珍しい生き物発見 和歌浦で干潟観察会 和歌山

珍しい生き物発見 和歌浦で干潟観察会 和歌山

 近畿最大級を誇る和歌浦干潟の観察会が1日、観海閣(和歌山市和歌浦中)周辺で行われた。珍しい海辺の生き物を見つけようと休日の干潟は大勢の家族連れでにぎわった。



 和歌山大学教育学部と地元市民団体の主催。広さ約35ヘクタールで、約300種の生物が住むという和歌浦の干潟の魅力を知ってもらおうと毎年開いている。

 この日は、家族連れを中心に約50人が参加。広大な干潟をスコップで掘ったり、水辺をのぞいたりして貝やカニなどを見つけ出してはバケツなどに入れ、じっくりと観察していた。

 なかには絶滅の恐れがある小さなカニ「ハクセンシオマネキ」を見つけた参加者も。

 同市和歌浦東の会社員、衣田幸司さん(48)は「何度か参加していますが、毎回違う生き物がいるので新鮮です」と話していた。
産経新聞 5月2日(月)7時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110502-00000036-san-l30




スポンサーサイト
  • Edit
  • 22:17
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

チョウチンアンコウ:ダイバー発見、撮った--沼津・大瀬崎海岸 /静岡

チョウチンアンコウ:ダイバー発見、撮った--沼津・大瀬崎海岸 /静岡

 生態がよく知られていない深海魚チョウチンアンコウの撮影に、沼津市の大瀬崎海岸でダイビングショップを営む赤堀智樹さん(42)が成功した。海中で泳ぐ姿を目撃することは極めて珍しいという。すでに死に、水族館・あわしまマリンパーク(沼津市内浦重寺)に引き取られたが、近く標本にして一般公開される。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 チョウチンアンコウは13日午後4時ごろ、同市の大瀬崎海岸で潜水中のダイバーたちに発見された。
 海岸で騒ぎを聞きつけた赤堀さんも海に潜り、沖合20メートル、深さ約1・5メートルの海中で撮影した。チョウチンアンコウはすでに衰弱していたという。14日朝に浅瀬で死んでいるのが見つかり、連絡を受けた同パークが引き取り調べたところ、体長約30センチのメスだった。
 チョウチンアンコウは普段、水深約200~1000メートルの深海に生息。世界的にも捕獲例が少なく、生態は謎に包まれている。
 同パーク営業企画課の杉村誠係長は「駿河湾では冬場、深海から浅瀬に上昇する海流の影響で、深海魚が見つかることがあるが、本物のチョウチンアンコウは初めて見た。貴重なので市民にお見せしたい」と話している。【野島康祐】
毎日新聞 2月16日(水)10時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110216-00000004-mailo-l22



お手柄ですね☆
  • Edit
  • 16:02
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

「エオリンピア」最古の化石発見 イソギンチャクやサンゴの祖先

「エオリンピア」最古の化石発見 イソギンチャクやサンゴの祖先

 京都大学瀬戸臨海実験所(和歌山県白浜町)の久保田信准教授や串本海中公園センター(和歌山県串本町)名誉館長の内田紘臣博士が参加する日中米共同研究チームが、中国・陝西(せんせい)省にあるカンブリア紀初期(約5億4千万年前)の地層から見つかった極小化石が、最古のイソギンチャクやサンゴの祖先化石であることを突き止め、専門誌に発表した。久保田准教授は「世界的な発見である。刺胞動物の初期進化の証人となる非常に貴重な化石」と評価している。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 チームは広島大学の安井金也教授を総括研究者として、中国西北大学の韓健(ハンジアン)准教授、第一発見者の姚肖永(ヤオシャオヨン)博士候補生ら計8人。
 この化石は長さ0・5ミリ前後と極めて小さく、8個体が見つかった。学名は北京オリンピックが開催された2008年に見つかったことと、始祖的であることにちなんで「エオリンピア」と名付けた。現在のイソギンチャクやサンゴが誕生する前に出現していた六放サンゴの仲間。
 本来、イソギンチャクなど骨がなくてほとんどが水分でできている生き物は、化石として残らない。中国の太古の海でバクテリアが体を分解する際、体の表面がリン酸カルシウムの膜に覆われたため、奇跡的に保存されて化石として残ったという。
 微小化石の発見は、現場から採掘した多量の岩石を酢酸で溶かし、残ったリン酸カルシウムでできた微小化石を顕微鏡で見分け、走査電子顕微鏡で写真撮影して同定するという地道な作業の繰り返しによって成功した。
 いくつかの個体は東京大学総合研究博物館(東京都)にある高解像度のCTスキャンで横断面と縦断面を解析した。この結果、現在のイソギンチャクのように左右対称性があることが分かった。
 外部形態から生活史も推定でき、有性生殖で柄のある個体が生まれ、その後、横分裂してクローンをつくることが分かった。これを繰り返してどんどん増えていくとみている。
 久保田信准教授の話 大変小型なので当初は大型鉢クラゲのポリプのように見えたが、ハイテク分析でクラゲとはまったく異なるイソギンチャクの仲間だと判明した。しかも内外形態や相称性をはじめ生活史までまとめられ、多くの貴重な情報が詰まったまさにタイムカプセルである。
紀伊民報 10月20日(水)17時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101020-00000002-agara-l30



本当にタイムカプセルですね☆
  • Edit
  • 21:10
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ゲンゴロウ:新種、吉田公園の伏流水から発見 学会の機関誌に掲載 /静岡

ゲンゴロウ:新種、吉田公園の伏流水から発見 学会の機関誌に掲載 /静岡

 大井川に沿う県営吉田公園(吉田町川尻)でくみ上げられた伏流水から、黄褐色の新種のゲンゴロウが見つかった。県農林技術研究所で害虫研究をする加藤徹上席研究員(49)が、趣味で取り組んだ調査でわかった。「ハイバラムカシゲンゴロウ」と名付け、このほど日本動物学会の機関誌「Zoological Science」9月号に掲載された。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 加藤研究員によると、新種は体長約1・1ミリ。目が退化する一方、周囲の様子を探る体表の感覚毛が発達している。地下水脈の暗い砂れきの間をはい回り、微生物などを食べているとみられる。昨年7月、水まきなどに使うために地下約15メートルからくみ上げた水の中から6匹採取された。
 加藤研究員の兄で京都大大学院の加藤真教授(生態学)らと遺伝子を解析し、ゲンゴロウの仲間で、コツブゲンゴロウ科に属するムカシゲンゴロウ属の一種と分かった。地表にいたコツブゲンゴロウ科の一群が地下水脈に入り込み、環境に適応したらしい。
 ムカシゲンゴロウ属は岐阜県などでほかに6種が確認されているが、数十年前から採集できず絶滅が危ぐされている。加藤研究員は「大井川の伏流水は量が豊富できれい。虫の生息できる水域が広く、生活しやすい環境だったのではないか」と話している。【竹地広憲】
毎日新聞 9月26日(日)12時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100926-00000054-mailo-l22



大発見ですね☆
  • Edit
  • 21:42
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

40年前製造のサーフボード発見、今昔の3本を市役所で展示-茅ケ崎

40年前製造のサーフボード発見、今昔の3本を市役所で展示-茅ケ崎

 茅ケ崎市内で40年ほど前に製造されたサーフボードが、東京都八王子市内で発見された。発泡ウレタンなど、今や一般的になっている技術をいち早く取り入れた1本という。初期の木製ボード、現在主流のボードとともに9月30日まで、茅ケ崎市役所に展示されており、ボードの変遷を見ることができる。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 日本サーフィン連盟茅ケ崎支部によると、八王子市内で発見されたのは、1967年から72年ごろに製造された「ETサーフボード」。鉄工所の倉庫に眠っていたという。

 ETはサーフィン用の発泡ウレタン(クラークフォーム)を使用した技術を取り入れ、樹脂やガラス繊維などもすべて国産品を使用している。現在主流のボードに比べて長く、両端の幅が狭いなどの特徴があり、同支部の細井隆支部長(49)は「今のボードはカーブなど演技することを重視しているが、ETは波に乗ってまっすぐ進むことに重きを置いている」と解説する。

 ETと合わせて展示されている木製ボード「アライア」はキリ製で、サーフィンが発祥した初期に使用されていたという。テール部分がとがっておらず、板切れのよう。「波に乗れればスピードが出るが、浮力もなく、乗りこなすには技術が必要」という。

 3本は市役所2階のエレベーターホールに展示されている。平日の午前8時半から午後5時15分まで。

8月13日19時31分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100813-00000023-kana-l14



いいですね☆
  • Edit
  • 05:58
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top