぜき)近くから大津サイクリングターミナル「リバーヒル大石」(大津市大石淀3)前までの約4キロ。フィンで水をけり、ボディーボードのように腹ばいになる「リバーブギポジション」や座った姿勢の「チェアーポジション」など、体勢を変えながら自らのボートコントロールで約1時間半かけて下る。「南郷の瀬」「エデンの瀬」「鹿跳の瀬」と呼ばれる3カ所の急流地点が「醍醐味(だいごみ)」だという奥田さん。「この激流を下って行く時の迫力がたまらない」。

 「水面を自ら泳ぎながら川下りをしているような感覚で、自然と一体化できる。ゆっくり楽しみながら川下りを満喫してほしい」(奥田さん)。終了後は、「リバーヒル大石」で入浴(参加費用に含む)やバーベキュー(別途費用)も用意する。

 開催時間は9時~12時、13時30分~16時30分の1日2回。料金は、中学生=7,000円、高校生以上=7,500円。予約制。10月中旬まで。
7月22日18時20分配信 みんなの経済新聞ネットワーク


リバーブギはアウトドア会社によって、リバーボードハイドロスピードと呼んだりしていますが、瀬田川に限らず、全国で楽しめるウォータースポーツですね☆
全国のアウトドア会社を探す
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「瀬田川たんけんMAP」できる 学生グループ、名所や生物を紹介

瀬田川たんけんMAP」できる 学生グループ、名所や生物を紹介

 琵琶湖と住民をつなぐ活動を続ける学生グループ「瀬田川カフェ」はこのほど、滋賀県の瀬田川周辺の名所や生息する生き物を紹介した「瀬田川たんけんMAP」をつくった。学生たちは「少しでも地域に詳しくなってもらえれば」と話している。
 昨年、同グループが作った琵琶湖の今と昔をつづった冊子が好評だったことから新たに企画した。取材範囲が広かった前回の反省を生かし、今回は瀬田川周辺に区域を絞った。
 メンバー4人が瀬田川河川敷を散歩している人に取材し、聞いた場所に実際に足を運ぶなどしてまとめた。
 「オランダえん堤」や「瀬田の夕照」など施設や景色の所在地を地図に掲載。写真と「日本最古のえん堤」「夕方の唐橋は夕日をあびてとてもきれい」など説明文を付けた。
 生物図鑑ではなじみのあるカイツブリセタシジミのほか、あまり知られていないキンクロハジロカワヨシノボリなどの生き物を、イラストを添えて紹介している。
 琵琶湖河川事務所の職員から講義を受けた洪水ハザードマップの説明もある。
 メンバーの立命館大3年塩飽直子さん(20)は「何気なく見ている地域に財産があることを知ってもらいたい」と話している。
 問い合わせはウォーターステーション琵琶TEL077(536)3520。
5月13日11時59分配信 京都新聞



楽しそう♪

瀬田川ラフティング
  • Edit
  • 19:37
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

シジミの稚貝放流「大きく育て」 瀬田川などで多彩にイベント

シジミ稚貝放流「大きく育て」 瀬田川などで多彩にイベント

 瀬田川・琵琶湖のシジミをPRする「第24回セタシジミ祭」が23日、大津市の瀬田川などであった。約70人がシジミを放流したり、料理を味わって、郷土の恵みに触れた。
 絶滅の危機にあったセタシジミ復活の機運を盛り上げようと1986年に4月23日を「シジミの日」と定め、瀬田町、湖南、勢多川の3漁業協同組合などでつくる実行委が毎年行っている。
 瀬田唐橋東詰から船に乗って出航した参加者は琵琶湖漕艇場沖でシジミを採る様子を見学し、稚貝約60キロを船のデッキから川へと放流した。
 参加した同市大江2丁目の萩原さなえさん(85)は「シジミが大きく育ってほしい」と話していた。
 このあと、参加者は船で瀬田川を下り、同市のウォーターステーション琵琶などでシジミ料理講習や環境についての講演を楽しんだ。
4月24日9時59分配信 京都新聞



ネーミングがいいですね☆
  • Edit
  • 22:04
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

EverGreen(エバーグリーン)【瀬田川ラフティング】

ラフティング

アウトドア・レジャー

EverGreen(エバーグリーン)


 ラフティングとは、ゴムボートに乗って川を下るスポーツです。みなさんのイメージでは激流を下るイメージをお持ちだと思いますが、当社では、小さいお子様から年配の方までどなたでも参加できるように、のんびり、優しい川下りを基本としています。ラフティングの楽しさは、乗っている人みんなで漕ぐこと。みんなの力を合わせることで、大きなボートが動き出します。家族連れ、初心者の方も大歓迎!!小さいお子さんがいても大丈夫。

 難しい技術は必要なく、のんびりと川下りを楽しんだり、時には激流で揉みくちゃになったり、季節やその時の水量によって様々な川の表情を楽しむことが出来ます。
 当社はのんびりラフティングをメインとしていますが、要望に応じて激しく楽しむことも出来ます。お気軽に相談下さい。

最小催行人数:3名以上(申し込みは一人から可能です)
予約制 

 全てのツアーは基本的に現地集合・解散です。先着7名様まで最寄り駅までの送迎可能です。
上記の内容は、全てのツアーで共通項目です。
※ツアー申し込みはオフィシャルサイトから



【瀬田川ラフティング】滋賀県瀬田川


 瀬田川は琵琶湖から流れる唯一の川で、京阪神からのアクセスは電車で一時間位ととても便利です。お手軽半日プランです。

●アクセス●
車の場合/大阪方面からは、名神瀬田西ICで降りて、料金所出口信号を左折。瀬田川を渡り国道422号線を南下。鹿跳橋を対岸に渡り、JA横の路地が公園の駐車場への入り口です。
電車の場合/京阪石山寺で下車、京阪バス大石小学校行きで大石停留所で下車。バスでは駅から20分くらいかかります。

開催日程:2008年 4月1日から10月末日までの毎日開催
集合場所:車の方は佐久奈度神社横の公園、電車の方は京阪石山寺駅に9時40分(13時10分)そこからバスで公園へ
ツアー時間: ●半日ツアー:午前ツアー 10時→12時、午後ツアー 13時半→15時半
料  金: ●半日ツアー● 大人¥5500
      (ガイド料、機材レンタル費、保険代、消費税含む)
対象年齢:中学生以上60歳位迄
催行最小人数:4名以上(申し込みは一人から可能です)
※ツアー申し込みはオフィシャルサイトから



■Q&A
何人乗りですか?
1艇で7人とガイドが1人乗り込みます。人数により調整する場合もあります。
雨天決行ですか?
→元から濡れることを想定していますので、雨天決行です。
増水してもやるのでしょうか?
→増水の程度にもよりますが、ツアーに支障が期さない限り催行する予定です。中止する場合はこちらから連絡をします。
体力的に心配なんですが大丈夫でしょうか?
→体力的に不安な方は事前に申し上げてください。体力に合わせたコースの設定等を検討させていただきます。また、経験豊かな案内人(ガイド)がいますのでサポートも万全です。



【ラフティングのもちもの】

■下記のものは必ず持って来て下さいね!!

・化学繊維のTシャツ(ラッシュガードなど綿のシャツは、水を含むとかなり寒くなりますので、使用することはできません)
・水着(男性の場合には短パンは水着がその役目をするため、下記、化学繊維の短パンは必要ありません)
・女性の方は、水着以外に、化学繊維の短パン(ボードショーツなど)
・かかとが固定できるサンダルもしくは、濡れてもいい運動靴。(ビーチサンダルではツアーに参加できません)
・眼鏡バンド(眼鏡の方のみ)
・水中眼鏡(コンタクトの人もしくは川に潜りたい人)
・日焼け止め
・バスタオル
・お風呂セット
・保険証又は保険証のコピー
・笑顔 (^_^)v
※熱中症対策のため、吉野川、瀬田川ラフティングにおいては、夏期の間、ウエットは基本的に使用しません。必ず上記のものをご用意下さい。
※何を持っていけば良いのか迷ったならお気軽にご相談ください。

■レンタルされるものです
○頭を硬い岩や枝から守ってくれるヘルメット
○泳げない人もびっくり、泳げるPFD(ライフジャケット)
○風が吹いても平気です。ヤッケがあります
○普通に着れば熱くてたまらんウエットスーツ
※お渡しする装備については、季節やその日の気温などにより変化します。






社名:EverGreen(エバーグリーン)

設立:2004年1月
所在地:奈良県香芝市逢坂2丁目540 D102
TEL:0745-77‐1360 / 090-1481-7916
mail:otegami@evaguri.com
URL:http://www.evaguri.com/
※ツアー申し込みはオフィシャルサイトから



資格:Swift Water Rescue Technician 1(SRT1):急流水難救助救急訓練。レスキュー3による流水(川の激流や洪水)でのレスキューの資格保持者
普通救命救急講習受講
経歴:カヤック歴12年、ラフティングガイド歴7年、その他、上高地のスノーシューガイド(冬期)
経験:川下りをしたところ。富士川、長良川、小坂川、飛騨川、宮川(富山県)、瀬田川、紀ノ川、熊野川(北山川)、葛川、櫛田川(蓮川)、宮川(三重県)、吉野川(徳島・高知県)等。その他様々な渓谷
  • Edit
  • 09:52
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top