ウミガメの産卵を確認 白浜の海岸

ウミガメの産卵を確認 白浜の海岸

 和歌山県白浜町は23日、同町中の大間磯近くの海岸の2カ所でウミガメが産卵しているのを確認した。周囲にロープを張り「しばらくの間、温かく見守ってください」と呼び掛ける看板を設置した。

ホテル・旅館ランキング(近畿/和歌山)

 町観光課によると22日午後8時半ごろ、近くに釣りに行った上富田町内の男性(53)から「ウミガメの足跡がある」と同課に連絡があった。

 同課職員が23日、波打ち際から約80メートル離れた所に掘った跡が4カ所あるのを確認。うち2カ所(深さ40~50センチ)で卵を見つけた。

 同課では「約60日で赤ちゃん亀が誕生する。それまで温かく見守っていただければ」と協力を呼び掛けている。

 同課によると、町内で産卵が確認されたのは2009年6月以来2年ぶり。

 昨年は6月に中の海岸に隣接する才野の五色ケ浜でカメが掘った跡が確認されたが、卵は見つからなかった。

紀伊民報 6月24日(金)17時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000003-agara-l30



見てみたい!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:04
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ウミガメ数十年ぶり上陸、産卵 すさみ、江須の川の海岸

ウミガメ数十年ぶり上陸、産卵 すさみ、江須の川の海岸

 和歌山県すさみ町江住の江須の川海岸にこのほど、アカウミガメ(甲長約80センチ)が上陸産卵した。近くにあるエビとカニの水族館スタッフが確認。地元のお年寄りも数十年ぶりではないかと驚いている。



 18日早朝、カメの上陸を見つけた地元住民から森拓也館長に連絡が入った。現場に森館長が駆け付けたときは、すでに産卵を終えており海に帰る途中だった。その後、同館スタッフが産卵数を記録するため砂浜を確認したところ、中身のない不完全な卵3個のみが見つかった。

 森館長も同町江住へ移り住んで14年になるが初めてという。「2週から3週の間隔で、同じ個体が同じ砂浜に産卵する習性があり、またチャレンジしてくれるかもしれない」と期待を寄せている。

 近くにある同町里野の海水浴場では、毎年産卵が確認されている。

紀伊民報 6月22日(水)17時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110622-00000003-agara-l30



数十年ぶりなんですね!
  • Edit
  • 05:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

クサフグ、命繋ぐ 室積半島沿岸で産卵のピーク 山口

クサフグ、命繋ぐ 室積半島沿岸で産卵のピーク 山口

 山口県光市の室積半島沿岸で、小型のフグ・クサフグが産卵のピークを迎え、波打ち際で雌雄の群れが神秘的な生命の営みを繰り広げている。6月下旬ごろまで続くという。

中国の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 同半島は、クサフグ産卵地として県天然記念物に指定されている。浅瀬に体長10~15センチほどのフグが次々と押し寄せ、メスが小石の間に卵を産み付け、オスが放精。やがて満潮に合わせて、クサフグは海中へ戻っていった。

 産卵の光景は、この時期の大潮直前の中潮に当たるころにみられる。砂利層に入り込んだ卵は、3~4日後には孵化。大潮にあわせて稚魚が元気に沖へと泳ぎ出していく。
産経新聞 6月14日(火)7時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000049-san-l35



神秘的ですね☆
  • Edit
  • 11:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

アカウミガメが産卵 千里の浜で今季初確認

アカウミガメが産卵 千里の浜で今季初確認

 日本有数のアカウミガメの産卵地、和歌山県みなべ町山内の千里の浜で5月30日夜、今シーズン初めてウミガメが上陸、産卵したのをみなべウミガメ研究班(後藤清代表)が確認した。初上陸は昨年より半月ほど遅く、後藤代表は「これほど遅いのは初めて。冬場の水温低下の影響があるのかもしれない」と話している。上陸と産卵は8月中旬ごろまで続く見通し。

近畿の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 千里の浜でのウミガメの調査は、同研究班などにより1981年から行われている。

 後藤代表はことしも5月上旬から調査を開始。ほぼ隔日で浜を見回っていたが、31日昼にウミガメが上陸した痕跡を3カ所で見つけ、卵も確認した。産卵場所と上陸の痕跡から1個体によるものとみられるという。

 81年の調査開始以降の上陸開始日を見ると、これまで最も遅かったのは2006年の5月24日で、最も早かったのは04年の4月28日だった。

 昨年は初上陸が5月12日で、最終は8月20日。この間、575回上陸し、274回産卵した。上陸回数は90年(900回)、91年(786回)に次ぐ多さで、産卵回数も91年(348回)、90年(328回)に次いで多かった。

 後藤代表は「確かなことは分からないが、冬場に海水温が大きく下がったことが影響しているのかもしれない。浜の状況は、台風2号の影響で砂が流出した部分もあったが、逆に増えた部分もあり、全体として例年通り。ただ、ウミガメの上陸と産卵は隔年で増減を繰り返す傾向があり、ことしは去年より少なくなるのではないか」と話している。

 千里の浜でウミガメの産卵を見学する場合には、みなべ町教育委員会の許可が必要で、浜ではライトを照らさないことや、フラッシュ・ストロボ撮影は厳禁―といったルールがある。

 希望者は申請書(町ホームページからダウンロード可)に住所、氏名、電話番号、観察希望日、参加人数、観察目的を記入して、町教委教育学習課へ提出すればよい。電子メール(kyoiku@town.minabe.lg.jp)でも申請できる。

 問い合わせは同課(0739・74・3134)へ。

紀伊民報 6月2日(木)17時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110602-00000005-agara-l30



見たいのは山々ですが、ウミガメの迷惑にならないように遠くから見守っていきたいですね☆
  • Edit
  • 18:52
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カワバタモロコ:繁殖成功 絶滅危惧種の小型淡水魚、水槽を屋外に移し産卵 /徳島

カワバタモロコ:繁殖成功 絶滅危惧種の小型淡水魚、水槽を屋外に移し産卵 /徳島

 ◇県水産研究所、県内初
 国のレッドデータブック(07年)で絶滅危惧種に指定されている小型の淡水魚、カワバタモロコの繁殖に、県水産研究所(鳴門市)が10年度の研究で、県内で初めて成功した。県内では04年に58年ぶりに発見されて以来、保護と繁殖が課題になっていた。同研究所は「さらに調査を進めて個体数を増やしていきたい」としている。【井上卓也】



 カワバタモロコはコイ科の淡水魚で、成魚は約5~7センチ。静岡県より西の地域で生息が確認されているが、外来魚の侵入や生活排水による水質の悪化などで生息数が激減しており、国のレッドデータブックでは、近い将来に絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」に指定されている。
 県内では1946年に現在の石井町で初めて見つかって以来、04年に鳴門市の水路で発見されるまで確認が途絶えていた。県のレッドデータブック(01年)では「絶滅」となったままで、県が進める改訂作業にも好影響となりそうだ。
 同研究所では07年から、同市で採取した個体の繁殖を試み、ホルモン注射で産卵を促すなどの方法を採っていたが、産卵にも至っていなかった。10年度は研究が進んでいる滋賀県への視察も踏まえ、水槽を屋外に移して自然の環境に近づけたところ、7~9月に計262匹の繁殖に成功したという。同研究所の西岡智哉・主任研究員は「日光が関係した可能性がある」と分析している。
 カワバタモロコの繁殖期は5月中旬からで、同研究所では今年度も既に水槽を屋外に移して調査を始めている。昨年生まれた稚魚約250匹も成熟しているため、今年は1000匹以上の繁殖も期待できるという。雨による影響など、繁殖期の水質も詳しく調べる予定。
毎日新聞 5月21日(土)16時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000274-mailo-l36



守っていきたいですね☆
  • Edit
  • 06:37
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top