クサフグ集団産卵、神秘的な生命の営みを親子ら観察/横須賀

クサフグ集団産卵、神秘的な生命の営みを親子ら観察/横須賀

 初夏の風物詩、クサフグの産卵の観察会が4日夕、横須賀市浦郷町の深浦湾内で行われ、親子連れらが神秘的な生命の営みを見学した。

ホテル・旅館ランキング(首都圏/神奈川)

 クサフグは、日本の本州中部以南の沿岸に多く生息する体長約15センチのフグ科の魚。猛毒が内臓や皮などに含まれるため食用には向かない。5月下旬から7月初旬にかけて新月と満月の2、3日後の夕方の満潮時に三浦半島などの海岸で産卵する。潮が満ち始めるとクサフグが波打ち際に水しぶきを上げながら群れ集った。雌が放卵すると、雄が一斉に放精して海面が泡立ち白く濁っていった。
カナロコ 6月5日(日)0時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110605-00000001-kana-l14



食用にはならないんですね、、、w

スポンサーサイト



  • Edit
  • 13:51
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

ミナミアカヒレタビラ:絶滅危ぐ淡水魚を観察 大田・大原川で子どもら20人 /島根

ミナミアカヒレタビラ:絶滅危ぐ淡水魚を観察 大田・大原川で子どもら20人 /島根

 絶滅の恐れがあるとして県が「しまねレッドデータブック」の絶滅危ぐ1類に選定したコイ科の淡水魚・ミナミアカヒレタビラの観察会が21日、日本海側の生息西限である大田市の大原川であった。



 ミナミアカヒレタビラは、県内では同川と宍道湖周辺だけに生息している。観察会は、自然保護の意識を高めようと、生物研究者らでつくる「ミナミアカヒレタビラ研究会」と同市、県が開催。子どもらを中心に約20人が参加した。
 近くの久手まちづくりセンターで座学があり、同会の鴛海(おしうみ)智佳会長が生態や希少性を説明。川に移動し、事前に設置した網にかかっている魚を川に入って回収した。この日はミナミアカヒレタビラはいなかったが、ボラ、ハゼ、ドジョウ、ムツ、さらにアユもかかった。この川ではアユの稚魚放流をしておらず、子どもたちは珍しがっていた。
 市立久手小3年の井上風さん(9)は、カメを手づかみで捕まえ「こんな近くの川に珍しい魚や生き物が多くて面白かった」と楽しそう。鴛海さんは「身近な川での生物の多様性を知ってもらえただけでも目的が果たせました」と話していた。【鈴木健太郎】
毎日新聞 5月22日(日)14時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000209-mailo-l32



まだまだ自然があるうちに体験できるのがいいですね☆
  • Edit
  • 17:10
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

小畑川の鳥じっくり観察 愛鳥家らタシギなど確認

小畑川の鳥じっくり観察 愛鳥家らタシギなど確認

 京都府長岡京市の「冬の小畑川バードウオッチング」がこのほど、同市の小畑川周辺で行われ、愛鳥家の市民ら約30人が野鳥観察や散策を楽しんだ。

最安値比較!民宿・ペンション予約

 1992年にメジロが市の鳥に制定されたのをきっかけに、市民に自然環境に親しんでもらおうと毎年、開いている。
 野鳥に詳しい向日市の向陽小教諭井本彰さんが講師を務めた。参加者は、双眼鏡の使い方の説明を受けた後、小畑川周辺で木の上や川岸にいる野鳥の名前や特徴などについての解説を聞きながら、バードウオッチングに取り組んだ。
 一行は、約半日かけて川沿い1・5キロを歩き、24種類の鳥の生息を確認。ツグミやモズ、小ガモなどの冬鳥や、日ごろはあまり見られないタシギなどを双眼鏡でとらえ、河川環境を保全する大切さを再認識した。
京都新聞 3月4日(金)10時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00000006-kyt-l26



空が明るくなりましたね☆
  • Edit
  • 13:22
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

水辺の楽習:川で魚や生物捕まえて観察--蔵王町立永野小3年生23人 /宮城

水辺の楽習:川で魚や生物捕まえて観察--蔵王町立永野小3年生23人 /宮城

 蔵王町立永野小の3年生23人が9日、町内を流れる松川で、魚や水生生物などを捕まえて観察する「水辺の楽習」に楽しみながら取り組んだ。

【民宿・ペンション特集】リーズナブルでアットホームな雰囲気。家族旅行はもちろん、カップルやグループでのご利用もおすすめです!

 古里の自然と親しみ、世代間交流を目的に町教育委員会などが主催する学校支援地域本部事業の一環として実施した。「岸辺の楽習」は、総合的な学習の時間を活用し、年4回実施されている。
 児童たちは公民館や地域の学校支援ボランティアら10人と一緒に、網などを使ってエビや小魚など水生生物採取に挑戦。捕まえては歓声を上げ、観察したり図鑑と照合した。また、水質検査も行い、改めて環境の大切さを学んだ。【豊田英夫】
7月10日11時51分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100710-00000052-mailo-l04



いい経験ができますね☆
  • Edit
  • 07:57
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

しおまねきラリー:カニや貝を観察 親子連れら200人--吉野川河口干潟 /徳島

しおまねきラリー:カニや貝を観察 親子連れら200人--吉野川河口干潟 /徳島

 絶滅の恐れのあるカニの一種、シオマネキなどを観察する「しおまねきラリー2010」が30日、徳島市の吉野川河口干潟であった。親子連れら約200人が参加し、泥だらけになりながら自然の大切さを学んだ。

 干潟の保全を訴える市民団体「とくしま自然観察の会」などが企画。会は、同干潟について、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約への登録を目指している。
 参加した子どもらは干潟に埋まった石を持ち上げたりしながら、カニや貝などを観察。同市山城町、会社役員、立石聡明さん(44)は「砂や風などの自然を感じることは子どもたちのいい刺激になる」と話し、長男の慧悟(けいご)君(5)は「カニを捕まえるのはすごく楽しい」とはしゃいでいた。【山本健太】
5月31日15時8分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100531-00000219-mailo-l36



シオマネキまで絶滅の危機なんて!

  • Edit
  • 23:00
  • Trackback : 0
  • Comment : 0
  • Top

Googleのグループウェア、Google Apps導入で生産性向上へ☆


スナフキン名言-スナフキン兄さんの生き方

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※趣味のブログですので、本文中に含まれる内容につきましては一切責任を負いません。   ※ツアー内容の確認・予約受付も受け付けてはおりません。   ※ご不明点等は直接ツアー会社までお問い合わせください。

リンク

話題♪











検索フォーム

プロフィール

若様

Author:若様
3X歳のサラリーマンです。
趣味のラフティング、キャニオニング、カヌーなど水遊び情報をお届けします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

World-Word-JS版翻訳

Present's by サンエタ







Top