くま川下り:球磨工高が舟くぎ寄贈 高橋酒造は救命胴衣を /熊本

くま川下り:球磨工高が舟くぎ寄贈 高橋酒造は救命胴衣を /熊本

 人吉市の球磨工高は10日、球磨川下りを運航する「くま川下り株式会社」(中村日嗣郎社長)に、造船に役立ててもらおうと舟くぎ300本を贈った。
 舟くぎは、神社・仏閣など日本古来の建築物に使われている和くぎの一種。舟板の接合に使われる。
 同高機械科の3年生13人が、高温で加熱した鉄を金づちでたたき、形を整えていく作業を繰り返した。「1本に40分かかった。忍耐力がいる」と久保田飛翔(つばさ)君。課題研究で6月から作り始め、長さ十数センチの2種類を完成させた。
 中村社長は「なかなか手に入らない貴重なくぎで、大変ありがたい。生徒の思いがこもったくぎを大切に使い、球磨川下りを発展させたい」と話した。
  ◇  ◇
 人吉市の高橋酒造(高橋光宏社長)と人吉温泉旅館組合(有村隆徳組合長)はこのほど、「くま川下り株式会社」に、大人用の救命胴衣60着を寄贈した。
 8月に起きた浜松市の天竜川下り船転覆事故を受け、同社は乗客の安全対策を強化。既に12歳未満の小児用救命胴衣70着、大人用270着を購入し、着用を義務付けている。
 贈呈式で高橋社長らが「球磨川下りは人吉球磨の主要な観光資源。今後ますます安全に運航していただきたい」とあいさつ。中村社長は「さらなる安全性向上に努め、観光の発展に寄与したい」とお礼を述べた。
毎日新聞 11月11日(金)15時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000202-mailo-l43



丹精込めて作ったんですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 18:53
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

海事教室:和水・菊水東小児童、海の仕事学ぶ--福岡・博多港 /熊本

海事教室:和水・菊水東小児童、海の仕事学ぶ--福岡・博多港 /熊本

 子供たちに港の仕事に関心を持ってもらおうと、九州運輸局(福岡市)は15日、和水町の菊水東小の4、5年生14人を博多港に招き、造船業や海運業について学ぶ「海事教室」を開いた。

九州の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 造船や海運、倉庫など港湾関係の仕事は近年、労働者の高齢化や後継者不足などに悩んでおり、運輸局は08年に「海の子育成プロジェクト」をスタート。今回の教室もその一環で、児童たちは福岡造船で進水式を見学後、市港湾局所有の船「なつの」に乗船。博多湾を約1時間クルーズし、船内で博多湾の歴史などを市民ボランティアから学んだ。
 慣れない乗船体験に船酔いする児童が続出する中、熱心に説明を聴き、一生懸命ノートにメモを取る子供も。5年生の嶋田卓巳君(10)は「船に乗ったのは初めて。1時間はとても楽しかった」と話した。
毎日新聞 6月17日(金)15時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110617-00000243-mailo-l43



貴重な経験ですね☆
  • Edit
  • 15:46
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

シャクつり:滑石小児童が挑戦 /熊本

シャクつり:滑石小児童が挑戦 /熊本

 玉名市立滑石小(上田幸生校長)の3~6年生101人が11日、同市滑石塩浜沖の有明海干潟で伝統漁法による恒例のシャクつり大会を開き、海の恵みや郷土の伝統を学んだ。



 シャクは干潟に穴を掘って生息する体長10センチほどのヤドカリの仲間。児童たちは、保護者約30人と一緒に漁場へ。毛筆の筆先を穴に差し込み、外敵の侵入と勘違いして筆にしがみついてくるシャクを釣る伝統漁法に歓声を上げながら挑戦した。
 指導するのは、児童たちのおじいちゃん、おばあちゃんたちが多く、伝統漁法を伝える孫たちとの交流を楽しんでいた。
6月12日14時52分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100612-00000200-mailo-l43



やってみたい!
  • Edit
  • 22:55
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

白川:ボート乗りなど体験、児童ら楽しむ--熊本市向山地区 /熊本

白川:ボート乗りなど体験、児童ら楽しむ--熊本市向山地区 /熊本

 熊本市の中心市街地を流れる白川に親しむイベント「白川で学ぼう・あそぼう・歩こう!」が5日、JR熊本駅に近い白川河川敷で開かれた。近くの向山小や五福小、古町小の児童や保護者ら約60人が参加した。



 熊本市向山地区の白川左岸(世安橋-泰平橋間)の環境整備事業が3月にほぼ完了し、河川敷周辺で散歩や魚釣りなどができるようになった。このため地元や国交省熊本河川国道事務所などでつくる「五福・向山・古町地区子ども水辺協議会」が、白川に親しんでもらおうと初めて企画した。自然体験活動を進めているNPO法人「白川わんぱく探検隊」などが協力した。
 まず探検隊のメンバーが「流れが速い場所は深いので近づかないこと」「川で流された時は、下流に足を向け、あおむけになって水に浮かぶこと」など、川で安全に遊ぶ注意点を説明した。児童らはライフジャケットを着て川に浮かんだり、ゴムボートに乗るなどの体験を楽しんだ。【笠井光俊】
6月6日17時36分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000195-mailo-l43



気持ち良さそう!
  • Edit
  • 18:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力

【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力

 野菜がおいしい。何気ない風景を見てジーンと潤んでくる。40歳を過ぎ、いわゆるアラフォー世代となり、今まで見向きもしなかったことに感動するようになった。もっと日本を知りたいと、これまでと異なる視点で旅している。おいしいニッポン、美しいニッポン、楽しいニッポン。次の連休は、こんな国内旅行はいかが。

 ■独立“くま”の国

 九州の真ん中に位置する熊本県の球磨(くま)地方は、古き良き日本の雰囲気が色濃く残る地域だ。球磨川は、九州山地から球磨の中心地・人吉を経て、同県第二の都市・八代に流れているが、人吉-八代間は川べりまで山が迫り交通の便が悪かった。そんな立地条件も重なって、球磨藩は、鎌倉時代初期から廃藩置県が行われるまで約700年もの間、相良氏が領主を務め、独自の地域文化を形成していった。 

 球磨藩の石高は公称2万2000だが、実際には10万石もあったといわれている。それほど人吉盆地では米づくりが盛んに行われ、米焼酎(球磨焼酎)の生産につながったのだ。地元のバスガイドも第一声で「球磨の人たちは幕府からやってきた役人さんを焼酎でベロンベロンにして、石高を誤魔化したようです」と話すほどだ。

 人吉市内には現在、球磨焼酎の醸造元が28社あり、蔵を一般公開しているメーカーも多い。銘柄は208にもおよび、蒸留方法(減圧、常圧)や貯蔵方法(樽(たる)貯蔵、甕(かめ)貯蔵、タンク貯蔵、長期熟成)によって、味や香りが微妙に変化する。そんな球磨焼酎をもっと知ってもらおうと、市内の酒販会社が店舗の一角に作ったのが焼酎バー「開(かい)」だ。レトロ調の店内では、球磨焼酎のすべての銘柄を味わえる。

 経営者の鳥越英夫さんによると、樽貯蔵酒は色と香りに優れ、甕貯蔵酒は陶器で熟成させるので味にやわらかさが出てくるのが特徴という。日本酒と比較されることも多いが、むしろ製造過程はウイスキーに似ており、3年以上長期熟成させるとさらにマイルドさが増すそうだ。お店の常連に「刻(とき)の封印」という常圧焼酎を勧められ、「生(き)」(ストレート)で飲んでみたが、とてもまろやか。他にもおすすめ銘柄を決めていたのに5杯、6杯と飲んでしまった。酒のアテは地元産野菜の漬物。これまた、うまい。この旨さ、アラフォー世代にならないと分からないのでは。

 ■飾らぬ温泉郷の魅力

 人吉は温泉郷でもあり、旅館やホテルが球磨川沿いに立ち並ぶ。各施設ご自慢の大浴場や露天風呂が旅の疲れを癒やしてくれるのだが、おすすめは銭湯(公衆浴場)だ。20ヵ所以上ある銭湯はすべて温泉で、中でも公衆温泉「新温泉」は、外観も室内も昭和情緒たっぷり。シャワーやロッカーなどの設備はもちろんない。脱衣場と浴槽が2つあるのみ。映画のロケにでも使えそうな雰囲気だ。脱衣場の看板も昔のまま。最近は観光客に人気という。

 市内を散策すると、多くの歴史的建造物や史跡に出会う。阿蘇山のふもとに鎮まる阿蘇神社(同県阿蘇市)の分霊が祀られている青井阿蘇神社の御社殿は、慶長15年(1606年)から4年間かけて造営されており、平成20年に国宝に指定された。中でも楼門は、上層の軒先の四角に陰陽一対の鬼面がはめ込まれる大変珍しい様式となっている。

 また、西南の役で田原坂の戦いに敗れた西郷隆盛が本陣を置いた永国寺は、「幽霊の掛け軸」が有名。昼間は常時お堂を開放しており、住職が不在の場合でも、ユニークなビデオで解説を聞くことができる。「人吉、仲よし、こころ良し」といわれる球磨の人びとの気質は、今も昔も変わっていないようだ。
4月17日14時25分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100417-00000530-san-soci



球磨川でのラフティングなど水遊びもいいですね☆
駅名で検索!駅そばのホテル検索
  • Edit
  • 14:58
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top