北の縄文の集い:民族楽器の演奏、市民70人耳傾け--札幌 /北海道

北の縄文の集い:民族楽器演奏、市民70人耳傾け--札幌 /北海道

 ◇縄文文化の魅力を考える
 縄文文化の魅力を考える「北の縄文の集い」が28日、札幌市の道庁赤レンガ庁舎であり、市民約70人が民族楽器演奏=写真=や対談などに耳を傾けた。
 北海道と北東北の縄文遺跡群の世界文化遺産登録を目指す市民団体「北の縄文文化を発信する会」(代表幹事、石森秀三・北海道大教授)主催。アイヌの口琴ムックリと、アボリジニの木管楽器ディジュリドゥによる珍しいコラボレーション演奏が披露された後、札幌医大の藤宮峯子教授と伊達市噴火湾文化研究所の大島直行所長が、「縄文人に学ぶ健康ライフ」をテーマに対談。藤宮教授は「縄文は豊かな自然環境と限られた食糧資源の下で、程良いストレスの中で暮らした」と、現代社会との違いを強調した。【千々部一好】
11月29日11時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091129-00000015-mailo-hok



味覚の秋に縄文に浸るのもいいですね☆
スポンサーサイト



  • Edit
  • 18:42
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

縄文流の火起こし体験/川崎・虹ケ丘小

縄文流の火起こし体験/川崎・虹ケ丘小


 火起こし体験で縄文人になろう―。川崎市麻生区虹ケ丘一丁目の市立虹ケ丘小学校で二十日、木の板と棒を用いた火起こし出前授業が行われ、六年生三十七人が縄文時代の火起こしを体験した。

 歴史の勉強を始めた六年生が縄文時代の火起こしを実際に体験することで、歴史への理解を深めてもらおうと、子どもたちの自然学習に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)「森の遊学舎」の大西琢也さんが同校を訪問し実現した。

 児童は、大西さんの指導の下、木の板と棒を用いた火起こしを体験。板の上で棒をこすり合わせて出た木くずに火がつくとしちりんに移し、付いた火でろうを溶かすろうそくづくりにも挑戦した。

 参加した斎藤なぎささんは「大西さんの火起こしを見ると簡単そうに見えたが、実際はとても難しかった。火が燃えたときにはすごく達成感がありました」と話した。
4月21日19時0分配信 カナロコ



ボーイスカウトやカブスカウトにでも入らない限り、なかなか出来ない体験ですね☆
  • Edit
  • 06:18
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top