アユ漁:矢祭・久慈川で解禁 /福島

アユ漁矢祭久慈川解禁 /福島

 矢祭町の久慈川などで7日、東北地方のトップを切ってアユ漁解禁となり、多くの釣りファンが訪れた。この日は日差しには恵まれたものの肌寒く、同町東館付近では午前5時の水温が14・5度と低め。それでも釣り人は、20センチを超えるアユを次々に釣り上げていた。
 久慈川第一漁協によると下流の茨城県側で釣果が振るわないとの情報があり、解禁初日の人出は例年の3割増し。早朝から10匹ほど釣り上げたという白河市本沼、果樹園経営、熊田文悟さん(58)は「最大で23センチのものがあり、天然アユも1匹上がった。この川は一度釣れると連続するのが醍醐味(だいごみ)」と話していた。【和泉清充】
6月8日12時1分配信 毎日新聞


いいですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 19:16
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

稚アユ放流:「大きく育ってね」-矢祭の小学生

稚アユ放流:「大きく育ってね」-矢祭の小学生

 矢祭町東館の矢祭橋近くの久慈川で15日、地元の子どもたちが稚アユを放流した。同町と久慈川第一漁協が、6月のアユ釣り解禁を前に毎年行っている。
 この日の川は、前日の雨で濁っていたが、水温は14度と放流に適していた。同町立内川、関岡の両小学校児童計約45人が、体長約10センチの稚アユ5万匹をバケツから慎重に放した。アユ釣り解禁の6月7日までには体長17~20センチに育つという。同漁協は計14万匹の放流を予定している。
 内川小6年、石井大智君(11)は「アユがバタバタして大変だった。大きく育ってほしい。アユ釣りはやったことがないけど挑戦してみたい」と話していた。【和泉清充】
4月16日13時1分配信 毎日新聞




  • Edit
  • 21:34
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top