小笠原諸島 戦後に生態系崩れるも外来種駆除進み世界遺産に

小笠原諸島 戦後に生態系崩れるも外来種駆除進み世界遺産に

 東京から南へ1000km、小笠原諸島は第二次大戦の戦地となった硫黄島を含む大小30余りの島々から成る東京都最南端の地。東京・竹芝桟橋から6日に1回出航する定期便『おがさわら丸』に乗り、25時間半で父島に。母島はさらに2時間を要する。

ホテル・旅館ランキング(首都圏/東京)

 美しい太平洋に浮かぶ島々は、これまで大陸と陸続きになったことがなかったため独自の進化を遂げ、植物や生物の多くが固有種。そのため“東洋のガラパゴス”とも呼ばれているのだが、その歴史も興味深い。元々は江戸時代初期に日本人に発見された島だが、欧米人による開拓を経て日本領に、第二次大戦後1968年まではアメリカの統治下にあった。
 
 固有の風土と文化の混在が織りなす楽園、それが小笠原諸島なのだ。

「戦後に持ち込まれ猫やヤギなどが固有種の生態系を壊し始めたこともありますが外来種は行政によって駆除が進み、その成果が世界自然遺産登録に繋がりました。また観光客に対してもマナーを徹底。例えば、沈水カルスト地形で知られる観光地の南島への上陸は1日100人まで、2時間制というルールがあります。行政と民間が一体となって自主ルールを作り、島全体の環境保全を徹底しています」(東京都環境局)

 写真は、父島の南西に位置する南島。石灰質の土地が隆起・沈降してできた沈水カルスト地形の美しい島。中央のエメラルドグリーンに輝く池は『扇池』と呼ばれる絶景の観光名所となっている。
NEWS ポストセブン 6月28日(火)7時5分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110628-00000005-pseven-pol



行ってみたい!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 08:52
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

コクチバス:特定外来魚、紀の川水系で初捕獲 生態系への影響懸念--橋本 /和歌山

コクチバス:特定外来魚、紀の川水系で初捕獲 生態系への影響懸念--橋本 /和歌山

 在来種を食べる特定外来生物の魚「コクチバス」が4月末、橋本市只野の以賀尾(いがお)池で生きたまま捕獲された。紀の川水系で見つかったのは初めてで、名産のアユをはじめ生態系への影響が懸念される。レジャー釣り目的で違法に放流されたとみられ、県立自然博物館(海南市船尾)は漁協や環境省などに呼びかけ、拡散防止策を探る考えだ。



 同池のコクチバスを巡っては、同館がインターネット上の書き込みに気付き、昨年秋に現地調査を始めた。数匹を捕獲し、生息を確認。外来生物法は生きたまま持ち運ぶことを禁じているため、死なせて標本とした。その後、生きた状態で研究するため、国の許可を得て現地で約10回、捕獲を試みた。
 捕獲できたのは水温が上がってきた4月28日。体長11~25センチの雌雄9匹が釣れた。広い縄張りを持つコクチバスが同じ位置で釣れたことから、繁殖目的で集まっていた可能性が高いという。
 捕獲と同時に、同池などの生物調査も行った。特定外来生物の魚・ブルーギルはいたものの、小魚やエビ、カエルなどは見つからなかった。同池とつながる沢では、小魚などは生息していた。また、死んだコクチバスを数匹解剖し、胃を調べたところ、ユスリカやカゲロウの幼虫など小さな昆虫しかなかった。同館の平嶋健太郎学芸員は「強力な捕食者・コクチバスが池の生物を食べつくしたのではないか」と話す。
 同館によると、コクチバスが紀の川水系に拡散し、定着すると、アユをはじめ魚だけでなく、蛍などの幼虫やカエル、魚・昆虫を食べる鳥など生態系全体に影響が及ぶという。同法や、違法な放流による影響を学ぶ材料にと、同館は17日から、捕獲したコクチバスを展示する。【久木田照子】
………………………………………………………………………………………………………
 ■ことば
 ◇コクチバス
 「ブラックバス」と呼ばれる北米原産の魚の一種で、外来生物法で特定外来生物に指定されている。レジャーフィッシングで人気があり、国内では90年代に長野県の野尻湖などに持ち込まれ、東日本を中心に広まった。低水温や水流の速い場所でも生息できるため、繁殖による生態系への影響は極めて大きい。
毎日新聞 5月12日(木)13時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000156-mailo-l30



ビッグマウスなのにコクチバスなんですねw
  • Edit
  • 20:28
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「木津川の生態系心配」 近畿の水環境で交流会

木津川生態系心配」 近畿の水環境で交流会

 「近畿水環境交流会in木津川」が25日、京都府木津川市木津の相楽会館で開かれた。河川の環境保全に取り組んでいる京都や大阪の24団体計約100人が集い、活動紹介やシンポジウムを通して交流を深めた。
 参加団体でつくる実行委が主催した。
 シンポジウムでは、京都大防災研究所の竹門康弘准教授らが、木津川の自然環境や歴史をテーマに講演した。竹門准教授は「木津川は植物の少ない砂地が多く、虫、魚、鳥の生態も特徴的。ただ上流のダムで土砂や水をせき止めることで生態系のバランスが崩れつつあり、今後、防災と環境保全の両立が課題だ」と話した。
 その後、木津川に生息する動植物の生態や水質を調べている「やましろ里山の会」(京田辺市)や、木津高化学クラブ(木津川市)などがそれぞれの取り組みを発表し、参加者は熱心に耳を傾けた。
7月26日10時9分配信 京都新聞


皆で守っていきたいですね☆

京都・大阪・神戸から日帰り水遊び
  • Edit
  • 19:31
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top