ヤマメ:シーズン到来 旬の味「祭り」で紹介--三股町・しゃくなげの森 /宮崎

ヤマメ:シーズン到来 旬の味「祭り」で紹介--三股町・しゃくなげの森 /宮崎

 三股町長田の観光施設・しゃくなげの森で、恒例の「秋のヤマメ祭り」が開かれている。ヤマメは、産卵前の今が最もおいしい季節。11月末まで。
 渓流沿いにある施設は、九州屈指のヤマメの養殖場としても知られる。食用卵や受精卵から成魚まで一貫生産している。
 レストランでは、新メニューに黄金イクラと刺し身などを盛り合わせた豪華な丼物が登場。30センチを超える「尺ヤマメ」の刺し身など定番メニューも市価より安く提供している。
 問い合わせは同施設0986・54・1367。【重春次男】
毎日新聞 10月30日(日)14時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000153-mailo-l45



おいしそう!
スポンサーサイト



  • Edit
  • 20:06
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

天然キノコ:極端に雨少なく大凶作 川内村の祭りで栽培モノ販売 /福島

天然キノコ:極端に雨少なく大凶作 川内村祭り栽培モノ販売 /福島

 今秋、県内各地は天然キノコ大凶作に見舞われた。成長に必要な雨が極端に少なかったのが原因とみられる。キノコが特産の川内村では、イベントで急きょ栽培キノコを出し、南会津町では安定供給のため農家に栽培を勧める意向の業者もある。「秋の味覚がなくて寂しかった。来年はこんなことがないように祈りたい」との声も聞かれる。【神保圭作】
 マツタケホンシメジ、ヒラタケなどの天然キノコが豊富な川内村。毎年多くの観光客が秋の味覚を求めて訪れる。同村では毎年10月、「OH湯といわなときのこの祭り」で売り込んできた。しかし今年は、マイタケやシメジなどの栽培キノコを販売。名称も単に「かわうち祭り」に変更した。
 同村農村振興課の猪狩貢課長(60)は「川内に来れば天然キノコが食べられるという期待を裏切りたくなかったが、今年は特産と呼ぶには程遠い出来。これではイベントの名前にキノコをうたえない」と話す。
 南会津町の道の駅「たじま」では秋以降、店頭に並んだコウタケホンシメジなどの天然キノコは例年の10分の1。クリタケやナメコは3分の1だという。販売員の大竹弘義さん(55)は「山が乾燥して育たなかった。シイタケなどの栽培ものも出来が悪かった」と話す。今後は店頭に天然キノコを出す農家に栽培も勧め、安定して並べられるよう対策を取るという。
 不作について「県林業研究センター」(郡山市)は、特に9月の少雨が原因と推測する。天然キノコの試験地では、例年は9月下旬にマツタケなど主に10種類発生するが、今年は3種類。担当者は「20年以上研究に携わっているが、こんな不作は経験がない」と驚いている。
 福島地方気象台によると、9月の降水量は▽福島9・0ミリ(平年169・2ミリ)▽会津若松17・0ミリ(同134・0ミリ)▽小名浜15・5ミリ(同205・8ミリ)--。いずれの地点でも観測史上最低を記録した。
12月6日12時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091206-00000050-mailo-l07



異常気象が心配ですね。
  • Edit
  • 18:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カポエイラ:祭り、イベントで普及活動--川口のブラジル伝統武術道場 /埼玉

カポエイラ祭りイベント普及活動--川口ブラジル伝統武術道場 /埼玉

 ◇主宰の高田さん「多くの人に知ってほしい」
 川口市青木4にあるブラジル伝統武術カポエイラ道場が開設7年目を迎えた。日本ではまだ、なじみが薄く、主宰者の高田信さん(34)は「多くの人に知ってほしい」と、市内各地の祭りイベントに出演して普及に努めている。
 発祥は16世紀ごろといわれ、黒人奴隷がアフリカから持ち込んだ▽土着のインディオ文化が起源▽両者が混じり合って誕生した--など諸説ある。足技攻撃がメーンで、踊るような動きが特徴。歌や独特の弦楽器を使った音楽と一体化している点で、ほかの格闘技と趣が異なる。
 青森県出身の高田さんは短大卒業後、地元に就職。格闘家にあこがれプロレス団体に入ろうと考えていたとき、ビデオでカポエイラに出合った。体の底からわき上がるようなエネルギーに感動し、23歳で上京。東京都内のカポエイラ道場で修業を重ね、25歳でブラジルの団体本部から指導員の資格を受けた。
 妻雅さん(35)の実家が経営する鋳物工場の2階を借り、03年に道場を開設。数人だった生徒は現在25人に増えた。年齢は4~58歳、職業も会社員や高校教師、医師などさまざま。高田さんは「老若男女がそれぞれの体力に合わせ参加できる」と話す。
 レッスンは週3回で1回2時間。けりの基本や組み手のほか、ブレークダンスのような激しい動きの練習があり、ポルトガル語の学習も行っている。会社員、芝崎正恵さん(38)は「運動不足解消とダイエットを兼ね2年前に入門した」と話す。
 先月、高田さんは師範見習いの資格に昇級。「生徒の中から指導員を育て、カポエイラ道場を増やしたい」とさらに夢を広げている。【鴇沢哲雄】
11月21日12時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091121-00000026-mailo-l11



ブラジルは格闘技の盛んな国ですね☆
  • Edit
  • 21:40
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top