小名浜マリーナ:いわきサンマリーナ運営会社、解散へ 津波で壊滅的被害 /福島

小名浜マリーナ:いわきサンマリーナ運営会社、解散へ 津波で壊滅的被害 /福島

 いわき市泉町下川にあるいわきサンマリーナの運営会社「小名浜マリーナ」(社長、渡辺敬夫・いわき市長)は「事業継続が困難」として、29日の株主総会に会社解散議案を提案する。同市などによると、同マリーナは津波で壊滅的な被害を受け、係留していた大型ヨットなど約150隻がすべて流され、桟橋やクラブハウスも大破した。

東北の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)

 小名浜マリーナは、同市や県、ヤマハ発動機などが出資した第三セクター。96年からいわきサンマリーナを運営してきた。ここ数年は黒字決算だった。【和泉清充】
毎日新聞 6月21日(火)11時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110621-00000007-mailo-l07



しばらくお休みですね
スポンサーサイト



  • Edit
  • 12:43
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

<放射性物質>真野川のウグイが初の出荷停止に 福島

<放射性物質>真野川のウグイが初の出荷停止に 福島

 政府は17日、福島県飯舘村と南相馬市を流れる真野川(支流を含む)で取れるヤマメ(養殖は除く)とウグイの出荷停止を同県に指示した。ヤマメは既に同県の阿武隈川や秋元湖などで出荷停止になっているが、ウグイの規制は初。



 真野川で10日に採取したヤマメとウグイからは暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが、それぞれ1キロあたり2100ベクレル、同2500ベクレル検出されていた。【佐々木洋】
毎日新聞 6月17日(金)19時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110617-00000066-mai-soci



残念ですね
  • Edit
  • 20:15
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

福島・久慈川でアユ釣り解禁 「原発」影響で出足は鈍く

福島・久慈川でアユ釣り解禁 「原発」影響で出足は鈍く

 福島県矢祭町の久慈川で5日、東北のトップを切ってアユ釣りが解禁された。愛好家らは午前5時の花火を合図に川に入ると、一斉にさおを川面におろし、友釣りやどぶ釣りでアユを狙った。



 同町の久慈川第1漁協は、体長約15センチのアユ約13万5000匹を放流。12日まで釣り客専用の区間約3キロを設けた。
 福島市の会社員木村雅昭さん(54)は「阿武隈川水系は福島第1原発事故の影響で釣りができない所もあり、久慈川で楽しみたい」と話した。
 同漁協によると、ことしの遊漁券の売り上げや解禁日の出足は例年に比べ半分程度で、特に県外客は激減している。
 同組合には5日までに「釣った魚は食べられるのか」などの問い合わせが約200件あった。佐川泉組合長は「久慈川のアユに放射線の影響は出ていない。原発の風評被害に負けないように頑張りたい」と語った。
 福島県は各漁協と連携し、魚介類の放射能検査を行い、2週連続で暫定基準値を下回れば、釣りの解禁を認めている。いわき市の鮫川と夏井川のアユは2度目の検査待ちで、問題がなければ鮫川は12日、夏井川は19日に解禁される見込み。
 福島県内の阿武隈川では、福島、伊達、白河市のイワナ、福島市のウグイなどが基準値を超え、県は該当地域で釣りをしないよう求めている。
河北新報 6月6日(月)6時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000007-khk-l07



早く復興できるといいですね☆
  • Edit
  • 08:50
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

安波祭り:担ぎ手威勢良く 観客200人が歓声--浪江 /福島

安波祭り:担ぎ手威勢良く 観客200人が歓声--浪江 /福島

 豊漁や豊作、海上での安全を祈願する「安波(あんば)祭り」が20日、浪江町の請戸海岸で開かれた。
 祭りは、同町の苕野(くさの)神社で江戸時代から300年以上の伝統を持つ。若手漁師らが担ぐ紅白2基の「たるみこし」が町内を練り歩き、海岸に到着。地元の伝統芸能団体による田植え踊りや神楽が披露された後、上半身裸の担ぎ手が威勢良く海に飛び込み、約200人の観客から大きな歓声が上がった。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 見物していた同町の団体職員、八橋清美さん(38)は「若い人たちの勇ましい姿がまぶしかった」と笑顔。立川正恵さん(38)は「寒いのに皆元気でしたね。私も元気をもらいました」と話していた。【神保圭作】
毎日新聞 2月21日(月)10時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000020-mailo-l07



迫力がありそう!
  • Edit
  • 13:15
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

着衣泳:海や川に落ちても慌てない 児童らが体験--いわきで普及講習会 /福島

着衣泳:海や川に落ちても慌てない 児童らが体験--いわきで普及講習会 /福島

 ◇ペットボトルで浮いた!
 誤って海や川に落ちても慌てないよう、服を着たままで水に浮かぶ方法などを学ぶ「命を守る着衣泳普及講習会」が2日、いわき市内郷白水町の同市立白水小学校プールであった。

格安民宿・ペンション特集

 ボランティア団体「着衣泳研究会」(事務局・新潟県長岡市)の会員が開いた。1~6年の児童7人と保護者、教員らが参加した。
 児童らは着衣のまま水に入り、「重い」「ぷくぷく音がしている」などと驚いた様子。同研究会メンバーから、ペットボトルや靴を利用して浮く方法の指導を受けた=写真。
 親子で参加した吉田道子さん(37)は「初めて体験したが、ペットボトルで浮かぶことができるなんて」とびっくり。長男の寛人くん(5年)は「楽しかった」と喜んでいた。【和泉清充】
毎日新聞 9月3日(金)12時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000132-mailo-l07



いい経験になりますね☆
  • Edit
  • 20:27
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top